« Windows 8 CP のファイル圧縮と展開機能 | トップページ | Windows 8 CP のタッチ キーボードを日本語タイプにする »

2012年3月19日

Windows 8 CP の「Windows 位置情報取得機能」について

Windows 8 Consumer Preview のWindows 8 アプリである「Maps」を起動させると、皆さんはどこが表示されますか?私の場合は、「My Location」(訳としては「現在地」かな?)として「皇居」が表示されてしまいます。
Windows 8 アプリの「Maps」を起動

※Windows 8 CP でアプリが位置情報を取得するには、「PC 設定」の「プライバシー」で「アプリで自分の位置情報を使う」が「オン」になっている必要があります。
image

また、「デスクトップ」にガジェットとして「天気」を表示させているのですが、これも「オプション」で「位置を自動的に検出する」にすると「東京都 千代田区」で表示されてしまいます。
ガジェットの「天気」で表示される位置が「東京都 千代田区」
参考:Windows 7 の位置による自動検出機能

さて、Windows 8 CP では、位置情報取得機能として「Windows 位置情報取得機能」を使っているとのこと。Windows 8 Consumer Preview および Windows Server 8 Beta のプライバシーに関する声明で確認すると、「位置情報サービス」に下記のように記載されていました。

Windows 位置情報取得機能 
この機能について
Windows 位置情報取得機能は、オンラインの Microsoft 位置情報サービスに接続する Windows コンポーネントです。位置情報サービスは、ワイヤレス ネットワーク情報または PC の IP アドレスに基づいて PC のおおよその位置を特定します。

私は、北陸地方の富山県在住です。「皇居」は、PC のおおよその位置としてはあまりにも離れていると思うわけです。これは、どうも「Windows 位置情報取得機能」は、うまく機能していないように思えます。そこで、Windows 7の際に紹介したWindows 7 でGPSが非搭載でも位置情報機能が使える!が、Windows 8 CP でも利用できないか?!と思い、試に Geosense for Windows をインストールしてみました。
参考:Geosense for Windows のインストールの仕方

インストール完了後、一応、パソコンを再起動。その後、デバイス マネージャーを確認すると「センター」に「Geosense Location Sensor」と「Windows 位置情報取得機能」 の2つが表示されていました。
image

さて!デスクトップの「天気」ガジェットを確認すると、私の住んでいる地域で表示されました。
image
※えっ!明日の最低気温は、「-1℃」で雪?!もう3月も中旬なんですけど!

Windows 8 アプリの「Maps」も我が家近辺で表示されています。(とはいえ、あまりにもどんぴしゃりで表示されているので、キャプチャーはご容赦ください。)

「Windows 位置情報取得機能」は、まだうまく機能していないのかもしれませんね。

>

« Windows 8 CP のファイル圧縮と展開機能 | トップページ | Windows 8 CP のタッチ キーボードを日本語タイプにする »

Windows 8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/54259556

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8 CP の「Windows 位置情報取得機能」について:

« Windows 8 CP のファイル圧縮と展開機能 | トップページ | Windows 8 CP のタッチ キーボードを日本語タイプにする »

Translator


2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク



Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

無料ブログはココログ