« Office 2010 で読み上げ機能を追加する | トップページ | Microsoft Office 2010 の 64bit 版をインストールする場合 »

2010年6月23日

IME 2010 なのに言語バーがタスク バーに入りません

Windows XP SP3 で Office 2003を使っています。この度公開された Office IME 2010が私の場合も使えるということだったので、インストールしてみました。ところが、Office IME 2010 無償ダウンロード開始で紹介されているような青い言語バーになりません。私のパソコンでは、グレーの言語バーです。そして、タスク バーに入らないのです。これはどうしてなのでしょう?

Windows XP に Office IME 2010 をインストールすると、通常は、こんな青い感じの言語バーになります。

Windows XP での Office IME 2010 言語バー

そして、この青いタイプの言語バーは、右上にある「最小化」のボタンをクリックすると、言語バーをタスク バーに収納することができます。   
言語バーの右上にある「最小化」のボタン

言語バーがタスク バーの中に収納できる

しかし、質問者の場合は、こんなグレーの言語バーになっているとのことでした。

グレーになった言語バー

グレーの言語バーの場合は、右上に「最小化」のボタンが見当たりません。しかし、ヘルプから「バージョン情報」を確認してみるとちゃんと、Office IME 2010なのです。

グレーの言語バーだけどバージョン情報で確認すると「Microsoft Office IME 2010 (14.0.4734.1000)」と表示される

この現象は、Windows XP で「詳細なテキスト サービスをオフにする」を有効にしていると起こります。グレーのタイプ言語バーは、Microsoft IME 2000 互換の言語バーなので、タスク バーに入れることはできません。

Office IME 2007 までは、タスク バーではなく通知領域に入れることが可能でした。しかし、IME 2010では、通知領域に入れることができなくなりました。詳しくは、Windows XP で言語バーを通知領域に入れる方法をご参照ください。

さて、こんな風に「詳細なテキスト サービスをオフにする」を有効にしているのは、以前に IME 関連で不具合があって、必要な処置として、この設定を行ったはずです。例えば、私のブログでもこんな現象が起きている場合は、Windows XP で「詳細なテキスト サービスをオフにする」を有効にするようアドバイスしています。   

下記のようにして「詳細なテキスト サービスをオフにする」を無効にします。しかし、「詳細なテキスト サービスをオフにする」を無効にして、これらの現象が再び起きた場合は、「詳細なテキスト サービスをオフにする」を有効にして使うしかありませんので、ご了承ください。

  1. コントロール パネルから「地域と言語のオプション」をクリック      
    コントロール パネルの「地域と言語のオプション」
  2. 「地域と言語のオプション」が開いたら「言語」タブを開き、「テキスト サービスと入力言語」の「詳細」ボタンをクリック      
    「地域と言語のオプション」の「言語」タブ
  3. 「テキスト サービスと入力言語」が開いたら「詳細設定」タブを開く。
  4. システム構成の「詳細なテキスト サービスをオフにする」に付いているチェックを外す。      
    「テキスト サービスと入力言語」の「詳細設定」タブ
  5. 「OK」ボタンをクリックして、開いていったダイアログボックスを閉じます。
  6. パソコンを再起動させます。

以上で、青いタイプの言語バーになったかどうか、確認します。

なお、Windows Vista や Windows 7 の「地域と言語」では、「テキスト サービスと入力言語」がありません。それなのに、グレーの言語バーになっている場合。

Windows 7だけど言語バーがグレー

「Microsoft Office IME 2010 のプロパティ」-「その他」タブにある「詳細なテキストサービス」ボタンをクリックしてみてください。(この現象は、Office IME 2007 でも同じです)

、「Microsoft Office IME 2010 のプロパティ」の「その他」タブ

「詳細なテキスト サービスの設定」画面が開きますので「詳細なテキストサービスを使用しない」にチェックが付いていたら「詳細なテキストサービスを使用する」に切り替え、「OK」ボタンをクリックします。   
「詳細なテキスト サービスの設定」画面

コンピューターを再起動すると、設定が有効になります。

参考:Microsoft Office「言語バーの操作とトラブルシューティング

« Office 2010 で読み上げ機能を追加する | トップページ | Microsoft Office 2010 の 64bit 版をインストールする場合 »

MS Office」カテゴリの記事

MS-IME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/48702326

この記事へのトラックバック一覧です: IME 2010 なのに言語バーがタスク バーに入りません:

« Office 2010 で読み上げ機能を追加する | トップページ | Microsoft Office 2010 の 64bit 版をインストールする場合 »

Translator


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ