« Google で検索すると一文字ごとに検索結果が表示される! | トップページ | Google インスタント検索を使ってみた »

2011年5月 3日

Office 365 Beta に参加できるユーザーを追加登録する

Microsoft Office 365 Beta のIDが届きました で、Office 365 のドメイン名を作成すると、「Microsoft Office 365 Beta (プラン P1) へようこそ!」と言うメールが届きました。そこには、「サインインして今日からご利用いただけます。」として、Office 365 へサインインできる URL が記載されていました。アクセスしてみると、私が作ったサインイン時に使う ID が表示されています。

Office 365 Beta サインインページ

「サインイン」ボタンをクリックすると「パスワード」入力欄が表示されました。「パスワード」を入力し、再度「サインイン」ボタンをクリック。   
Office 365 サインイン画面    
※ここで「パスワードの保存」にチェックを付けると、「サインアウト」をクリックするまでサインインの状態が保たれます。

Office 365 Beta の管理ホーム ページが開きました。

Office 365 Beta の管理ホーム ページ

Office 365 は、会社や諸団体と言った複数のメンバーで利用できるのですが、そのためには、その人を迎え入れなければなりません。そこで、まずは、「チームでの利用を開始」にある「新しいユーザーを追加する」を使ってみました。下記のようにして、Office 365 Beta に参加できるユーザーを追加登録します。

  1. 「チームでの利用を開始」の「新しいユーザーを追加する」をクリック      
    「チームでの利用を開始」の「新しいユーザーを追加する」
  2. 新しいユーザーの「プロパティ」が開きました。      
    新しいユーザーの「プロパティ」      
    これから追加する人の「姓」「名」「表示名」そして、ID として使う「ユーザー名」を入力します。      
    「姓」「名」は入力しなくてもいいようです。「表示名」と「ユーザー名」は必須です。「表示名」は日本語表記でも大丈夫ですが、ユーザー名は半角英数字で入力します。      
    また、「追加のプロパティ」を開くと、役職や部署など入力することができます。      
    「追加のプロパティ」を開いたところ
  3. 入力できたら「次へ」ボタンをクリック。
  4. 「設定」へ移動します。      
    新しいユーザーの「設定」      
    「アクセス許可の割り当て」では、追加登録したい人に管理者権限を与えるかどうか決めます。 なお、管理者権限を与えると、メールアドレスを入力するよう欄が表示されます。Office 365 で作成したユーザーIDか、追加登録したい人のメールアドレスを入力します。      
    「アクセス許可の割り当て」で「管理者権限」を与えたところ
    なお、新規ユーザーは、管理者権限を与えても「管理者」にはなれませんので、「管理者」ができても、管理者権限を与えられた人にはできないことがあります。詳しくは、Office 365 Beta で「アクセス許可の割り当て」の違いをご参照ください。
  5. 「ユーザーの所在地の設定」で、追加登録したい人が住んでいる国を選択します。
  6. 選択できたら「次へ」ボタンをクリック。
  7. 「ライセンスの割り当て」が表示されます。      
    「ライセンスの割り当て」      
    私のOffice 365 Beta は、Small Businessなので、この「Microsoft Office 365 プラン P1」の「Lync Online(P1)」「SharePoint Online (P1)」「Exchange Online (P1)」は、25ライセンスまで使えます。1つは既に自分自身で利用済みですので、残り24ライセンスを参加メンバーに割り当てるのかどうか決めます。
  8. 決めたら「次へ」ボタンをクリック。
  9. 「結果を電子メールで送信」のページへ移動します。「電子メールを送信する」にチェックを付けると登録した内容を自分や他のメンバーにメールで知らせることができます。メルアドレスの入力は5つまで可能。メール アドレスを ;(セミコロン)で区切って入力します。      
    「結果を電子メールで送信」のページ
  10. 入力できたら、「作成」ボタンをクリック。
  11. しばらく待ちます。
  12. 結果として「ユーザー名」と「一時パスワード」が表示されますのでよく確認します。結果を電子メールで送信した場合は、同じ内容がメールで送信されています。

以上で追加登録したメンバーも、「ユーザー名」と「一時パスワード」を使って、Office 365 Beta サイトへサインインできるようになりました。一時パスワードの有効期限は90日です。できるだけ早く、届いたメールでサインインしてください。すると「パスワードの更新」を促されます。指示に従って、一時パスワードから新しいパスワードを作成し、Microsoft Office 365 Beta のIDが届きましたを参考にセットアップを行ってみてください。

※注意    
結果メールは、件名が「新規ユーザー アカウントまたは変更済みユーザー アカウントの情報」で届きます。HTML形式のメールなのですが、「ユーザー名」と「一時パスワード」の部分はこんな風に記載されていました。    
結果メールの「ユーザー名」と「一時パスワード」の部分

「ユーザー名」は「△△@○○.onmicrosoft.com」と言う文字列の部分です。そして、「一時パスワード」は、ユーザー名の後ろの , から ; の前の部分までの英数字です。この , や ; を含めて入力し、サインインしようとすると「Microsoft Online Services ID またはパスワードが間違っています。もう一度やり直してください。」と表示されてしまいます。一時パスワードは英数字8文字ですので、記号を含めてしまわないようにご注意ください。

2011年5月6日 追記:      
「新規ユーザー アカウントまたは変更済みユーザー アカウントの情報」で送られてくる「ユーザー名」と「一時パスワード」の部分が修正されました。わかりやすい表示になりました。「一時パスワード:」の気になる改行も修正されています。    
修正された「ユーザー名」と「一時パスワード」の部分    
しかも、「ユーザー名」と「一時パスワード」の部分をマウスでドラッグして選択すると、必要な文字列の部分しか選択できないようになっていました。

では、もう一つ気になる部分を加えておきましょう。このメールの文頭の辺り。

Office 365 Beta から送信されてくる「新規ユーザー アカウントまたは変更済みユーザー アカウントの情報」メールの文頭あたり

「ユーザー アカウントが作成または変更されました」のフォント サイズが大きいようで、枠からはみ出て、文字が欠けています。読めないことはないのですが、変ですから修正お願いします。

« Google で検索すると一文字ごとに検索結果が表示される! | トップページ | Google インスタント検索を使ってみた »

Office 365」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/51567055

この記事へのトラックバック一覧です: Office 365 Beta に参加できるユーザーを追加登録する:

« Google で検索すると一文字ごとに検索結果が表示される! | トップページ | Google インスタント検索を使ってみた »

Translator


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ