お知らせ

Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« Windows Live メール 2010 Betaでプレビュー ウィンドウを非表示にした場合 | トップページ | XP に Office 2010 を入れたら OE でスペルチェックができない »

2010年8月 2日

Windows Live メール 2009 の「メッセージの作成」で文字を大きくしたい

Windows Live メール 2010 Beta の「メッセージの作成」画面でのフォント変更は?の続き。

上記ページで紹介した「テキスト形式」の「メッセージの作成」画面でメール本文の文字を大きく表示したい場合のやり方は「メールを読む際のフォントサイズの変更方法」という指摘がありました。

そんなことはありません。ご紹介した方法は、メールのプレビュー画面だけでなく、「メッセージの作成」画面でも反映されます。

ということで、ちゃんと反映されることを確認するために、従来の Windows Live メール 2009で作業してみましょう。

  1. Windows Live メール 2009を起動
  2. メニューバーの「ツール」より「オプション」をクリック
    メニューバーが表示されていない場合は、Alt キーを押すと表示される
  3. 「オプション」の「読み取り」タブを開く
  4. 「メッセージの読み取り」にある「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックが付いている場合は、チェックを外し、「適用」ボタンをクリック。
  5. 「フォント」内にある「フォント」ボタンをクリック
    「オプション」の「読み取り」タブ
  6. 「フォント」が開くので「フォントの設定」が「日本語」になっていることを確認。
  7. 「フォント サイズ」を「中」から「大」もしくは「最大」に変更。
    image 
    ※わかりやすいよう「最大」に設定してみます。
  8. 「OK」ボタンをクリックし、「オプション」も「OK」ボタンで閉じます。

以上で、テキスト形式の「メッセージの作成」画面、および、メールのプレビューの文字のサイズが大きくなります。

フォントサイズが「中」場合の「メッセージの作成」画面とメールのプレビュー画面

フォントサイズが「最大」場合の「メッセージの作成」画面とメールのプレビュー画面

なお、この方法は、Windows Live メールだけでなく、Windows XP の Outlook Express や Windows Vista の Windows メールでも有効です。

« Windows Live メール 2010 Betaでプレビュー ウィンドウを非表示にした場合 | トップページ | XP に Office 2010 を入れたら OE でスペルチェックができない »

メール」カテゴリの記事

Windows Live」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Windows Live メール 2010 Betaでプレビュー ウィンドウを非表示にした場合 | トップページ | XP に Office 2010 を入れたら OE でスペルチェックができない »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ