« Windows Live Mesh 2011 で「プログラム設定を同期する」を使ってみた | トップページ | 過去のバージョンの IME の「ユーザー辞書」を Office IME 2010で使いたい »

2010年11月13日

IME の「ユーザー辞書」をバックアップする際

Office IME 2010 を使う際、過去のバージョンで使っていた「ユーザー辞書」を利用したいと思うことでしょう。過去のバージョンのユーザー辞書は、Office IME 2010でも使えるのでしょうか?

参考:旧バージョンの Microsoft IME で登録した単語を追加する - サポート - Microsoft Office

Office IME 2010 のユーザー辞書に取り込める辞書やファイルは、下記の通りです。

  • Microsoft Office IME 2007 ユーザー辞書
  • Microsoft Office IME 2003 ユーザー辞書
  • Microsoft Office IME 2002 ユーザー辞書
  • Microsoft Office IME 2000 ユーザー辞書
  • Microsoft IME 形式テキスト ファイル

これを見ると、Office IME ならば取り込めるようです。

さて、Microsoft Office IME 2010 の辞書形式は、過去のバージョンに比べ改良、拡張されています。そのため、ユーザー辞書の一部の項目が追加されない、もしくは、全く取り込めないということもあるとのことです。また、変換の仕組みが違うため、用例は、Microsoft Office IME 2010 に取り込むことができません。

そこで、IME のユーザー辞書をバックアップする際は、「ユーザー辞書」形式と「テキスト ファイル」形式の二通りの方法で取っておくことをお勧めします。

作業の仕方は、Windows XP の Office 2003で説明しますが、下記のように行います。

「ユーザー辞書」形式での保存方法

  1. 言語バーの「ツール」をクリックし、表示されるメニューの「プロパティ(R)」をクリック。
    言語バーの「ツール」をクリックして表示されるメニュー
  2. 「Microsoft IME スタンダードのプロパティ」画面が表示されますので「辞書/学習」タブをクリック
  3. 「ユーザー辞書」項目の「参照(B)」ボタンをクリック。
    「Microsoft IME スタンダードのプロパティ」の「辞書/学習」タブ
  4. 「ユーザー辞書の設定」画面が表示されます。ここに見えるファイルがお使いの IME の「ユーザー辞書」ファイルです。「ユーザー辞書」ファイルの上で右クリックし、表示されるメニューの「コピー(C)」をクリック。
    「ユーザー辞書の設定」画面 「ユーザー辞書」ファイルの上で右クリックしたところ
  5. 「デスクトップ」や「マイ ドキュメント」などわかりやすい場所に Ctrl+V キーを押して貼り付けます。
  6. 「キャンセル」ボタンを押していって、「ユーザー辞書の設定」画面と「Microsoft IME スタンダードのプロパティ」画面を閉じます。

「テキスト ファイル」形式での保存方法

  1. 言語バーの「ツール」をクリックし、表示されるメニューの「辞書ツール (T)」をクリック。
    言語バーの「ツール」をクリックすると表示されるメニュー
  2. 「Microsoft IME 辞書ツール」が開きますので「ツール」-「一覧の出力(P)」をクリック。
    「Microsoft IME 辞書ツール」で「ツール」を開いたところ
  3. 「一覧の出力:単語一覧」が表示されるので、「保存する場所」をデスクトップと言ったわかりやす場所を指定し、「保存」ボタンをクリック。
    「一覧の出力:単語一覧」画面
  4. 書き出しが始まるので、しばらく待ちます。
  5. 「一覧の出力」で「一覧の出力を終了しました」と表示されたら「終了」ボタンをクリック。
    「一覧の出力」の「一覧の出力を終了しました」画面
  6. 「辞書ツール」を×ボタンで閉じます。

こうやって書きだした2つのファイルは、USB メモリーと言ったパソコンの外にも保存しておきましょう。
IME の「ユーザー辞書」形式と「テキスト ファイル」のファイル

書き出した IME のユーザー辞書を Office IME 2010で取り込む方法は、過去のバージョンの IME の「ユーザー辞書」を Office IME 2010で使いたいをご参照ください。

« Windows Live Mesh 2011 で「プログラム設定を同期する」を使ってみた | トップページ | 過去のバージョンの IME の「ユーザー辞書」を Office IME 2010で使いたい »

MS Office」カテゴリの記事

MS-IME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/50017998

この記事へのトラックバック一覧です: IME の「ユーザー辞書」をバックアップする際:

« Windows Live Mesh 2011 で「プログラム設定を同期する」を使ってみた | トップページ | 過去のバージョンの IME の「ユーザー辞書」を Office IME 2010で使いたい »

Translator


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ