« Office 365 Lync 2010 のオンライン会議でホワイトボードを使ってみた | トップページ | 「Windows Live サインイン アシスタント」が働いていない? »

2011年6月30日

IME 2010 のみを追加インストールした場合の Office 2010 SP1 について

Win7 64bit に Office 2007 搭載機を使っています。これに、IME 2010 を追加インストールしてあります。だからでしょうか。Windows Update に「Microsoft Office 2010 SP1」が表示されました。しかし、64bit と 32bit の両方が表示されています。IME のバージョン情報で確認してみたのですが、どちらのシステムを利用しているのか表示されません。こんな場合、どちらを入れたらいいのでしょう?

Office 2010 を搭載していないのに、Windows Update の「重要」で「Microsoft Office 2010 SP1」が表示されるのでびっくりされる方が多いようです。Office IME 2010のみを持っている場合も、アップデートの対象となるようで表示されます。

さて、Office IME 2010 のみの場合は、どちらを使ったらいいのか?ということで確認してみたのですが、確かに IME のバージョン情報では、どちらのシステムを使っているのか確認できませんでした。

Office IME 2010 のバージョン情報を確認する方法

  1. 言語バーの「ヘルプ」をクリック
    言語バーの「ヘルプ」
  2. 「Microsoft Office IME 2010」-「バージョン情報」をクリック
    image
  3. Office IME 2010 のバージョン情報が表示される
    Microsoft Office IME 2010 のバージョン情報
    ※私の Office IME 2010 は、既に Office 2010 全体のSP1を当てたからか、「SP1」と表記されています。

結論から先に申し上げますと、OS のシステムが 64bit 版であっても、Office IME 2010 のみを追加インストールした場合は、Office 2010 SP1 32bit を選択してください。

非常に多くの方が「自分の OS は、64bit 版なのだから、搭載されているアプリケーションも 64bit 版のはず!」と思っていらっしゃるようですが、実は違うのです。

Office 2010 からは、32bit 版と 64bit 版の両方が用意されています。しかし、普通にインストールすると既定では 32bit 版の Office 2010 でインストールされてしまいます。特にユーザーが「64bit 版を入れよう!」と思わない限り 64bit 版は自動的にインストールされないようになっています。そして、Office 2010 の 32bit 版と 64bit 版の両方をインストールしようと思ってもできないようになっています。また、Office 2007 以前の Microsoft Office 製品は、32bit版しかありません。Office 2007 以前の製品搭載機に、Office 2010 64bit 版を追加インストールしたり、アップグレードインストールすることもできません。
参考:64 ビット版の Office 2010 をインストールする方法

さて、Office IME 2010のダウンロードは、下記ページから行ったことでしょう。

Microsoft Office IME 2010 ダウンロードページ

Office IME 2010 ダウンロード版には、32bit 版しかありません。よって、Office IME 2010 のみを追加インストールした場合は、Office 2010 SP1 32bit 版を選択してください。

ところで、Office IME 2010 のためにSP1を入れ、後々、Office 2010 全体をインストールする際には、IME 2010 をまずアンインストールしてからの方がいいかもしれません。我が家での確認は不能ですが、先に SP1 が入っているのに、後から、SP なしをインストールするとか、32ビット版の SP1 が入っている所に、Office 2010 64ビット版をいれるとかは、問題が起きそうです。IME 2010 のみを追加インストールした場合は、この辺をご留意ください。

2011年7月5日 追記:
IME 2010 のバージョン情報に「SP1」の文字がないという情報をいただきました。詳細は、IME 2010 のみを追加インストールした場合の Office 2010 SP1 について(その2)でご確認ください。

« Office 365 Lync 2010 のオンライン会議でホワイトボードを使ってみた | トップページ | 「Windows Live サインイン アシスタント」が働いていない? »

MS Office」カテゴリの記事

MS-IME」カテゴリの記事

Windows Update」カテゴリの記事

コメント

おぉ,どうもありがとうございましたhappy02

しかし,なかなか難しいですね。32ビットのIMEで64ビットのIEなどにも日本語変換が効くのなら,プラグインも動作するようにすればいいのに!と思ってしまいました。
う~ん,ものすごく素人考え的に単純化して考えてみると,IMEが32ビットでも別に64ビットのIE自体から呼び出されるわけではないので問題ない,といった感じなのでしょうかねcatface

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/52083194

この記事へのトラックバック一覧です: IME 2010 のみを追加インストールした場合の Office 2010 SP1 について:

« Office 365 Lync 2010 のオンライン会議でホワイトボードを使ってみた | トップページ | 「Windows Live サインイン アシスタント」が働いていない? »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ