« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日

IME 2010 のみを追加インストールした場合の Office 2010 SP1 について

Win7 64bit に Office 2007 搭載機を使っています。これに、IME 2010 を追加インストールしてあります。だからでしょうか。Windows Update に「Microsoft Office 2010 SP1」が表示されました。しかし、64bit と 32bit の両方が表示されています。IME のバージョン情報で確認してみたのですが、どちらのシステムを利用しているのか表示されません。こんな場合、どちらを入れたらいいのでしょう?

Office 2010 を搭載していないのに、Windows Update の「重要」で「Microsoft Office 2010 SP1」が表示されるのでびっくりされる方が多いようです。Office IME 2010のみを持っている場合も、アップデートの対象となるようで表示されます。

さて、Office IME 2010 のみの場合は、どちらを使ったらいいのか?ということで確認してみたのですが、確かに IME のバージョン情報では、どちらのシステムを使っているのか確認できませんでした。

Office IME 2010 のバージョン情報を確認する方法

  1. 言語バーの「ヘルプ」をクリック
    言語バーの「ヘルプ」
  2. 「Microsoft Office IME 2010」-「バージョン情報」をクリック
    image
  3. Office IME 2010 のバージョン情報が表示される
    Microsoft Office IME 2010 のバージョン情報
    ※私の Office IME 2010 は、既に Office 2010 全体のSP1を当てたからか、「SP1」と表記されています。

結論から先に申し上げますと、OS のシステムが 64bit 版であっても、Office IME 2010 のみを追加インストールした場合は、Office 2010 SP1 32bit を選択してください。

非常に多くの方が「自分の OS は、64bit 版なのだから、搭載されているアプリケーションも 64bit 版のはず!」と思っていらっしゃるようですが、実は違うのです。

Office 2010 からは、32bit 版と 64bit 版の両方が用意されています。しかし、普通にインストールすると既定では 32bit 版の Office 2010 でインストールされてしまいます。特にユーザーが「64bit 版を入れよう!」と思わない限り 64bit 版は自動的にインストールされないようになっています。そして、Office 2010 の 32bit 版と 64bit 版の両方をインストールしようと思ってもできないようになっています。また、Office 2007 以前の Microsoft Office 製品は、32bit版しかありません。Office 2007 以前の製品搭載機に、Office 2010 64bit 版を追加インストールしたり、アップグレードインストールすることもできません。
参考:64 ビット版の Office 2010 をインストールする方法

さて、Office IME 2010のダウンロードは、下記ページから行ったことでしょう。

Microsoft Office IME 2010 ダウンロードページ

Office IME 2010 ダウンロード版には、32bit 版しかありません。よって、Office IME 2010 のみを追加インストールした場合は、Office 2010 SP1 32bit 版を選択してください。

ところで、Office IME 2010 のためにSP1を入れ、後々、Office 2010 全体をインストールする際には、IME 2010 をまずアンインストールしてからの方がいいかもしれません。我が家での確認は不能ですが、先に SP1 が入っているのに、後から、SP なしをインストールするとか、32ビット版の SP1 が入っている所に、Office 2010 64ビット版をいれるとかは、問題が起きそうです。IME 2010 のみを追加インストールした場合は、この辺をご留意ください。

2011年7月5日 追記:
IME 2010 のバージョン情報に「SP1」の文字がないという情報をいただきました。詳細は、IME 2010 のみを追加インストールした場合の Office 2010 SP1 について(その2)でご確認ください。

2011年6月29日

Office 365 Lync 2010 のオンライン会議でホワイトボードを使ってみた

Office 365 Beta Lync 2010 のオンライン会議でプレゼンテーションをする の続き

Office 365 Beta プログラムは終わりましたが、もう少し無償で使えるので、Lync 2010 でのグループ会話にある「共有」で「ホワイトボード」を選択した場合にどうなるのかを紹介しましょう。

グループ会話での「ホワイトボード」とは

ホワイトボードは、会議室によく設置してあるホワイトボードと似たような機能を持つシステムです、オンライン会議の参加者が自由にメモや図を書いたり、インポートされた画像を使用して共同作業できる空白ページです。セッションが終了すると、共同作業の結果を保存できます。

参考:ホワイトボードによる共同作業 - Lync - Microsoft Office

「ホワイトボード」を準備する方法

  1. Lync 2010の「グループ会話」を開きます。
  2. Lync 2010「グループ会話」ウィンドウの「共有」-「新しいホワイトボード」とクリックします。
    「グループ会話」の「共有」から「新しいホワイトボード」をクリック
  3. 読み込みが始まりますので、しばらく待ちます。
  4. 「グループ会話」に「ホワイトボード」が表示されたら、準備完了です。
    ステージにホワイトボードが表示された

ホワイトボードの使い方

コマンドは、ステージの下に並んでいます。

右側にあるのが「全画面表示」です
ホワイトボードの「全画面表示」

クリックすると、ホワイトボードだけの表示になります。解除は、やはり右下に表示されている「全画面表示の終了」をクリックするか、Esc キーを押します。
全画面表示の終了

左側には、Office 365 Beta Lync 2010 のオンライン会議でプレゼンテーションをする で紹介した際と同じコマンドが並んでいます。

プレゼンテーション中にマークを付けられるコマンド

使い方もPowerPointと似ているのですが、一つ違っていることがありました。

PowerPointでは、小さなテキストボックスみたいな所に文字入力されました。
IMEをオンにするとシステムライン変換で入力された

しかし、ホワイトボードでは、小さなテキストボックスではなく、ホワイトボードに直接入力できました。

ホワイトボードでは、直接日本語入力できる

引き続き、Office 365 Lync 2010 のオンライン会議で投票を使ってみたもどうぞ。

Office 2010 SP1 公開

Office 2010 の Service Pack 1(SP1)が公開されました。

参考:Office 2010 SP1 の説明

Windows Update でも、すでに配信されています。

自動的には、インストールされませんので、Office 2010をご利用の方は、Windows Update で確認し、チェックを付けてダウンロードおよびインストール作業をしてください。

ただ、ちょっと妙なことに、Windows Update では、32ビット版用と64ビット版用の両方が表示されています。

Windows Update に表示された Office 2010 SP1 関係

これは、お使いの Windowsが 32ビット版の場合は、32ビット版の方を入れてください。お使いの Windows が64ビット版の場合は、Office 2010 製品を起動し「ファイル」-「ヘルプ」と開くと「バージョン情報」内に表示されますので、確認してみてください。

Word 2010 のバージョン情報 32ビットの場合 SPなしは バージョン:14.0.5128.5000

該当しないシステムの方では、エラーになるようですが、念のため。

なお、同時に Office 2010 Language Pack の SP1 も出ています。これは、Office 2010 Language Pack がインストール済みの場合のみ自動的に表示されます。表示された場合は、忘れずに入れましょう。

Windows 7 の 64bit 版に搭載されている Office 2010 64bit版でSP1をインストールしてみたところ、バージョン情報が 14.0.6023.1000 になりました。

Office 2010 64bit版にSP1をインストールしてみたらバージョン情報が 14.0.6023.1000

バージョン情報を探してみましたが、「Service Pack」や「SP」の文字は表示されないようですね。

2011年6月29日 13:20 追記:    
「インストールに失敗した」と言う方が他にもいらっしゃいましたので、追記しておきます。

Windows 7 32bit 版の Office 2010 に Windows Update で SP1 を入れようとしたところ、初回で失敗しました。2回目も失敗。3回目でやっと成功しました。   
Windows Update の更新履歴

正しくインストールできると、Office 2010 製品の「ファイル」-「ヘルプ」でバージョン情報が 14.0.6023.1000 と表示されますので、ご確認ください。
Office 2010 SP1 では、バージョン:14.0.6023.1000 になる

2011年6月30日 追記:
Office 2010 全体ではなく、Office IME 2010 だけをインストールしてある場合は、IME 2010 のみを追加インストールした場合の Office 2010 SP1 について もご参照ください。

2011年7月26日 追記:
Windows Update では、32ビット版用と64ビット版用の両方が表示される件に関しては、引き続きWindows Update に Office 2010 Service Pack 1 の 32 ビット版と 64 ビット版が両方検出されるをご参照ください。

Office 365 正式公開

2011年6月28日(米国時間)、Office 365 が正式公開されました。

クラウドでホストされているオンライン ソフトウェア - Office 365 – Microsoft

料金は、従業員が 25 人未満の小規模の Office 365 for professionals and small businesses が一ユーザーあたり一ヶ月600円、従業員数50人以上の中規模企業の Microsoft Office 365 for midsize businesses and enterprises が一ユーザーあたり一ヶ月1,000円~2,860円とのこと。

参考:

ご都合に合わせて利用なさってみてください。

なお、それに伴いまして、Office 365 Beta プログラムが終了しました。Beta プログラム参加者は、30日以内に引き続き利用するかどうか決めて、引き続き利用したい場合は購入する必要があります。引き続き利用しない場合は、このまま放置しておけば、クローズされるはずです。

2011年6月27日

IE9 のアドレス バーでの検索について

Windows 7 で IE9を使っています。IE9 では、IE8まであった「検索」の専用ボックスが無くなり、アドレスバーと統合されたとのこと。実際に検索して使ってみています。しかし、何だかうまく行きません。IE9 のアドレスバーの検索は、どうなっているのでしょう?

まず、Internet Explorer のアドレス バーを使っての検索は、IE9からのものではなく、かなり前のバージョンから使えました。

参考:アドレス バーから検索する際のオプションを設定するには

参考ページでは、IE6のアドレスバーを使って検索できるよう設定する方法を紹介しています。IE6では、「インターネット オプション」-「詳細設定」タブで設定されているアドレスバーでの検索ができました。

IE6の「インターネット オプション」-「詳細設定」タブ
IE6の「インターネット オプション」-「詳細設定」タブには「アドレス バーからの検索」として下記の4つの項目がありました。

  • [アドレス バーから検索しない] : アドレス バーを使用して検索を行わないように設定します。
  • [メイン ウィンドウに検索結果を表示する] : アドレス バーで検索するときに、メイン ウィンドウに検索結果の一覧を表示します。
  • [検索結果を表示し、可能性の高いサイトへ移動する] : 検索条件に最も合った Web ページを表示します。このとき、条件に近い他の Web サイトへのリンクが検索バーに表示されます。
  • [最も可能性の高いサイトに移動する] : アドレス バーで Web サイトを検索するときに、検索条件に最も合った Web ページを自動的に表示します。

しかし、IE8の「インターネット オプション」-「詳細設定」では、オプションが減りました。
IE8の「インターネット オプション」-「詳細設定」タブ
IE8では、「メイン ウィンドウに検索結果を表示する」と 「自動検索プロバイダーに不明のアドレスを送信しない」の2つになりました。

そして、IE9に至っては、この「アドレス バーからの検索」が「インターネット オプション」-「詳細設定」で見当たりません。
IE9の「インターネット オプション」-「詳細設定」タブ

さて、IE9のアドレスバーを使って検索していて、何がうまく行かないのだろう?と思い、詳しく伺ってみました。そうしたところ、それは、日本語特有の問題であることがわかりました。

まず、アドレス バーで検索をするのに、日本語ではなく、アルファベットで一文字だけ入力してみます。今回は、「s」とだけ入力してみました。すると、そのIEのアドレスバーに、過去入力したことのある、頭に「s」の URL が候補としてアドレスバーの下に表示されました。

IE9 のアドレスバーに「s」と入力してみた
これで表示されるのは、「検索してたどりついたサイト」の URL ではなく、ユーザーがアドレスバーにコピペなどして、入力した URL になるようです。

次に、アドレス バーへアルファベットで二文字入力してみます。「sn」と入力してみました。これもまた、アドレスバーに入力したことのある、頭に「sn」の URL、そして、お使いのパソコン内からも検索され、初期設定では「履歴」と「お気に入り」の候補が表示されることでしょう。また、「検索プロバイダ」として登録してある検索エンジンでの検索候補も表示されます。

IE9のアドレスバーに「sn」と入力してみた

「履歴」は、ここ最近アクセスしたサイト、「お気に入り」はIEの「お気に入り」に登録してあるサイトです。

なお、「履歴」や「お気に入り」は、一部しか表示されていない場合があります。まだある場合は、右にある V のような印が表示されていることでしょう。

検索候補としてまだある場合は V が表示される
この V 印の部分をクリックすると、さらに表示されることでしょう。

英語圏の人たちは、こんな風にして検索している模様です。この機能は、Google インスタント検索を使ってみた で紹介した Google の「インスタント検索」に似ていますね。

さて、日本人の場合です。検索する際にアルファベットで文字入力するという人はあまりいないと思います。では、日本語でアドレスバーに入力を開始するとどうなるのか?

IE9のアドレスバーにカーソルを置き、IMEをオンに日本語入力できる状態にします。これで、日本語での文字をしますが、入力中は、何文字打っても何も起こりませんでした。
IE9 のアドレスバーに日本語で文字入力中
「アドレスバーに、文字入力できる」というだけでした。

次に、変換をします。
IE9 のアドレスバーに日本語で文字入力し、変換してみた
これでも、何も起こりません。

変換を確定します。ここで、やっと検索候補が表示されました。
IE9 のアドレスバーに日本語で文字入力し、変換を確定してみた

日本語入力だと、せっかくの機能が有効に使えないのでした。こういう部分、Microsoft は、日本のことを考えていませんね。Google Chrome だと変換前の文字入力途中でも、欲しい予測キーワード候補が表示されます。

Google Chrome だと変換前の文字入力途中でも、欲しい予測キーワード候補が表示される

ところで、IE9の場合「インターネット オプション」-「詳細設定」では、「アドレス バーからの検索」が見当たりませんが、アドレスバーの検索に関する設定は、「コンテンツ」タブの「オートコンプリート」内にある「設定」で開く「オートコンプリートの設定」で設定を変更することができました。

IE9 の「インターネット オプション」-「コンテンツ」タブ

「オートコンプリートの設定」の初期設定では、オートコンプリートの対象として「アドレス バー」、アドレス バーの「閲覧の履歴」、「お気に入り」そして、「より良い結果を得るため Windows Search を使用」にチェックが付いていることでしょう。

「オートコンプリートの設定」

「オートコンプリートの設定」で「閲覧の履歴」や「お気に入り」のチェックを外せは、検索候補に「履歴」と「お気に入り」を表示されないようにできました。
「オートコンプリートの設定」で「閲覧の履歴」や「お気に入り」のチェックを外したら、検索候補に「履歴」と「お気に入り」が表示されなくなった

また、「オートコンプリートの設定」で「アドレス バー」のチェックを外してしまうと、検索候補が非表示になりました。
アドレスバーで変換文字列を確定してみたが、何も表示されない

しかし、検索プロバイダーは生きているようで、文字列確定後に、Enter キーを叩くと、既定に設定してある検索エンジンのページへ飛び、検索結果が表示されました。
検索エンジンのページへ移動し検索結果が表示された

※「インターネット オプション」-「詳細設定」タブの「アドレス バーへの1単語の入力でイントラネット サイトに移動する」にチェックが付いていると、うまく検索できないことがあります。

日本語では、こんな風に対処してみてください。

参考:

IE8 Smart Address bar: What’s new - IEBlog - Site Home - MSDN Blogs (英文)

IE8 スマート アドレス バー: 新機能紹介 « Hebikuzure's Tech Memo(日本語翻訳)

2011年6月26日

Windows Live サインイン ページで複数の Windows Live ID が表示される

Windows Live Essentials 2011をインストールし、主に Windows Live Messenger を使っています。Internet Explorer 8で、Windows Live 関係のページでサインインしようとすると、複数の Windows Live ID が表示されるようになりました。どれも、私の使っているというか、使っていた Windows Live IDです。しかし、たくさん持つのが面倒になってきたので、現在は1つしか使っていません。それなのに、複数表示されます。何とか、1つだけ表示させる方法はないものでしょうか?

Windows Live Messenger をインストールすると、一緒に「Windows Live サインイン アシスタント」もインストールされます。「Windows Live サインイン アシスタント」には、Internet Explorer 6以上で使えるアドオンで「複数ユーザー機能」と言う、Windows Live のサインイン する際に自分の Windows Live ID とそのアイコンを保存できる機能を持っています。サインインに使いたい Windows Live ID を状況に応じて選択できるので、すばやく、簡単に Windows Live のサービスへアクセスできるようにする機能です。

Hotmail サインイン ページで複数の Windows Live ID が表示された

「Windows Live サインイン アシスタント」は、Windows Live Messenger の他にも、Windows Bing bar をインストールすると自動的に組み込まれます。

さて、Windows Live サインインページで「複数ユーザー機能」を使いたくない場合は、下記のようにして、Internet Explorer のアドオンの設定を変更してみてください。

  1. Internet Explorer を起動し、「ツール」-「アドオンの管理」とクリックします。
  2. 「アドオンの種類」で「ツールバーと拡張機能」が選択されているのを確認し、一覧から、次の項目を探します。
    ・Windows Live サインイン コントロール
    もしくは Windows Live Sign-in Control
    ・Windows Live サインイン ヘルパー
    もしくは Windows Live Sign-in Helper
    ※どちらか一方、表示されている項目のみでも構いません。
    見当たらない場合は、左側にある「表示」を「現在読み込まれているアドオン」から「すべてのアドオン」に切り替えてみてください。
    image
  3. 「状態」が「有効」となっていることでしょう。
    「Windows Live Sign-in Helper」の「状態」が「有効」
  4. 該当項目をクリックして選択し、右下にある「無効にする」ボタンをクリックします。
    image
    ここで「アドオンの無効」画面が開いたら、「無効にする」ボタンをクリック。
    「アドオンの無効」画面
    ※このメッセージに表示されている「その他のアドオン」も無効にしてしまうと、違う機能も同時に無効になってしまいます。それは、ちょっと別問題なので支障がない場合は、「その他のアドオン」にはチェックを付けずに「無効にする」ボタンをクリックしてみてください。
  5. 「設定」もしくは「状態」が「無効」の表示になったのを確認したら、 [OK] をクリックし、画面を閉じます。
    「Windows Live Sign-in Helper」の「状態」が「無効」になった

以上で、Windows Live サインページを開くと、Windows Live IDは、未入力か1つだけの表示になることでしょう。
Hotmail のサインイン ページで「Windows Live ID」の欄が未入力で開いた

以降、「Windows Live ID」を覚えさせたい場合は「メールアドレスの保存」にチェックをし、「パスワード」も覚えさせたい場合は「パスワードの保存」にチェックを付けます。これで、1つだけの Windows Live IDの表示になることでしょう。

2011年7月7日 追記:
2011年6月30日ぐらいから、Internet Explorer で「Windows Live サインイン アシスタント」が有効になっているのに、Windows Live のサインインページでアイコン付きの複数 Windows Live IDが表示されないという現象が起こっています。この件に関しては、Windows Live のサインインページでアイコン付きの複数IDが表示されないのは!をご覧ください。

2011年6月25日

SkyDrive に保存した Office ファイルを Office 2003 デスクトップ アプリケーションで編集したい

Windows XP + Internet Explorer 8 で Office 2003搭載機を使っています。SkyDrive に Excel 2003 で作ったファイルを保存しました。このExcelファイルを SkyDrive の Excel Web App ではなく、私のパソコンにインストールしてある Excel 2003で直接開いて編集したいのです。やってみたところ、Office 2010をインストールして欲しいというメッセージが出ました。Office 2010がないとできないのでしょうか?

そんなことはありません。SkyDrive 上の1つのOffice ファイルを複数のメンバーで同時に共同編集したい場合は、Office 2010じゃないとできない製品もあります。(SkyDrive 上に保存されている Office 製品のファイルを共同編集作業するコツ 参照)

しかし、一人で編集したいのであれば、Office 2003搭載機でも大丈夫です。

ただ、Windows XP で Office 2003搭載機の場合は、まず、Microsoft Update で優先度の高い更新プログラムをすべてインストールします。その後、Office 2007 (Windows) より前のバージョンの Office デスクトップ アプリケーションを使用する際に最適な互換性を確保するために、Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パックをダウンロードしてインストールしてください。

では、SkyDrive に保存されているExcel2003で作ったファイルをWindows XPにインストールされているOffice Excel 2003で直接開く方法を紹介しましょう。

  1. SkyDrive へサインインし、ファイルが保存されているページを開きます。
    今回は、「excel2003.xls」というファイルを開きます。
  2. パソコンでインストールされているExcel 2003で開きたいファイルを選択します。なお、ファイル名の部分をクリックしてしまうと、Excel Web App のページへ移動してしまいます。その場合は、手順3と4を飛ばして、5へ行ってください。
  3. ファイル一覧の右側にコマンドが用意されていますので、この中の「Excel で開く」をクリック。
    ファイル一覧の右側に用意されているコマンド
  4. Office 2010非搭載機で、初めて「Excel で開く」を利用した場合は、Office 2010 をインストールするよう促すメッセージが表示されることでしょう。「キャンセル」をクリックします。
    Office 2010 をインストールするよう促すメッセージ
  5. IEの上部に情報バーが表示されていることでしょう。
    「情報バー」が表示された
    「この Web サイトは、'Microsoft  corporation' からの 'owssupp.dll' アドオンを実行しようとしています。Web サイトとアドオンを信頼し、アドオンの実行を許可するには、ここをクリックしてください」とある部分をクリックします。
  6. メニューが表示されますので、「アドオンの実行」をクリックします。
    「情報バー」をクリックすると表示されたメニュー
  7. 「Internet Explorer - セキュリティ警告」が表示されますので、内容を確認し「実行する」をクリックします。
  8. しばらくすると、情報バーが消えます。
  9. 再度、Excel 2003で開きたい「Excel2003」ファイルを選択して「Excel で開く」をクリック。
  10. 「Web ページからのメッセージ」が開きます。内容をよく確認し「OK」をクリックします。
    「Web ページからのメッセージ」
  11. Excel 2003が起動し、「開いています」とファイルの読み込みが始まります。
    XP の Excel 2003 で「開いています」と表示されたところ
  12. 「.NET Passport」のサインイン画面が表示されますので、SkyDrive のサインインで使った Windows Live ID とパスワードを入力してから「OK」ボタンをクリックしてください。
    「.NET Passport」のサインイン画面 
    ※「.NET Passport」を初めて使う場合は、「.NET Passport ウィザード」が開きます。指示に従って作業してください。

以上で、SkyDrive 上に保存されている Excel のファイルが直接、パソコンにインストールされている Excel 2003 で開くことでしょう。
SkyDrive 上に保存されている Excel のファイルが Excel 2003で開いた

編集が終わりましたら、上書き保存して閉じれば、SkyDrive 上に上書き保存されます。

参考:Office Web Apps のファイルを Office デスクトップ アプリケーションで開くためのシステム要件 - Office Web Apps - Microsoft Office

2011年6月22日

Office 365 Beta Lync 2010 のオンライン会議でプレゼンテーションをする

Office 365 Beta の Lync 2010 オンライン会議で「プログラム」を共有してみたの続き。

今回は、Lync 2010 でのグループ会話にある「共有」で「PowerPoint プレゼンテーション」を選択した場合にどうなるのかを紹介しましょう。

グループ会話での「PowerPoint プレゼンテーション」とは

「グループ会話」の「共有」で「デスクトップ」や「プログラム」を選択した場合は、参加者が共有されたアプリケーションを「制御する」と言うことで、編集することができました。

さて、「PowerPoint プレゼンテーション」は、どうなるのか?プレゼンテーション中のコンテンツを編集することは誰もできません。「PowerPoint プレゼンテーション」は、発表者が参加者へ向かって PowerPoint での本格的なプレゼンテーションができるという機能です。

「PowerPoint プレゼンテーション」のやり方

開催者は、オンライン会議の時間が決まったら、下記のようにして事前にPowerPoint のファイルをアップロードしておきましょう。

  1. 参加者へオンライン会議を開く招待状に記載した「会議のリンク」へアクセスして、「グループ会話」を開きます。
  2. Lync 2010「グループ会話」ウィンドウの「共有」-「PowerPoint プレゼンテーション」とクリックします。
    Lync 2010「グループ会話」ウィンドウの「共有」-「PowerPoint プレゼンテーション」とクリック
  3. 「PowerPoint の共有」が開きますので、使いたい PowerPointのファイルを選択し、「開く」ボタンをクリック
  4. 読み込みが始まりますので、しばらく待ちます。
  5. 「グループ会話」にPowerPoint ファイルの1枚目のスライドが表示されたら、準備完了です。
    「グループ会話」にPowerPointの1枚目のスライドが表示された
  6. 他にも共有したいのであれば、ステージの左上にある現在共有されれている項目の▼ボタンをクリックします。メニューが表示されますので「新しいコンテンツを共有」をクリックして共有したい項目を追加します。
    ステージの左上にある現在共有されれている項目を開いて「新しいコンテンツを共有」をクリックしたところ
  7. 共有項目を切り替えたい時も、ステージの左上にある現在共有されれている項目の▼ボタンをクリックして切り替えます。
    PowerPoint プレゼンテーションの他に「デスクトップ」とExcelのファイルを共有してみた

「グループ会話」でのプレゼンテーションのやり方

「PowerPoint プレゼンテーション」でのスライドの制御は「グループ会話」ウィンドウの右下にコマンドが用意されています。

右下に用意されているスライドを制御するコマンド

なお、これらのコマンドは、開催者だけでなく、参加者も自由に使えるようになっていました。

  • スライド枚数:「現在のスライドページ/全体のスライド枚数」で表示されます。上記の例では、3枚あるスライドの1枚目が表示されているとなります。
  • 前に戻る:現在のスライドから前のスライドに戻りたい時に使います。キーボードの上矢印キーでも同様の操作が可能。
  • 次に進む:現在のスライドから次のスライドに移りたい時に使います。キーボードの下矢印キーでも同様の操作が可能。
    なお、参加者はこの「前に戻る」と「次に進む」を使って、見損ねた、ちょっとお先に見たいということもできます。その場合はステージの枠が黄色くなり、「プライベートで表示しています」と表示されます。
    参加者が発表者の表示しているスライドとは違うものを見ている場合
    発表者と同じスライドに戻りたい場合は、ステージの右上の「発表者のビューに戻る」をクリックします。
    ステージの右上にある「発表者のビューに戻る」
  • 縮小表示を表示:スライドの縮小版が表示されます。
    スライドの縮小版を表示させてみた
  • 発表者のノートを表示:PowerPointのノートの部分を表示できます。
    「ノート」を表示させてみた
  • 全画面表示:PowerPointスライド部分だけを全画面表示したい場合に使います。解除したい時は、Esc キーを押します。

プレゼンテーション中なので編集はできませんが、参加者や発表者は、要点を強調するためのマークを付けることが可能です。それは、下記のように行います。

プレゼンテーション中に要点を強調するためのマークを付ける

コマンドは、ステージの左下に用意されています。
プレゼンテーション中にマークを付けられるコマンド

  • レーザー ポインター:コマンドを選択し、マウスの左ボタンを押し続けている間、レーザー ポインターのマークが表示され続けます。なお、一緒に参加メンバーの名前が表示されますので、誰がレーザーポインターで指示しているのかわかります。
    Blue さんがレーザー ポインターを使っている所
  • 選択および入力:コマンドをクリック後、スライド上の選択した部分に文字を入力したり、入力した文字列を移動させたりすることができます。 
    IMEをオフにして直接入力してみた
    上記画像のようにスライド上にテキストボックスが表示されて、文字入力されます。
    ただ、この機能、直接入力であるアルファベットでは問題ないのですが、IME をオンにして日本語入力すると問題が発生しました。スライド上に直接入力できず、Word 2007で文書に直接文字入力ができない で紹介した小さなテキストボックスみたいな所(システムライン変換)に文字入力されました。 
    IMEをオンにするとシステムライン変換で入力された
    ただし、変換を確定すると、スライドのテキストボックス内に表示されました。
    変換を確定してしまえば、日本語でもスライド上に入力できた 
  • 描画ツール:▼ボタンをクリックすると、描画できる項目が表示されます。
    描画ツールの▼ボタンをクリックしたところ
    描画したい項目を選択して、スライド上でマウスをドラッグして描きます。
    楕円形を描いてみた
  • 色の選択:文字や描画ツールで使う色を▼ボタンをクリックして選択します。
    色の選択の▼ボタンをクリックしたところ
  • ペン ツール:▼ボタンをクリックすると「ペン」は「黒」「青」「緑」「赤」、「蛍光ペン」は「黄」「ターコイズ」「明るい緑」「赤紫」で書くことができます。
    image
  • スタンプツール:▼ボタンをクリックすると「→」「チェック印」「×印」のスタンプが利用できます。
    スタンプツールの▼ボタンをクリックしたところ
  • 画像の挿入:スライド上に選択した画像ファイルを挿入することができます。
    その他のツール:現在使えるコマンドとそのショートカットキーが表示されます。
    その他のツール
  • コメントと共に保存:追加したコメントやマークごとXPS形式で保存しておくことができます。

    なお、つけたコメントや印は、セッション中マウスで押さえると、誰が付けたものなのか、わかるようになっています。
    セッション中はマウスで押さえると誰が付けた印なのかわかる 
    しかし、XPS形式に保存してしまうと、参加者の誰が付けた印なのか?までは記録されていませんでした。

参考:Lync 2010のヘルプ:PowerPoint プレゼンテーションの実行

2011年6月21日

SkyDrive が新しくなりました!

新しいWindows Live SkyDrive が公開されました。もう、Windows Live SkyDrive をお持ちの方は、どなたでも利用できるとのことです。

アクセスしてみたら、本当にびっくり!きれい、わかりやすい、そして、速い。

英語でになりますが、デモの動画がありましたので、まずはどうぞ。

利用できるブラウザは下記の通り。

  • Windows Internet Explorer 7、8、9
  • Firefox 3.5 (Windows、Mac、および Linux 用)
  • Google Chrome 3
  • Safari 4(Mac 用)

なお、Windows 7 の Internet Explorer 9 だと下記の画像にように Windows 7のタスク バーにSkyDrive をピン留めします。右クリックすると、ジャンプ リストが表示されますので、ここから SkyDrive へアクセスしたり、Microsoft Office のドキュメントを作ったりすることが可能になりました。
SkyDrive をWindows 7のタスク バーに固定し右クリックしたところ

また、新しい SkyDrive についての FAQで確認してみたところ、アップロード可能なファイルサイズの制限が50MBから100MBに変更されたとのことです。

参考:[SkyDrive] 新しい SkyDrive の紹介 « Windows Live 最新情報ブログ

2011年6月20日

Office 365 Beta の Lync 2010 オンライン会議で「プログラム」を共有してみた

Office 365 Beta の Lync 2010 オンライン会議で「デスクトップ」を共有してみたの続き。

今回は、Lync 2010 のオンライン会議で「デスクトップ」を共有した場合を紹介しましょう。

「プログラム」を共有

開催者は、オンライン会議で使いたいアプリケーションを起動します。そして、Lync 2010「グループ会話」ウィンドウの「共有」-「プログラム」とクリックします。
Lync 2010「グループ会話」ウィンドウの「共有」-「プログラム」とクリック
「プログラムの共有」ウィンドウが表示され、プログラムの選択ができるようになっています。ここから共有したいアプリケーションを選択し、「共有」ボタンをクリックします。 今回は、Excelの「決算書.xlsx」ファイルだけを共有させてみました。
「プログラムの共有」の「プログラムの選択」

これで、選択したアプリケーションだけをオンライン会議の参加者と共有できます。

※一部共有できないプログラムもあります。そんな場合は、デスクトップ共有で共有させてみてください。
参考:Lync 2010 ヘルプ:共有したいプログラムが表示されない場合

開催者には、こんな風に見えるデスクトップの画面。
「プログラム」の共有してみた開催者のデスクトップの画面
※私のパソコンは、パワー不足なのか、Aeroが切れました。

参加者には、共有させたExcelファイルだけが、こんな風に見えます。

参加者の「グループ会話」では、共有されたExcelのファイルしか見えない

なお、複数のアプリケーションを共有させることもできます。 IE と Excelのファイルを共有させ、わざと「グループ会話」のウィンドウを前面に配置してみました。
IE と Excelのファイルを共有させた開催者のデスクトップの画面

しかし、Lync 関連は、共有できませんので、共有させたIE と Excelのファイルのみが参加者の「クループ会話」画面に表示されます。また、開催者のデスクトップに表示されているまんまの状態で共有されます。
lync2010_pre13

共有しても見せたくない時は、最小化しておくといいでしょう。

引き続き、Office 365 Beta Lync 2010 のオンライン会議でプレゼンテーションをするもご参照ください。

2011年6月19日

Office 365 Beta の Lync 2010 オンライン会議で「デスクトップ」を共有してみた

Office 365 Beta の Lync 2010 でオンライン会議の開催と招待方法の続き。

オンライン会議では、会議に参加しているメンバーに自分のパソコンのデスクトップ画面やある一定のアプリケーションを見せることも可能です。Lync 2010 の「グループ会話」で「共有」をクリックしてオンライン会議で使いたい項目を選択します。共有できる項目としては、「デスクトップ」や「プログラム」、「PowerPoint プレゼンテーション」、「新しいホワイトボード」、「新しい投票」が利用できます。 
「グループ会話」で「共有」をクリックしたところ

今回は、オンライン会議で「デスクトップ」を共有した場合を紹介しましょう。

「デスクトップ」を共有

開催者は、「グループ会話」ウィンドウの「共有」で「デスクトップ」をクリックします。なお、見られると支障があるものは、事前に片づけておきましょう。

「グループ会話」の「共有」で「デスクトップ」をクリック

すると、参加者の「グループ会話」の画面に、開催者が共有していることを示す黄色いバーが表示されます。「共有要求を承諾する」をクリックします。

参加者の「グループ会話」の画面に黄色いバーが表示された

これで、開催者のパソコンの画面が「グループ会話」に参加しているメンバーに見てもらえるようになりました。なお、開催者には、こんな風に見える自分のパソコン画面。 
Lync 2010の「グループ会話」を使ってデスクトップを共有した場合(開催者)
参加者には、「グループ会議」の画面の中で、こんな風に見えます。 
Lync 2010の「グループ会話」を使ってデスクトップを共有した場合(参加者)

※この画面では、Aeroで共有できていますが、いろいろアプリケーションを起動してパフォーマンスが落ちてくると、Aero が切れてしまうこともあります。

デスクトップの共有では、上部バーの左側にある「制御を渡す」をクリックすると、参加者も開催者のパソコンを操作できるようになります。 
「制御を渡す」をクリックしたところ
「制御要求を自動的に受け入れる」を選択すると、参加者からパソコンの操作をしたいという「制御の要求」が来た場合に、自動的に受け入れる設定となります。

デスクトップが共有された際、参加者の「グループ会話」ウィンドウ右に「制御の要求」が見つかる

特定の参加者だけに操作をして欲しい場合は、「発表者」欄より操作して欲しいメンバーを選択します。

渡した制御を取り戻したい場合は、「制御を渡す」内の「制御を取り戻す」をクリックするか、Ctrl+Alt+Space キーを押します。
Bule さんがパソコンを操作できる状態
デスクトップの共有を止めたい場合は、上部バーの右側にある「共有の停止」をクリックします。 
上部バーの右側にある「共有の停止」

参考:会議を行う、または会議に出席する - Lync - Microsoft Office

デスクトップとプログラムの共有 - Lync - Microsoft Office

引き続き、Office 365 Beta の Lync 2010 オンライン会議で「プログラム」を共有してみたもご参照ください。

2011年6月18日

Office 365 Beta の Lync 2010 でオンライン会議の開催と招待方法

Office 365 Beta の Lync 2010 の使い方は、Office 365 Beta の Lync 2010 でできることで簡単に紹介しました。この中で「オンライン会議」を少し紹介しましたが、今回は、Lync 2010でのオンライン会議の開催方法とオンライン会議に参加するメンバーの招待方法を紹介しましょう。

Lync 2010 でオンライン会議であると便利な物や準備する物

  • マイク(イヤフォンとセットになっているヘッドセットを使うと便利)
  • Webカメラ(ミーティング現場の様子をビデオで配信したい場合)
  • 発表用のデータ(PowerPointなど)

オンライン会議の開催方法

  1. Lync 2010 にサインインします。
  2. 右側にある「メニューを表示」の▼ボタンをクリックして「今すぐミーティング」をクリック。      
    Lync 2010 の右側にある「メニューを表示」の▼ボタンをクリックしたところ
  3. 「会議のオーディオに参加する」が開いた場合、音声をどうするか決めます。今回は、音声とビデオを使用したいので「Lyncを使用する」を選択して「OK」ボタンをクリックします。      
    「会議のオーディオに参加する」
  4. これで「グループ会話」の画面が開きました。 なお、今回のオンライン会議主催者は「Ramu」です。      
    「グループ会話」の画面 

Lync 2010のオンライン会議に招待する

「グループ会話」の画面が開いたら、これで、オンライン会議を始めることができます。主催者は、オンライン会議に参加する参加者を招待しましょう。「参加者のオプション」をクリックします。 招待の方法としては、「名前または電話番号で招待」と「電子メールで招待」の2通りがあります。   
「参加者のオプション」をクリックしたところ

「名前または電話番号で招待」を使った場合

即オンライン会議を開催したい場合は、「名前または電話番号で招待」を使います。「名前または電話番号で招待」を開くと、現在、Lync に登録してあるメンバーが一覧に表示されます。オンライン上にいる人を選択して「OK」ボタンをクリックします。   
「名前または電話番号で招待」ウィンドウ 
招待された相手には、下記のような「電話会議に招待しています」と言うメッセージが届きます。会議に参加できるのであれば、「承諾」をクリックします。    
「電話会議に招待しています」と言うメッセージ

すると、Lync 2010の「グループ会議」画面が開きまず。これで、オンライン会議に参加できました。   
Lync 2010の「グループ会議」に参加できた

「電子メールで招待」を使った場合

時間を決めて会議を開催する場合は、「電子メールで招待」を使うといいでしょう。「電子メールで招待」をクリックすると、「参加情報と会議のオプション」が開きます。「情報をすべてコピー」をクリックします。 これで、「会議のリンク」のURLがコピーされます。   
「参加情報と会議のオプション」ウィンドウ

後は、普段使っているメールソフトや Microsoft Outlook を起動し、オンライン会議に招待したい人宛のメールを作ります。Outlook であれば、会議出席依頼メールを作成すると便利でしょう。「情報をすべてコピー」でコピーした内容の「会議のリンク」をメール本文に貼り付け、開催日時を記載し送信します。なお、この「会議のリンク」は、開催する度に代わります。新たにオンライ会議を開催すると、過去の「会議のリンク」は利用できなくなりますのでご留意ください。時間を決めてオンライン会議を開く場合は、参加者だけでなく開催者も「会議のリンク」を覚えておきましょう。

メールを受信した相手は、メール本文中に記載されているURLの部分をクリックします。後は、「Lync 2010を搭載している場合」と「Lync 2010を搭載していない場合」とで紹介しましょう。

Lync 2010を搭載している場合

「会議のオーディオに参加する」が開きますので、「Lyncを使用する(音声とビデオの統合)」を選択して「OK」をクリックするといいでしょう。これで、Lync 2010の「グループ会議」画面が開きますので、オンライン会議に参加できました。   
lync2010_pre08

Lync 2010を搭載していない場合

Lync 2010を搭載していないパソコンの場合は、ブラウザが起動し、程なく下記のようなメッセージが表示されます。   
別のブラウザーウィンドウで会議が開始されました。電話から、会議のオーディオをご使用になれます。

なお、ブラウザの「ポップアップ ブロック」が有効になっている場合は、下記のようにポップアップ ブロックを無効にしてから、ページを更新するよう促されることでしょう。   
ブラウザの「ポップアップ ブロック」が有効になっていると表示されるメッセージ

ブラウザのポップアップ ブロックを無効にするか、IEの情報バーでポップアップを許可します。   
IEの情報バーでポップアップを許可

別ウィンドウで、下記のような Lync Web App が開きます。   
Lync Web App のサインイン画面

Lync Web App は、ブラウザーベースの Lync 2010です。これを利用すると、Office 365 のサインイン アカウントを持っていないユーザーでもゲストとしてオンライン会議に参加することができます。

「表示名」欄にオンライン会議に参加する人の名前を入力して「会議に参加」をクリックします。今回は「Guest」と言う名前で参加してみました。これで、通常の Lync 2010 と似たような感じの Lync Web App が開き、オンライン会議に参加できました。   
Lync Web App での「グループ会議」画面

ただし、Lync Web App の音声は、「電話ベースの音声」とのことでした。現在公開されているOffice 365 Beta版の Lync 2010では「電話ベースの音声」が対応していないようで、会議の内容は聞こえませんし、こちらからもしゃべれませんでした。やり方としては、「パソコンかIP電話に電話して会話をする」ということだそうです。

なお、Lync Web App からの参加者「Guest」は、Lync 2010 での「グループ会議」の画面は、下記のように表示されます。

Lync 2010 で参加者の加わった「グループ会議」の画面

また、オンライン会議をしている最中に、新たなメンバーを加えたい場合、Lync 2010 で「オンライン」にいるメンバーを直接マウスでドラッグして「[参加者のオプション] メニューから参加者を招待します」と記載されている枠内にドロップします。   
image

招待されたメンバーが、オンライン会議に参加することを承諾すれば、完了です。   
レッドさんが新たに会議に参加できた

こんな風に必要に応じて、会議のメンバーを増やすことができます。

参考:

引き続き、Office 365 Beta の Lync 2010 でオンライン会議で「デスクトップ」を共有してみた もどうぞご参照ください。

2012年4月18日 追記:
Office 365 のサインイン アカウントを持っていない組織外のユーザーを Lync 2010のオンライン会議に招待する方法は、Lync Online ライセンスを持たないユーザーを Lync オンライン会議に招待もご参照ください。

2011年6月17日

Microsoft Kinect for Windows SDK Beta 公開

Xbox 360 用のセンサーである Kinect。私のブログでも、カテゴリ KINECTで遊んでいる様子を紹介しています。

さて、このたび、「Kinect for Windows」のソフトウェア開発キット(Software Development Kit)がBeta版でですが、Channel 9で発表されました。

ダウンロードページ:Kinect for Windows SDK from Microsoft Research

Microsoft Kinect for Windows SDK Betaは、英語版ですが、Windows 7 で下記のシステム要件でインストールできます。

  • Dual-Core で、2.66 GHz 以上のプロセッサを搭載したコンピューター
  • DirectX 9.0 c をサポートしている Windows 7 と互換性のあるグラフィック カード
  • 2GB の RAM (4GB の RAM を推奨)
  • Xbox 360 用 Kinect と専用 USB/電源ケーブル
    Xbox とセットで購入した Kinect の場合、パソコンに接続するためのUSB/電源ケーブルが付いていませんので、別途購入する必要があります。

DirectX のバージョン確認方法:スタートメニューの検索欄に「dxdiag」と入力して「DirectX 診断ツール」を起動し確認します。

「DirectX 診断ツール」

我が家の場合、CPUがぎりぎりなのですが、面白そうなので実際にインストールしてみました。

インストールは、Microsoft Kinect for Windows SDK Beta Setup Wizard に従うだけ。

Microsoft Kinect for Windows SDK Beta Setup Wizard

インストールが済んだら、Kinect を専用 USB/電源ケーブルに接続します。USB/電源ケーブルのACアダプターを電源コンセントに差し込みます。USB コネクターをパソコンの USBポートへ差し込みます。Kinect の電源ランプが緑色に点滅したら、準備完了です。

「すべてのプログラム」を開くと「Microsoft Kinect for Windows SDK BETA」というフォルダーができていて、「Skeletal Viewer」 と「Sample Shape Game」が入っていました。また、英語でですが「Kinect SDK Readme」やAbout the Kinect for Windows SDK - Microsoft Researchに諸注意等が記載されていましたので、ぜひ読んでみてください。

さて、「Skeletal Viewer」 を起動し、で二人同時に写りこんでみたところ、こんな風にちゃんと認識してくれました。

Skeletal Viewer

しかし、「Sample Shape Game」は、私のパソコンに何か足りないものがあるのか、起動しませんでした。

なお、この KINECT for Windows SDK、商用利用はまだ禁止されています。商業用のバージョンは後日公開される予定だそうです。「評価や次世代に向けた取り組みのコンセプト作りなどにご活用ください。」とのことです。私は、作れませんので。誰か作って~!happy01

2011年6月16日

日本での IE9 自動配信は2011年6月21日

米国を初めとする主要国では、2011年4月19日(日本時間)に、自動更新機能による Internet Explorer 9 の配布が開始されました。しかし、日本では、東日本大震災の影響により、IE9 そのものの提供開始日を3月15日から4月25日に延期したので、自動更新機能による配布も延期されていました。それが、2011年6月21日から始まるとのことです。

参考:Internet Explorer 9 の自動更新による配布

Internet Explorer 9 は、Windows Update や Microsoft Update の自動更新を通じて、OS が Windows 7 と Windows Vista、Windows Server 2008 R2、および Windows Server 2008 に配布されます。なお、Windows XP は、未対応のため配布されません。

Internet Explorer 9の自動配布が行われても、勝手には、インストールされません。ダウンロードが完了すると、Internet Explorer 9の更新プログラムが利用できると、パソコンの管理者のアカウントを持つユーザーに通知されます。ユーザーは、Internet Explorer 9 をインストールするかどうかを選択できますので、ご安心ください。

「自動更新通知」のバルーンをクリックすると、「Internet Explorer 9 の重要機能の概要の説明」と、「インストールする」と「インストールしない」、そして「後で確認する」という 3 つの選択ができる「ようこそ画面」が表示されるとのことです。

これは、Internet Explorer 8の自動配信された際の下記のような「ようこそ画面」と似たような画面であろうと思います。

「Internet Explorer 8へようこそ」の画面

Internet Explorer 9をインストールしたくない場合は、このようこそ画面で「インストールしない」をクリックするといいでしょう。

さて、IE9のダウンロードすらもしたくないという場合、Internet Explorer 9 Blocker Toolkit を使ってみてください。このツールキットは英語版ですが、サポート対象OSのすべての言語で正常に動作するとのことです。これで、Internet Explorer の 9 の自動配信を無効にしてみてください。

参考:Internet Explorer 9 Blocker Toolkit: よく寄せられる質問| TechNet

私は、Windows 7 で IE9を快適に使っています。しかし、IE9をインストールすると、Windows Live メール でテキスト形式のメール本文の文字の大きさが変わってしまうVista の Windows メールで添付ファイルがあることを示すクリックマークが表示されなくなる、そして、ガジェットの「祝日対応カレンダー」などに白い枠が表示されるという現象が起きます。これらの現象が非常に不都合であると思われる場合は、IE9のインストールはおやめになった方が無難でしょう。

2011年7月13日 追記:
どんな風に自動配信されたかは、Internet Explorer 9の自動配信はどうなった?でどうぞ。

2011年6月14日

ココログ for iPhone

ココログ for iPhone からのテスト投稿です。
App Store で見つけた「ココログ for iPhone」

--------------------------

と、テスト投稿してみました。ここからは、パソコンで書いています。まだ、Beta 版のようですが、iPhone で撮った写真も記事中に挿入できますので「出先で iPhone からちょっとブログに投稿!」なんてこともできそうですね。

IME 2010 の「追加辞書サービス」が表示されない

Windows XP で Office 2003 を使っています。この度、IME 2010 をインストールしてみました。そうしたところ、言語バーの「ツール」に表示されるという「追加辞書サービス」が見当たらないのです。これは、どうしてなのでしょう?

Windows Vista や Windows 7の IME 2010 の「追加辞書サービス」は、Office IME 2010 辞書のアップデート方法でも紹介しました。「IME 2010」の言語バーの「ツール」をクリックすると表示されます。
「IME 2010」の言語バーから「ツール」-「追加辞書サービス」を開いた

そして、この「追加辞書サービス」では、「Microsoft 辞書アップデート」や「オープン拡張辞書を追加」、「辞書の設定」が使えるようになっています。

さて、これが、Windows XP の場合。デスクトップ上や「メモ帳」などで開くと表示されません。それは、「詳細なテキスト サービス」 に対応していないアプリケーションでは、IME 2010 の下記の機能が制限されているからです。

  • 言語バーの「ツール」に[追加辞書サービス] と [検索機能] および、誤変換機能に関する項目は表示されない
  • 検索機能、予測入力機能などが使用できない

と言うことで、質問者さんの言うように、Windows XPのデスクトップ上や「メモ帳」で言語バーの「ツール」をクリックしても「追加辞書サービス」は表示されません。
Windows XPの「メモ帳」で言語バーの「ツール」をクリックしても「追加辞書サービス」は表示されない

XPでは、「詳細なテキスト サービス」に対応しているアプリケーションの Word や Excel であれば表示されます。

Word 2003上だと言語バーの「ツール」に「追加辞書サービス」等が表示される

ただし、Word 2003 の場合、「ツール」は2つ表示され、表示される「ツール」と表示されない「ツール」がありますので、ご注意ください。
「追加辞書サービス」等が表示されない「ツール」もある
参考:IME 2010 を Word 2003 で使うと言語バーのアイコンが2個ずつ表示される

言語バーに「追加辞書サービス」が表示されなくて困るのは、IME 2010 標準辞書や最新語辞書を最新の辞書データに更新したい場合でしょう。

Microsoft Office IME 2010 標準辞書を最新の辞書データに更新する方法

Microsoft Office IME 2010 最新語辞書を最新の辞書データに更新する方法

しかし、これも言語バーの「ツール」-「プロパティ」と進んで「Microsoft Office IME 2010 のプロパティ」の「その他」タブ内の「辞書アップデート」から実行できるようになっています。

「Microsoft Office IME 2010 のプロパティ」の「その他」タブ

しかし、「詳細なテキスト サービス」 に対応していないアプリケーション上でどうしても制限されている機能を使いたい場合、XP では IME 2010 の「確定前の文字列を検索」がメモ帳で使えませんでも紹介したように「詳細なテキストサービスのサポートをプログラムのすべてに拡張する」を有効にしてみてください。

  1. コントロールパネルの「地域と言語のオプション」を開く
  2. 「言語」タブを開き、「テキスト サービスと入力言語」の「詳細」ボタンをクリック
  3. 「テキスト サービスと入力言語」が開くので「詳細設定」タブを開く
  4. 「互換性の構成」の「詳細なテキストサービスのサポートをプログラムのすべてに拡張する」にチェックをつける
    「テキスト サービスと入力言語」の「詳細設定」タブ
  5. 「OK」をクリックすると「テキスト サービスの変更」が開き、「新しい設定を有効にするには、コンピュータを再起動する必要があります。 今すぐコンピュータを再起動しますか?」と表示されるので「はい」でパソコンを再起動する。
    「テキスト サービスの変更」画面
  6. パソコンを再起動し、デスクトップ上やメモ帳ででも「ツール」に「追加辞書サービス」と「検索機能」および、誤変換機能に関する項目が表示されたことを確認します。
    XPのデスクトップ上で言語バーの「ツール」に「追加辞書サービス」等が表示された

ただし、Windows XP で「詳細なテキストサービスのサポートをプログラムのすべてに拡張する」にチェックを付けると、Internet Explorer が「応答なし」になる場合がありますので、ご留意ください。

参考:TechNet IMEフォーラム:追加辞書サービスのメニューが表示されません

2011年6月13日

Office 365 上に自分のパソコンで作成した Office 2010 のファイルを保存してみた

Office 365 Beta で OneNote の共同編集作業をしてみた の続き。

Office 365 の「共有ドキュメント」上に、自分のパソコンで作成した Microsoft Office 製品のファイルを保存するには、どうするといいでしょう?

Office 2010 を持っているのでしたら、自分のパソコン内に文書ファイルを保存することなく、直接、Office 365 の「共有ドキュメント」にアップロードできるようになっていました。では、そのやり方です。

  1. Office 2010 の Word、Excel、PowerPoint などでファイルを作成します。
    今回は、Word 2010 で説明します。
  2. 「ファイル」をクリックします。
    Word 2010の「ファイル」
  3. 左側の一覧より「保存と送信」を選択し「SharePoint に保存」をクリック
    Word 2010 の「保存と送信」を開いたところ
    なお、OneNote 2010 の場合は、「共有」から「共有場所」で「ネットワーク」を選択し、「ノートブックの共有」をクリックします。
    OneNote 2010 の場合
  4. 右側に「SharePoint に保存」が表示されます。既に何度か、Office 365 の共有ドキュメントに保存されているファイルを Office 2010製品で編集していると「最近使用した場所」に、自分のOffice 365 の「共有ドキュメント」パスが表示されていることでしょう。自分のOffice 365であるのを確認したら「名前を付けて保存」をクリックします。
    「SharePoint に保存」
  5. 「Office 365」のサインイン画面が表示されますので、Office 365 の ID とそのパスワードを入力。
    「Office 365」のサインイン画面
    入力できたら「サインイン」ボタンをクリック
  6. 「名前を付けて保存」の画面が表示されるのでファイル名に適切な名前を入力して「保存」をクリック
    「名前を付けて保存」の画面
  7. 「コンテンツ タイプの選択」が表示されます。「コンテンツ タイプ」が該当 Office 製品(今回は「Word」)であることを確認し「OK」をクリック。
    「コンテンツ タイプの選択」

以上で、Office 365 の「共有ドキュメント」内に、Office 2010 からファイルが保存できたことでしょう。

2011年6月12日

Bing バー 7.0.756.0

Bingのページに「Bing バー7」の案内が出ていました。

Bingのページ表示されている「Bing バー7」の案内

Bing バーは、新しい Bing バー で紹介しましたが、確認してみましたら、バージョンが「7.0.756.0」になっていまして、新しい機能も追加されていました。

Bing バーのバージョン情報「7.0.756.0」

Bing バー7 ダウンロードページ

今回、新しく追加されたのは、Facebook への「いいね」ボタン。

Facebook への「いいね」ボタン

この「いいね」ボタンは、その Web ページにFacebook の「いいね」ボタンが設置されていなくても、自分の Facebook のウォールに投稿できるというもの。

このBingバーのインストール条件

  • OS:Windows 7、Windows Vista、Windows XP Service Pack 3(SP3)
  • ブラウザ:Internet Explorer 7 以降

参考:マイクロソフト、Facebook「いいね!」ボタン付きのBingバー日本語版を公開 ::SEM R
Microsoft、「いいね!」を投稿できるBingバーほかFacebook関連のBing新機能を発表 - ITmedia エンタープライズ

2011年6月11日

MS MVP 特製アワード ディスク

FedExで何やら本でも入っていそうな大きな箱が届きました。大きさが対比できる適当なものがないので、ノートパソコンに立てかけてみました。

FedEx の箱

でも、持ってみると、すごく軽いのです。中に入っていたのは、こんな小さな箱。

FedEx の箱の中に入っていたもの

そして、その中身は!Microsoft MVP のロゴマークの箱と「5Years」と書いてある青い輪っか。
Microsoft MVP のロゴマークの箱と「5Years」と書かれた青い輪っか

MVP アワード5年連続受賞の記念だそうです。

MVP アワード 受賞盾に装着。

青い輪っかを記念盾に装着してみた

2009年から Microsoft MVP アワード受賞の記念品が盾に代わりました。しかし、3年分しかないので、5年連続受賞できた人に配布された模様。

輪っかのアップ

おかげさまで、MVP アワード5年連続受賞となりました。いつも、応援してくださる皆さんのおかげです。ありがとうございます。これからも精進いたしますので、よろしくお願いいたします。

2011年6月 6日

SkyDrive 上に保存されている Office 製品のファイルを共同編集作業するコツ

SkyDrive の Office Web Apps で共同作業をするには:「Windows Live グループ」の作成方法編 の続き。

Windows Live グループを作成し、メンバーを招待できたら、これで SkyDrive 上でOffice 製品のファイルを共同編集作業することができるようになります。しかし、そのためには、少し覚えておいて欲しいことがありますので紹介しましょう。

  • Office Web Apps は、Windows の Internet Explorer 7 以降 、Mac の Safari 4 以降 (Mac)、および Windows、Mac、ま たは Linux の Firefox 3.5 以降で利用できる。
  • 1つの Windows Live グループで招待できる人数は1000人まで。
  • 一つのWindows Live ID で参加できるグループ数は20個まで。
  • 個人の SkyDrive 容量は25GBだが、それとは別に Windows Live グループ専用で5GBまでのデータが保存・共有できる。
  • Word や PowerPoint で複数のメンバーで同時に共同編集作業したい場合は、お互い Office 2010 が必要。
  • Excel で複数のメンバーで同時に共同編集作業したい場合は、SkyDrive 上の Excel Web App でのみできる。
  • OneNote で複数のメンバーで同時に共同編集作業したい場合は、SkyDrive 上の OneNote Web App からでも、パソコンの OneNote 2010 からでもできる。
  • 共同編集できるファイルは、SkyDrive 上の Office Web App で作成したものか、Office 2007 以上で作成した拡張子が、Wordが [.docx]、Excelが [.xlsx] 、PowerPointが [.pptx] のファイルに限られる。
  • Office 2003/2002の場合は、Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パックをインストールする必要がある。そして、「名前を付けて保存」をする際に「ファイルの種類」を変更して拡張子が [.docx] [.xlsx] [.pptx] となるようにする。
    Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パックをインストールした PowerPoint 2003の「名前を付けて保存」で「ファイルの種類」を開いたところ

参考:仲間で情報共有できるグループ - Windows Live on MSN

Office Web Apps の紹介 - Office Web Apps - Microsoft Office

さて、実際に、SkyDrive 上に保存されている Office 製品のファイルを共同編集作業する方法ですが、Office 365 の Office Web Apps と変わりありません。下記ページを参考にしてみてください。

2011年8月3日 追記:
Wordの共同編集作業に関して変更がありました。詳細は、SkyDrive の Word Web App で共同編集でご確認ください。

2011年6月 5日

ウチきて踊ろ、一緒に踊ろ!「Dance Central」

2011年6月2日に発売されたXbox 360 の Kinect 専用ゲーム「Dance Central」。

Xbox 360 Kinect 専用ゲーム「Dance Central」

公式ホームページ:Dance Central  - Xbox.com

【送料無料】Dance Central

私は、もう体験版が公開された途端に、はまってしまいました。とにかく楽しい。家族も「お母さんって踊れるんだ!」と驚くほど。自分でも「こんなにダンスが好きだった?」と驚いてしまいました。

先に、似たような感じの Xbox Kinect のダンスゲーム「Dance Evolution」もやってみています。これは、これなりに楽しいのですが、ちゃんと踊れなくてもタイミングさえ合えば「Complete」となり最後まで踊れてしまいます。楽しいは楽しいのですが、何となく自分の踊りに不満足。

それが、Dance Central は、自分の納得がいくまで部分練習ができるようになっていました。「プラクティス」という練習モードがすごく充実しています。どうしても速すぎてリズムに付いていけない部分がある場合は、「スローダウン」に。ゆっくりにして何度でも練習可能。踊り方がわかったら「スピードアップ」して元のスピードでまた練習。

通常、1曲通して踊れる「パフォーマンスモード」は、初めて踊る場合、スキル レベル「ノーマル」と「ハード」にはロックがかかっていて「イージー」から始めないとなりません。しかし、私は、体験版で「Evacuate The Dancefloor」と「I Know You Want Me (Calle Ocho)」をハードまで踊っていました。そこで、「プラクティス」の「ハード」で1回練習。そうしたところ、「パフォーマンスモード」のロックが外れ、いきなり「ハード」ができるようになりました。

なお、「次はこんな動き」と教えてくれる「フラッシュカード」が画面の右側に出ているので、ダンスの順番を丸暗記しなくても大丈夫。また、この「パフォーマンスモード」には「ワークアウト モード」に設定することもできました。これで、踊っている間に消費したカロリーを測定してくれるのです。

そして、我が子も踊る踊る!私の大きなお尻をブログに掲載するのもなんですから、プレー中の写真はわが子の後ろ姿で。

「I Know You Want Me (Calle Ocho)」を「プラクティス」で練習中

Xbox に友だちを登録してある場合、その友だちも「Dance Central」を始めると各曲で「ランキング」が確認できました。「あの人に、勝った!」「うっ!負けた。。。」と何だか俄然やる気が!もう、燃えます。

海外では、2010年11月に発売されているゲームなので、YouTube 上で探すと実際に踊っている動画がたくさん見つかります。Xbox でゲームできなくても、実際にすごくうまい人が踊っている動画を見ながら練習してもいいでしょう。なお、日本人の踊っているプロモーションビデオは、‪XboxJapan さんのチャンネル‬‏で閲覧できます。

今なら、「初回生産分限定」で、シークレットゲーム追加コンテンツダウンロードコード付きです。

2011年6月 4日

Office 365 Beta で OneNote の共同編集作業をしてみた

Office 365 Beta で PowerPoint の共同編集作業をしてみた の続き。

WordExcelPowerPoint とOffice 365 Beta での共同編集方法を紹介しましたが、OneNote も微妙に違いました。

ところで、Word、Excel、PowerPoint は、ご存知のことと思いますが「OneNote って何でしょう?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。OneNoteは、「パソコンで使えるバインダーのようなノート」といった感じの Microsoft Office 製品です。
参考:Microsoft OneNote 2010 - Microsoft Office

私のブログでも少し紹介しています。

OneNote 2010 が SkyDrive と同期できない

しかし、上記記事は、トラブルの解消法なので、使い方がよくわからない場合は、既にマニュアル本が出ていますので、購入なさってみてください。

【送料無料】ひと目でわかるMicrosoft ...

【送料無料】ひと目でわかるMicrosoft ...
価格:1,659円(税込、送料別)

さて、この OneNote、共同編集をするのに、Microsoft Office 2010 の OneNote 2010 と Office 365 の OneNote Web App の両方ともできることがわかりました。しかも、一人は Web 上の OneNote Web App で、もう一人はダウンロードしてパソコンの OneNote 2010 でと言う共同作業もできることがわかりました。OneNote だけは、都合に合わせて、Web 上でもダウンロードしたファイルでも自由に使えるのです。(これが、他の Office 製品でもできると良いですね)

今回は、Office 365 チーム サイトのドキュメント内に保存してある「test_onenote」という OneNote ファイルをメンバーのBlueさんに手伝ってもらって共同編集している様子を紹介します。なお、共同作業をする際は、Lync で通話やチャットと言ったコミュニケーションを取りながら行うとスムーズでしょう。

Office 365 Beta の OneNote Web App で OneNote ファイルの共同編集をする方法

  1. Office 365 のサイトへサインイン、「チーム サイト」の「共有ドキュメント」をクリック。
    Office 365の「チーム サイト」
  2. 「チーム サイト」の「ドキュメント」が開きます。
  3. 「ドキュメント」内に保存されている共同編集したい OneNote ファイルの▼ボタンをクリック。
    「ドキュメント」内に保存されているファイル
  4. メニューが開きます。今回は、OneNote Web App で編集したいので、「ブラウザーで編集」をクリックします。
    ファイルの▼ボタンをクリックすると表示されるメニュー
  5. ブラウザの OneNote Web App で「test_onenote」が開きました。
    OneNote Web App
  6. 誰がどんな編集をしたのか確認したい場合は、「表示」タブの「作成者の表示」をクリック
    OneNote Web App の「表示」タブ
  7. 誰がどの部分を編集したのか名前が表示されます。
    誰がどの部分を編集したのか名前が表示された 
    そして、変更や編集を行っても特に「保存する」という作業の必要もなく、変更や編集した部分の更新は自動的に行われます。
  8. うっかり同じ部分を編集してしまった場合、リボンの下辺りに黄色いバーが出現し「このページには、同期中に反映できなかった更新内容があります。未繁栄の変更内容が含まれているページのバージョンを表示する場合は、ここをクリックしてください。」と表示されました。
    うっかり同じ部分を編集してしまった場合に出現する黄色いバー
    黄色いバーをクリックすると、競合する内容が見られる「ページ」が赤い文字で表示されます。
    赤い文字が競合する内容が見られる「ページ」
    競合している部分は、赤く強調されて表示されます。
    赤い印が付いている競合箇所
    Lync で相談して競合箇所をメインページへコピーし、要らないのであれば黄色いバーをクリックして削除するといいでしょう。
    競合ページで黄色いバーをクリックすると、競合ページをどうするのか選択できる

Office 365 Beta の OneNote 2010 で OneNote ファイルの共同編集をする方法(初回)

  1. まだ、OneNote ファイルをOneNote 2010 ダウンロードして取り込んでいない場合、ファイルへのアクセス方法は、先の OneNote Web App での 3 までと同じ。
  2. メニューが開いたら「Microsoft OneNote で編集」を選択
    ファイルの▼ボタンをクリックすると表示されるメニュー
  3. 「ドキュメントを開く」のメッセージが表示されたら、内容をよく確認して「OK」をクリック。
    「ドキュメントを開く」のメッセージ
  4. OneNote 2010が起動すると同時に「Office 365」の サインインの画面が出るので自分のID とパスワードを入力してサインインする。
    「Office 365 サインイン」の画面
    ※「Microsoft Online Service」のサインイン画面から「Office 365」の サインインの画面になりましたね。
    参考:Office 365 Beta で PowerPoint の共同編集作業をしてみた
  5. OneNote 2010 で Office 365 の共有ドキュメントに保存されている OneNote ファイルが開いた。
    OneNote 2010 で Office 365 の共有ドキュメントに保存されている OneNote ファイルが開く

Office 365 Beta の OneNote 2010 で OneNote ファイルの共同編集をする方法(2回目以降)

  1. 過去に「Microsoft OneNote で編集」で作業を行ったことがある場合、Microsoft Office OneNote 2010を起動させても使えるようになっている。編集したい「ノートブック」を開くとタブの下にオレンジ色のバーで「のノートブックの一部を同期するためにはパスワードが必要です。パスワードが必要なセクションおよびノートブックの一覧を表示するには、ここをクリックしてください」と表示されるのでクリック。
    編集したい「ノートブック」を開くとタブの下にオレンジ色のバーが表示されている
  2. どのファイルと同期を取るのか、確認のバーが表示される。自分の Office 365 のサイトに保存されているファイルであることを確認してクリック。
    どこと同期を取るのか、確認のバー
  3. 「Office 365 サインイン」の画面が出るので自分のID とパスワードを入力してサインインする。
  4. サインインできたら同期が始まる。ノートブックの「同期の状態」アイコンに緑色のチェックが付いたら同期完了。Office 365 の共有ドキュメントに保存されている最新の状態になって開く。
    OneNote 2010での「同期の状態」アイコン。同期が完了した印

Office OneNote 2010が起動したら、Lync を使って相談しながら編集作業をしましょう。相手が編集をすると程なく同期が取られ、その部分に色がついて表示されます。誰がどこを編集しているのか見たい場合は、編集箇所の右側に情報として名前もしくは頭文字が表示されます。そこにマウスポインタを置くといつだれが編集したのかポップアップで表示されます。
OneNote 2010 で共同制作者が表示されている状態

参考:OneNote Web App の概要 - Office Web Apps - Microsoft Office

引き続き、Office 365 上に自分のパソコンで作成した Office 2010 のファイルを保存してみたもご参照ください。

2011年6月 3日

次期 OS の「Windows 8」は?

Microsoft の次期OSであるコードネーム「Windows 8」は、こんな感じ!?と言うデモの映像が公開されました。

これは、Microsoft のスマートフォンである Windows Phone 7 のような感じです。もう、来年(2012年)には、発売されるとのこと。すごく楽しみです。

参考:Previewing ‘Windows 8’: Article by Julie Larson-Green, corporate vice president, Windows Experience.

2011年6月 2日

IE9 で動画や広告がページの左上に行ってしまう不具合を修正した Flash Player 正式版が公開

IE9 で動画や広告がページの左上に行ってしまう場合用 Flash Player が公開の続き。

Adobe社より、IE9での表示不具合を修正した Flash Player 10.3.181.16 が公開されました。

Update on Flash Player 10.3 and IE9 issues « Adobe AIR and Adobe Flash Player Team Blog

Flash Player 10.3.181.16 は、adobe.com からダウンロードするか、自動更新の通知で利用できるとのことです。

参考:Adobe、IE9での表示不具合を修正した「Flash Player 10.3」最新版 -INTERNET Watch

>

2011年6月 1日

2011年6月8日は World IPv6 Day

2011年6月8日、IPv6 への移行に向けた実験が実施されます。この日は、World IPv6 Day と呼ばれ、世界中の多くのWebサイト(マイクロソフトでは、Bing、及び Xbox.com)が1日だけ IPv6 を用いた接続テストが行われます。そのため、ある一定条件下の IE7 や IE8 では、接続テストを行っているサイトへアクセスできないという現象が起きることがあります。

障害が発生する可能性のあるの環境は、下記の3つの条件をすべて満たす場合です。

  • Internet Explorer 7、もしくは Internet Explorer 8
  • インターネット アクセス環境が、フレッツ光 (NTT東日本、NTT西日本)
  • ホームルーターを使用していない。もしくは IPv6 に対応したホームルーターを使用している。

なお、自分のインターネット接続環境が IPv6 に対応しているかどうかを確認できるサイトもあります。

インターネットの未来に向かう準備はできていますか?

IPv6 対応サイトに接続するのに問題がない場合

参考:

重要:World IPv6 Day に関する重要なお知らせ | Microsoft 相互運用性

Google Japan Blog: IPv6 への移行に向けた実験を実施します

[Blog翻訳] World IPv6 Day と Windows - Windows 開発統括部 Blog - Site Home - MSDN Blogs

Windows 7 IE9 プレインストール版を IE8 にしたい

新しく Windows 7 を購入しました。Windows 7 SP1 です。 ホームページを見ようと思いましたら、Internet Explorer 9 でした。いつも利用するページで、Internet Explorer 9 が対応していないサイトがあるのです。Internet Explorer 8 にしたいのですが、こんな場合、どうするといいのでしょうか?

元々、IE8 だった Windows 7 を IE9 にし、また、IE8 へ戻したい場合。IE9 をアンインストールすれば IE8 に戻ります。その方法は、この記事の最後に紹介しますが、その前に。

先日、電気屋さんを覗いてきました。2011年夏モデルでは、ほとんどの日本メーカーの Windows 7 に IE9 が搭載されて発売されているようです。IE9 搭載機の「コントロール パネル」を開いてみましたら、「インストールされた更新プログラム」の一覧に「Windows Internet Explorer 9」がありました。しかし、これをアンインストールしても大丈夫なのでしょうか???私も、IE9 プレインストール版の場合、「インストールされた更新プログラム」の一覧に「Windows Internet Explorer 9」があるからアンインストールできる・・・という判断はできません。

そして、もしかすると、今後は、「インストールされた更新プログラム」の一覧に「Windows Internet Explorer 9」が見つからない機種も出てくるかもしれません。IE9 RC版の際に、「インストールされた更新プログラム」の一覧に「Windows Internet Explorer 9」が見つからない場合として、IE9 RC をアンインストールしたいが「インストールされた更新プログラムを表示」の一覧に IE9 がない場合を紹介しました。しかし、最初から IE9 がインストールされている Windows 7 の場合、この方法を使って強制的に IE9 をアンインストールするのは非常に危険です。Microsoft での Windows 7 SP1は、IE8 が基本です。しかし、メーカーサイドで、IE9 を OSの一部と化してインストールしている恐れがあるからです。これは、Microsoft の仕様ではなく、お買い求めになったメーカーの仕様です。

IE9 プレインストール版の場合は、できればそのまま IE9 でお使いいただくのことをお勧めします。

IE9で何かをして「何だかおかしい」と感じるページがある場合は、「互換表示」をクリックして有効にしてみてください。

IE9 の互換表示

IE9 では、「互換表示」がグレーになっていると無効、青くなっていると有効です。

互換表示の「有効」と「無効」

互換表示はページを閲覧する際だけでなく、印刷する際にも使えます。「互換表示」を切り替えると、レイアウトが崩れてしまったページも正しく表示されることでしょう。

しかし、どうしても、不都合なサイトがある場合、そのサイトで推奨している IE 以外のブラウザ FirefoxSafariGoogle Chrome を利用することをお勧めします。

Windows 7 IE9 プレインストール版を IE8 にしたい場合は、メーカーのサポートにご相談ください。また、下記に IE9 のアンインストール方法を紹介しますが、事前にバックアップをしっかり取って、最悪の場合リカバリーする覚悟の上で作業してください。

Windows 7 IE9のアンインストールの仕方

  1. Internet Explorer 9を終了させておく
  2. コントロール パネルの「プログラム」にある「プログラムのアンインストール」をクリック
  3. 「プログラムと機能」が開くので、左側の欄の「インストールされた更新プログラム」をクリック。
    Windows 7での「プログラムと機能」の左の欄
  4. 「インストールされた更新プログラム」が開くので、すべてが表示されるまでしばらく待ちます。すべて表示されたら一覧より「Windows Internet Explorer 9」を見つけ出し選択、「アンインストール」をクリック。
    「インストールされた更新プログラム」の一覧にある「Windows Internet Explorer 9」
  5. 「コンピューターからこの更新プログラムをアンインストールしますか?」と表示されるので「はい」をクリック。
    「更新プログラムのアンインストール」画面
  6. アンインストールの作業が終わるまでしばらく待ちます。
  7. 「これらの変更を適用するには、コンピューターを再起動する必要があります」と表示されたら、「今すぐ再起動する」をクリックする。
  8. パソコン再起動後、IEを起動。IE8に戻ったかどうか、Alt+H キーを押し、表示されたメニューから「バージョン情報」を開いて確認します。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ