« Office Web Apps で作成したファイルを開きたい | トップページ | Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 (SP1) Beta 公開 »

2010年7月13日

Excel 2010 でも日本語の読み上げ機能を使う方法

Office 2010 で読み上げ機能を追加するの続き。

先に紹介した際は、Word 2010や PowerPoint 2010、そして、Outlook 2010であれば日本語で書いてある内容を読み上げてくれるようになりました。しかし、Excel 2010 だけが英数字だけの読み上げで、日本語の部分を読み上げません。これは、Excel 2010が日本語のTTSエンジンである「Haruka」ではなく、OS の「音声合成」である「Microsoft Anna - English」を使ってしまうからだとわかりました。

Office 2003/2002 日本語版を同時に搭載している場合は、Excel 2003/2002 が持っている音声合成を使うと日本語で読み上げてくれます。しかし、Office 2010単体搭載機の場合は、それができません。

さて、どうしたものか!?と思っていたところ、Excel 2010 で日本語エンジンの「Haruka」を使わせる方法を Office 2007/2010・リボンのカスタマイズ 初心者備忘録 の「きぬあさ」さんに教えていただきました。きぬあさ さん!情報提供に感謝いたします。

その方法なのですが、マクロを使います。それと、Excel 2010 が日本語エンジンに対応するまでの一時しのぎ的な対処方法です。

マクロを実行するには、事前に SpeechPlatformRuntime.msi と MSSpeech_TTS_ja-JP_Haruka.msi をインストールします。やり方は、Office 2010 で読み上げ機能を追加するを参考にしてみてください。

Excel 2010 でマクロを使う準備をする

今回は、Excelに「マクロ」という自分で作ったプログラムを使わせるという作業をします。まずは、Excel 2010 に「開発」タブを表示させましょう。   

  1. Excel 2010 を起動
  2.    
  3. 「ファイル」を開いて「オプション」をクリック
  4.    
  5. 「Excel のオプション」が開いたら、左側の欄より「リボンのユーザー設定」を選択
  6.    
  7. 右にある「リボンのユーザー設定」が「メイン タブ」になっているのを確認
  8.    
  9. 「メイン タブ」の一覧にある「開発」にチェックを付ける      
    「リボンのユーザー設定」が「メイン タブ」一覧
  10.    
  11. 「OK」で「Excel のオプション」を閉じる
  12.    
  13. Excel 2010 のタブに「開発」が追加されたのを確認する      
    Excel 2010 に「開発」タブが表示された

以上で準備が整いました。それでは、早速、マクロを作ってみましょう。   

  1. Excel 2010 の「開発」タブを開く
  2.    
  3. リボン内にある「Visual Basic」をクリック      
    「開発」タブ内にある「Visual Basic」
  4.    
  5. Microsoft Visual Basic for Applications が起動します。      
    Microsoft Visual Basic for Applications
  6.    
  7. 「挿入」から「標準モジュール」をクリック      
    「挿入」を開いたところ
  8.    
  9. 左側の枠に新規の「標準モジュール」が追加され、右側にエディタが開きます。      
    プロジェクト エクスプローラーに「標準モジュール」が追加されエディタが開いたところ
  10.    
  11. エディタ部分に下記のコードをコピーして、貼り付けます。        

    '選択セルの読み上げ         
    Public Sub Sample2()          
      Dim sv As SpeechLib.SpVoice          
      Dim i As Long          
      'セル以外を選択していたら終了          
      If TypeName(Selection) <> "Range" Then Exit Sub          
      '2セル以上選択していたら終了          
      If Selection.Cells.Count > 1 Then Exit Sub          
      Set sv = New SpeechLib.SpVoice          
      For i = 0 To sv.GetVoices.Count - 1          
        If InStr(sv.GetVoices.Item(i).GetDescription, "ja-JP") Then          
          Set sv.Voice = sv.GetVoices.Item(i)          
          Exit For          
        End If          
      Next          
      If InStr(sv.Voice.GetDescription, "ja-JP") < 1 Then Exit Sub          
      sv.Speak Selection.Value          
      Set sv = Nothing          
    End Sub

          
    上記コードを入力したところ 
    ※今回、書いていただいたコードは、「現在選択中のセルを1つだけ読み上げる」というものです。
  12.    
  13. Microsoft Visual Basic for Applications の「ツール」より「参照設定」を開く      
    Microsoft Visual Basic for Applications の「ツール」を開いたところ
  14.    
  15. 「Microsoft Speech Object Library」の「場所」が C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Speech\Platform\v10.1\mssps.dll の方にチェックを入れる。      
    「参照設定」の画面      
    ※「Microsoft Speech Object Library」は、2つ見つかるかもしれません。「Microsoft Speech Object Library」を選択し、一覧の下に表示される「場所」でどちらにチェックを付けるのか確認してください。
  16.    
  17. 「OK」ボタンをクリックして「参照設定」を閉じます。
  18.    
  19. Microsoft Visual Basic for Applications の「ファイル」より「Book1 の上書き保存」をクリック      
    Microsoft Visual Basic for Applications の「ファイル」を開いたところ
  20.    
  21. 「名前を付けて保存」が開くので「ファイルの種類」の▼ボタンを押して「マクロ有効テンプレート」にして、自分のわかりやすい名前を付ける。この際の保存場所ですが、自動的にテンプレートの保存フォルダーに代わることでしょう。そのまま、保存ください。
  22.    
  23. Microsoft Visual Basic for Applications を閉じる。
マクロファイルの使い方   
  1. Excel 2010 を起動し、「ファイル」の「新規作成」から「マイテンプレート」を選択し、今回作成したテンプレートを開く。
  2.    
  3. データを入力する。
  4.    
  5. 読み上げてほしい部分のセルをマウスで1つ選択する
  6.    
  7. 「開発」タブを開き、「コード」内にある「マクロ」をクリック      
    「開発」タブの「コード」内
  8.    
  9. 「マクロ」が開くので「実行」ボタンをクリック      
    「マクロ」ウィンドウ
  10.    
  11. 選択したセルの部分が日本語で読み上げられる。

さて、こうして作ったExcel ファイルの保存時です。自分だけで使い、これからもデータを日本語で読み上げて欲しい場合は、「ファイルの種類」を「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」にして名前を付けて保存してください。よそ様に渡す場合は、マクロを有効にしていても他のパソコンでは読み上げません。マクロを無効にする「Excel ブック(*.xlsx)」、もしくは、「Excel 97-2003 ブック(*.xls)」にして保存します。

ところで、マクロが載っているファイルを開くと、初回のみ「セキュリティの警告」バーが表示されます。そのままでは、マクロが無効になっているので「コンテンツの有効化」ボタンをクリックしてください。   
マクロが載っているExcelファイルを初めて開いた場合

2010年7月16日 追記:    
いちいち、「開発」タブの「マクロ」を開いて「実行」をクリックするのは面倒…と思っていたら。Office 2007/2010・リボンのカスタマイズ 初心者備忘録 の「きぬあさ」さんがリボン内に実行コマンドを組み込んだマクロテンプレートを作ってくださいました。Excelで日本語の読み上げ機能を使う(Excel VBA)でどうぞ。

2012年4月13日 追記:    
きぬあさ さんが日本語の読み上げツールを作ってくださいました。日本語の読み上げツール for Excel 2007/2010の詳細情報 : Vector ソフトを探す!    
使い方は、Excelで日本語の読み上げ機能を使う(Excel VBA)でどうぞ。

2013年4月22日 追記:
Office 2013の場合は、Windows 8 のOffice 2013に読み上げ機能を追加してみたを参照ください。

« Office Web Apps で作成したファイルを開きたい | トップページ | Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 (SP1) Beta 公開 »

MS Office」カテゴリの記事

アクセシビリティ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
私のトコでもページ追加したのを伝えにきたら、もう更新されてる!!
さすがです!!(^-^)

あっ、私の所に載せているコードはちょっとだけ変更しています。
(内部の仕組みは同じものですが)
参照云々する部分が面倒だったので…(^^;

きぬよあさみさん、いらっしゃいませ!
先に気がついてしまいました。bleah
またどうぞ、よろしくお願いいたします。

こんにちは、きぬあさです。

そういえばExcelじゃないですけど、Word 2010って一太郎コンバータ無いですよね~(?_?)
↓にもありましたが。

http://office.microsoft.com/ja-jp/word-help/HA101785405.aspx

コンバータだけ無理矢理旧バージョンから持ってくることもできましたが、公式にはいつ出てくるのか…。
ラムさんの方では何か聞いたことありますか?

きぬあささん、いらっしゃいませ!
「Word 2010の一太郎コンバータ」
さて、私の所では、特に情報をいただいていません。
こういうのは、Word が専門の方に聞いてみてくださいね。

こんにちは。

> さて、私の所では、特に情報をいただいていません。
> こういうのは、Word が専門の方に聞いてみてくださいね。

了解しました!
今度チラッと聞いてみますhappy01

HPを参考に、下記PGをインストールして実行しました。
SpeechPlatformRuntime(x64)
MSSpeech_TTS_ja-JP_Haruka
Set sv = New SpeechLib.SpVoiceところでエラー429が発生してしまいActiveXコンポーネントを作成できませんでしたとなります。
原因がわからず悩んでいます。
私のPCはAcer ASPIRE5741  64ビットだと思います。
ご教示いただけないでしょうか・

さむさん

情報をいただきましたので、お知らせします。
Windows 7 64bit に Office2010 32bit 版をインストールしていませんか?
どうも、そのためのエラーのようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/48866010

この記事へのトラックバック一覧です: Excel 2010 でも日本語の読み上げ機能を使う方法:

» Excel 2010 でも日本語の読み上げ機能を使う方法 [.NET Clips]
素敵なエントリーの登録ありがとうございます - .NET Clipsからのトラックバック [続きを読む]

« Office Web Apps で作成したファイルを開きたい | トップページ | Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 (SP1) Beta 公開 »

Translator


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ