« Club Microsoft セミナーでの質問より | トップページ | Windows 8 Developer Preview で Windows + [>] キーを確認してみた »

2011年10月 4日

Gears of War 3 Review

Gears of War 3 Limited Editionの続き。

私はこういったゲームが苦手。そこで、家族に実際にプレイしてもらいながら、解説してもらいました。

※ご注意
Gears of War シリーズは、CERO Z に該当するゲーム ソフトのため、18 才未満の方への販売および頒布が制限されています。

これまでのあらすじ

かつて平和だった「惑星セラ」は、エネルギー資源をめぐる争いで荒廃し、さらに地底から出現した「ローカスト」といわれる種族によって人類の4分の1がわずか24時間で壊滅させられる。人類はこれに対抗し、様々な反撃手段を遂行。マーカス・フェニックス軍曹率いるデルタ部隊の活躍によりローカストの軍勢に大打撃を与えたかに見えた。しかし、彼らの襲撃は依然やむことはなく、ついには人類最後の砦と言われたハシントまでもが水没。軍と市民はそれぞれ散り散りの生活を余儀なくされる・・・

息詰まるような戦闘スタイルと暴力的なアクションで世界に衝撃を与えた「1」。スケール、グラフィック、そしてストーリーに磨きをかけた「2」。それらから数年後、ついに本作で血で血を洗う戦いに終止符が打たれる。(制作者曰く、人気があれば続編もありえる・・・?)

Gears of War 3 は、惑星セラの人類最後の砦、ハシント沈没から18か月後・・・
多大な犠牲によって地底の敵は絶滅したかと思われた矢先、新たな新種「ランベント」が現れ、人類は三たび絶滅の危機にあった。マーカスは、つい最近まで行方をくらましていたプレスコット議長からある記録ディスクを手渡される。そこに映し出されたのは、死亡したはずの実の父、アダム・フェニックスの姿そのものだった。

主なデルタ部隊のメンバーは、マーカス軍曹、相棒のドム、お調子者で元スラッシュボール(セラのアメフトみたいなスポーツ)選手のコール、メカニックの天才で毒舌家のベアードの4人。そして、これまでオペレーターとしてデルタ部隊をサポートしてきたヒロイン・アーニャも本作では初めて銃をとり、前線の戦士として活躍する。
Gears of War 3 アーニャとマーカス

ストーリーのテーマは仲間との「絆」であり、そして「父と子」の物語でもある。デルタ部隊4人のバックグラウンドにも焦点があてられていて、より人物に感情移入しながらのゲームプレイが可能になった兵士たちの人間ドラマがより重点に置かれている。息詰まるようなカバーアクションによる戦術性あるスタイルと、残虐かつ暴力的なバイオレンスシーンが多い一方で、愛すべきマッチョで個性派キャラぞろいによる軽快な掛け合いも魅力の一つだ。

最新型の「アンリアルエンジン」を導入したグラフィックは、背景の美しさはもちろん、日の光のライディング表現や上空からの自然の造形の描写の美しさに「これがゲームである」ことを忘れてしまうほど。荒廃した市街地や海底の描写が美しくリアルに描写されていて「もはや映画として公開されても違和感ない」とすら思えてしまう。

およそ15~20時間というキャンペーンの中で、豊富なシチュエーションと魅力的なストーリーが詰まっていて、やめ時が見つからないほどはまってしまう。また、砦でのローカスト軍団との息詰まる攻防戦やフリーウェイでの敵を蹴散らしながらのカーチェイス場面は、まさにアクション映画の一場面そのものを自分で演出してるかのような強烈な体験をもたらす。新種の敵「ランベント」は、「光物」と呼ばれ、致命傷を与えると爆発を起こす、大きな敵ほど爆発のインパクトもデカい。

音楽は「2」から引き続きスティーブ・ジャブロンスキー「トランスフォーマー・シリーズ」が担当。映画顔負けのダイナミックな音楽が、プレイヤーの気分を否が応にも盛り上げる。

ストーリーモードでは最大4人の協力プレイが可能。Xbox LIVE ゴールド メンバーシップを購入すれば、知らないプレイヤー同士がチームを組んで、共に巨大な困難に立ち向かう一体感を味わうことができる。

ストーリーの中盤には、シリーズに思い入れの強い人ほどショックが大きい衝撃の展開が待ち受けている。それまでのシリーズをプレイしてきた人には思わずニヤリとするセルフオマージュも満載。

クライマックスではこれまでの「Gears of War 」シリーズでは無縁だった(はず)の場所で激しい激闘が繰り広げられる。これまでのシリーズの集大成にして、クライマックスの激戦には盛り上がる事必至。「CERO Z 指定」という事もあって、残酷描写に激しい抵抗を感じるかもしれない。しかし、壮大で魅力的なストーリーと映画と見まがうほどの美しい映像美は一見の価値あり、アクションゲームの大きな進化系を見極める作品としても大いにおすすめの一本である。

« Club Microsoft セミナーでの質問より | トップページ | Windows 8 Developer Preview で Windows + [>] キーを確認してみた »

Xbox」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/52906776

この記事へのトラックバック一覧です: Gears of War 3 Review:

« Club Microsoft セミナーでの質問より | トップページ | Windows 8 Developer Preview で Windows + [>] キーを確認してみた »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ