« Outlook Express で複数の人にメールを送りたい | トップページ | Internet Explorer 9 Beta 公開 »

2010年9月14日

Windows Live メールで複数の人にメールを送りたい

Windows 7 で Windows Live メールを使っています。同じメールを複数の人に送りたいのです。以前は、Windows XP の Outlook Express を使っていて「グループ」でできました。Windows Live メールでは、どうすると良いのでしょう?

Outlook Express の場合は、Outlook Express で複数の人にメールを送りたいで、紹介しました。Windows Live メールでもあまり変わりはありません。Windows Live メールのアドレス帳には「グループ」はなくなったのですが、代わりに「カテゴリ」ができました。そして、入力方法が Outlook Express の頃と違うやり方ができるようになり、便利になりました。

Windows Live メール のアドレス帳で「カテゴリ」を作る方法

  1. Windows Live メールを起動
  2. 左下の「ショートカット」欄より「アドレス帳」をクリック
    Windows Live メールの左下にある「ショートカット」
  3. アドレス帳が開いたら、Windows Live メール 2009の場合は、左下にある「新しいカテゴリの作成」をクリック
    Windows Live メール 2009 のアドレス帳左下 
    なお、Windows Live メール 2011 Beta の場合は、「新規作成」にある「分類」をクリックします。
  4. 「新しいカテゴリの作成」が開きますので、「カテゴリ名の入力」欄にカテゴリ名を入力します。下記の画像では「友達」と入力してみました。 
    新しいカテゴリの作成
  5. 「カテゴリに追加する連絡を選択してください」には、アドレス帳に登録されている人たちが並んでいます。一覧をスクロールしながら見つけ出し、クリックします。すると、下の白い欄に表示されます。
    表示されている名前をクリックすると下に表示される
    取り消したい場合は、同じ名前の人を再度クリックしてみてください。
  6. このカテゴリに入れたい人をすべて選択し終えたら「保存」ボタンをクリックします。
  7. アドレス帳の「すべてのメンバー」の下に今作ったカテゴリが表示されます。
    アドレス帳の左の欄「すべてのメンバー」の下に作成された「カテゴリ」が表示される

なお、カテゴリは複数作成することも可能です。そして、一つの連絡先に対して複数のカテゴリを割り当てることもできます。同報で送信するグループに応じて仕分けするだけでなく、Outlook Express のアドレス帳のように、カテゴリをフォルダの代わりに使ってもいいでしょう。

Windows Live メールで「カテゴリ」を使ってメールを作成する方法

アドレス帳にカテゴリができたら、下記のようにして「メッセージの作成」でアドレス帳で作ったカテゴリを入力します。すると、自動的にカテゴリに登録された人たちに届くメールが出来上がります。ただ、そのやり方は、Outlook Express の頃とは違い、かなり簡単方法でできるようになりました。Outlook Express の時のように「宛先」等をクリックして「電子メールの送信」から該当カテゴリを見つけて…としてもよいのですが、もっと簡単にできる方法があります。

なお、画像は、Windows Live メール 2009で説明しますが、2010 Beta でも変わりありません。

  1. Windows Live メール で「メッセージの作成」を開く
  2. 「宛先」欄や「CC」欄、もしくは、「BCC」欄で宛先にしたい「カテゴリ」名を入力します。 
    「宛先」欄で入力中
    なお、「宛先」や「CC」、「BCC」のの使い方については、同報メールについてをお参照ください。
  3. 日本語の場合は、変換します。すると、候補として該当カテゴリ名が表示されることでしょう。
    宛先欄で変換すると候補が表示される 
    ※変換途中の場合は、Enter キーを押して確定してください。
  4. 複数候補が表示された場合は、マウスで今回使いたいカテゴリをクリック。
    image
  5. 「宛先」欄に送信したいカテゴリが入力されます。
    アドレス帳の「カテゴリ」名が表示されている「メッセージの作成」

なお、この方法は、カテゴリの入力だけでなく、普通に宛先を入力したい場合も有効です。相手の名前だけでなく、メールアドレスの一部を入力しても候補を表示してくれることでしょう。

参考:Windows Live メールのアドレス帳で目的の人を簡単に見つけたい

さて、本当に、そのカテゴリで目的の人たちが宛先欄に入力できたかどうか、確認したい場合は、一度、「下書き」フォルダに保存するために「保存」をクリックして、「メッセージの作成」ウインドウを閉じましょう。「下書き」フォルダから、今書いたメールをダブルクリックして開きます。すると今度は、宛先欄に送りたい方々のお名前が全員表記されるはずです・・・。

と紹介しましたが、もっと簡単な方法がありました。カテゴリ名の左にある「+」をクリックします。

「カテゴリ名」の左にある「+」

「+」をクリックすると展開されて、「カテゴリ」内に登録されている人たちの名前が表示されることでしょう。

間違いなく全員入力されているかどうか確認、「送信」をクリックして、いつもどおり送信してみてください。

参考:Windows Live ヘルプ:連絡先をカテゴリに分けて管理する

引き続き、Windows Live メール 2011で複数の人にメールを送りたい(2)もどうぞ。

« Outlook Express で複数の人にメールを送りたい | トップページ | Internet Explorer 9 Beta 公開 »

Windows Live」カテゴリの記事

メール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/49447778

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Live メールで複数の人にメールを送りたい:

« Outlook Express で複数の人にメールを送りたい | トップページ | Internet Explorer 9 Beta 公開 »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ