« Office 2010 互換フォント | トップページ | Excel 2010 でも日本語の読み上げ機能を使う方法 »

2010年7月10日

Office Web Apps で作成したファイルを開きたい

SkyDrive 上で、Word ファイルを作成しました。そして、Web 上ではなく自分のパソコンの Word で開こうと思い「Word で開く」をクリックしてみました。しかし、「この文書を開くには、コンピューターに Microsoft Word がインストールされており、Web ブラウザーで から直接ファイルを開くことがサポートされている必要があります。」と表示されてしまいました。私のパソコンにはOffice 2007がインストールされています。これでは開けないのでしょうか?

Office Web Apps で Office 製品のファイルを閲覧すると、各アプリケーションを直接開けるアイコンが見つかります。

Excel Web Apps の「Excel で開く」アイコン

Word Web Apps の「Word で開く」アイコン

PowerPoint Web Apps の「PowerPoint で開く」アイコン

OneNote Web Apps の「OneNote で開く」アイコン

この他、各Web App の編集画面では、「ホーム」タブ内のリボンで見つかることでしょう。

Excel Web App の編集画面

まずは、そこをクリックして正常に開くタイプの場合です。

各Office製品の「開く」をクリックすると「ドキュメントを開く」の注意メッセージが表示されます。

ファイルによっては、コンピューターに問題を起こす可能性があります。以下のファイル情報に関して疑わしい点がある場合や、ファイルの入手元を完全に信頼できない場合は、ファイルを開かないでください。

よく確認して、「OK」ボタンをクリックします。

すると、開こうと思う Officeの該当アプリケーションが起動し、Windows Live ID とそのパスワード入力欄が表示されます。

Excel 2010 と Windows Live ID 入力欄

Windows Live ID とパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックすると、Web App で作成したファイルが、自分のパソコン内で開きます。

そして、質問者さんのように正常に開かないタイプの場合。

各Office製品の「開く」をクリックすると「ドキュメントを開く」警告の代わりに、下記のようなエラーが表示されます。

Microsoft Word Web App のメッセージ「この文書を開くには、コンピューターに Microsoft Word がインストールされており、Web ブラウザーで から直接ファイルを開くことがサポートされている必要があります。」

この Microsoft Word Web App のメッセージには、質問者さんから寄せられたメッセージも表記されていますが、注目して欲しいのは、その下です。

「以前のバージョンの Office をお持ちの方も、そうでない方も、Microsoft Office 2010 を無料でお試しいただけます。」

つまり、このメッセージが表示されるタイプは、Web App 上から「開く」コマンドを使うために Office 2010 がインストールされている必要がある、ということになります。

ということで、2010年7月現在、このメッセージ画面の「Office 2010 を試す」をクリックすると、評価版のOffice 2010をインストールできます。

Office 2010 評価版ほかダウンロード提供中: Microsoft Office 2010

この評価版の試用期間は、60日間とのことです。

しかし、Web App の「開く」コマンドを使うためには、Office 2010 を搭載していないといけないのか!?というと、そうでもないのです。例えば、我が家の Office 2007 しか搭載していない Windows 7 で確認してみると、「ドキュメントを開く」の注意メッセージが表示された後、下記の画像のように Office 2007の該当アプリケーションが起動し、Windows Live ID とそのパスワード入力欄が表示されました。

image

ここで、Windows Live ID とパスワードを入力すると、Office 2007 製品のみでも、Web App のファイルを直接開くことができました。

これが、質問者さんの環境とどう違うのか?どうも、何度か、Office 2010 搭載機で Office Web App にアクセスしてからだと、Office 2010 非搭載機でもうまく行くようです。この辺は、また何かわかり次第お知らせします。

とりあえず、Office Web Apps で作成したファイルを使いたいけれども、Office 2010 をインストールしたくない場合は、Office Web Apps で作成したファイルをダウンロードしたい で紹介した方法でダウンロードしてからお使いください。ただし、ダウンロードしたファイルは、Office 2010 形式で作成されています。お使いの Office 製品のバージョンによっては、互換パックのダウンロードを求められることがありますのでご注意ください。

« Office 2010 互換フォント | トップページ | Excel 2010 でも日本語の読み上げ機能を使う方法 »

MS Office」カテゴリの記事

Windows Live」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/48842478

この記事へのトラックバック一覧です: Office Web Apps で作成したファイルを開きたい:

« Office 2010 互換フォント | トップページ | Excel 2010 でも日本語の読み上げ機能を使う方法 »

Translator


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ