« Windows Live Messenger のリモート アシスタンスで招待ができない場合 | トップページ | J!ResQ for iPhone をインストールしてみた »

2011年3月19日

Windows 7 と XP でリモート アシスタンスを利用するには?

Windows XP では、リモート アシスタンスのファイルを送付するのは、「友人を招待する」-「招待をファイルとして保存する」から相手に渡せばいつでもリモート アシスタンスで繋げられました。Windows XP と Windows 7では、どのようにするとできるのでしょうか。

リモート アシスタンスのやり方は、過去に Windows Vista での方法を下記で紹介しました。

Vista のリモート アシスタンスで助けてもらうには?

Vista のリモート アシスタンスで助けるには?

Windows Live Messenger のリモート アシスタンス

また、Windows の設定の確認方法は下記の通り。
Windows Live Messenger のリモート アシスタンスで招待ができない場合

Windows 7で再度確認してみましたが、基本的なやり方は変わりありませんでした。そして、XP と Windows 7 の間でも、リモート アシスタンスは利用できます。また、一番簡単なやり方は、Windows Live Messenger を介する方法でしょう。[スタート]メニューにある「リモート アシスタンス」から招待もできますが、それも、Windows Live Messenger が起動している方が簡単に招待できます。

まず、各Windows には、最新版の Windows Live Messenger をインストールしましょう。現在の最新版は、Windows XP は、Windows Live Messenger 2009です。そして、Vista や Windows 7 は、Windows Live Messenger 2011が利用可能です。ダウンロードは下記ページを利用なさってみてください。

Windows XP 用 Windows Live Messenger

Windows Live Messenger 2011

では、実際に リモート アシスタンスへ招待する方法です。

XP から Windows 7 を招待する

  1. Windows Live Messenger を起動し、オンライン状態でサインインします。
    なお、リモート アシスタンスに招待する相手も Windows Live Messenger にオンライン状態でサインインしている必要があります。時間を決めておくといいでしょう。
  2. オンライン状態になっている相手の「インスタント メッセージ送信」画面を開きます。
    Windows Live Messenger 2009の「インスタント メッセージ」送信画面
    何か会話をしておくと良いでしょう。
  3. メニューバーの「アプリ」をクリックし、「リモート アシスタンスに招待」をクリックします。 
    メニューバーの「アプリ」をクリック
  4. すると、自分のチャット画面に
    リモート アシスタンスに招待しました。返答を待つか、キャンセル (Alt+Q) を選んでください。
    と表示されますのでしばらく待ちます。
    なお、相手のチャット画面には、
    リモート アシスタンス に招待されました。招待を承諾 (Alt+C) しますか?それとも、辞退 (Alt+D) しますか?
    と表示されています。      
    相手には、承諾をクリックするか、Alt+C キーを押してもらいましょう。
  5. 相手が承諾すると、今度は、チャットの画面に招待者の名前で「リモート アシスタンス への招待を承諾しました。」と表示されますので、再びしばらく待ちます。
  6. しばらくすると、下記のような「リモート アシスタンス」のメッセージ画面が開きます。「はい」をクリックして許可します。
    リモート アシスタンスの招待を行けいれ、このコンピュータに接続する準備を整えました。友人にこの画面を表示すること、およびチャットすることを許可しますか?
  7. お互いが接続を許可すると、「リモート アシスタンス」のコンソールが起動し、相手にあなたのパソコンの画面が見えるようになります。
    「リモート アシスタンス」のコンソールが起動したXP

Windows 7 から XP を招待する

  1. Windows Live Messenger を起動し、オンライン状態でサインインします。
    なお、リモート アシスタンスに招待する相手も Windows Live Messenger にオンライン状態でサインインしている必要があります。時間を決めておくといいでしょう。
  2. オンライン状態になっている相手の「インスタント メッセージ送信」画面を開きます。
    Windows Live Messenger 2011の「インスタント メッセージ」送信画面
    何か会話をしておくと良いでしょう。
  3. チャット入力欄の下にある「アプリ」をクリックし、「リモート アシスタンスに招待」をクリックします。
    image
    「アプリ」が見当たらない場合は、「その他のコマンド」である ≫ をクリックしてみてください。
  4. すると、自分のチャット画面に「リモート アシスタンス に招待しました。返答を待つか、キャンセル (Alt+Q) を選んでください。」 と表示されますのでしばらく待ちます。
    なお、相手のチャット画面には、「リモート アシスタンス に招待されました。招待を承諾 (Alt+C) しますか?それとも、辞退 (Alt+D) しますか?」と表示されています。
    相手には、承諾をクリックするか、Alt+C キーを押してもらいましょう。
  5. 相手が承諾すると、今度は、チャットの画面に招待者の名前で「リモート アシスタンス への招待を承諾しました。」と表示されますので、再びしばらく待ちます。
  6. しばらくすると、下記のような「リモート アシスタンス」のメッセージ画面が開きます。「はい」をクリックして許可します。
    image
  7. お互いが接続を許可すると、「リモート アシスタンス」のコンソールが起動し、相手にあなたのパソコンの画面が見えるようになります。 
    「リモート アシスタンス」のコンソールが起動した Windows 7

2012年1月25日 追記:
現在、XP から Windows Live Messenger のアプリを使って、リモート アシスタンスしようとしても、招待できないという現象が起こっています。詳細は、XP から Windows Live Messenger を使って リモート アシスタンスしたいでご確認ください。

« Windows Live Messenger のリモート アシスタンスで招待ができない場合 | トップページ | J!ResQ for iPhone をインストールしてみた »

Windows 7」カテゴリの記事

Windows Live」カテゴリの記事

アクセシビリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/51164099

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 と XP でリモート アシスタンスを利用するには?:

« Windows Live Messenger のリモート アシスタンスで招待ができない場合 | トップページ | J!ResQ for iPhone をインストールしてみた »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ