« Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の SP1 の RC版が公開 | トップページ | Windows Live メール 2011 の「アドレス帳」で目的の人を簡単に見つけたい »

2010年11月 2日

Live メール 2011で「テキスト形式」で返信や転送した場合

Windows Live メール 2011 の「テキスト形式」で返信や転送した際に、オリジナルメッセージのヘッダにメールアドレスが表示されないことに気がつきました。

「メール送信の形式」を「テキスト形式」で設定した Windows Live メール 2011で、任意の「テキスト形式」の受信メールで「返信」や「転送」ボタンをクリックします。すると、その受信メールでの「返信作成」画面、もしくは「転送作成」画面が表示されます。本文中には受信したメールのオリジナルメッセージが表示されます。その上の部分、メールのヘッダが表示されるのですが、「From:」や「To:」の部分が名前だけでメールアドレスが表示されていないのです。

Windows Live メール 2011 で返信した際のヘッダ

同じようにして、Windows Live メール 2009で「返信作成」・「転送作成」画面にしてみます。Windows Live メール 2009では、オリジナルメッセージのヘッダにメールアドレスが表示されました。

Windows Live メール 2009 で返信した際のヘッダ

これは、どうも、「テキスト形式」での問題のようです。「メール送信の形式」を「HTML形式」に変更して「返信作成」・「転送作成」画面にしてみると、ハイパーリンクでになりますが、メールアドレスが表示されました。

Windows Live メール 2011でも「HTML形式」で返信すればハイパーリンクでメールアドレスが入る

なお、いったん、「テキスト形式」で「返信作成」・「転送作成」画面を表示させてから「HTML形式」に変更したのでは、上記のように「From:」や「To:」にハイパーリンクは作成されません。

返信をする際は良いのですが、転送する際は、どんなメールアドレスの人の転送なのか、わかりません。Windows Live メール 2011でメールを転送する際は、どなたからの転送メールなのか、メールアドレスを書き加えてみてください。

« Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の SP1 の RC版が公開 | トップページ | Windows Live メール 2011 の「アドレス帳」で目的の人を簡単に見つけたい »

Windows Live」カテゴリの記事

メール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/49917437

この記事へのトラックバック一覧です: Live メール 2011で「テキスト形式」で返信や転送した場合:

« Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の SP1 の RC版が公開 | トップページ | Windows Live メール 2011 の「アドレス帳」で目的の人を簡単に見つけたい »

Translator


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ