« Windows 7のサウンド ドライバーを更新したい | トップページ | Office 2010 の「ポップヒント」の言語を切り替える »

2010年4月30日

Windows Live メールの「受信トレイ」に赤いバツ印の付いたメールがある!

Windows Live メールを使い始めました。ふと気がつくと「受信トレイ」の中に赤いバツ印の付いたメールが届いていました。このメールは、開けてみても大丈夫なものでしょうか?

「受信トレイ」の中の赤いバツ印とは、多分こんなもの赤いバツ印でしょう。

こんな印のメールを受信した際には、Windows Live メールから下記のような案内もあったはずです。

赤いバツ印のメールと共に現れる Windows Live メールからのメッセージ 今回は「フィッシング詐欺メールの可能性がある」と警告しています。

Windows Live メールでは、このメッセージの案内を見れば、赤いバツ印赤いバツ印の付いたメールにどんな警告が含まれているのかわかるという仕組みになっています。

しかし、このメッセージには「今後、このダイアログを表示しない」というチェックボックスがあります。ここにチェックを付けてしまうと、次回同じような赤いバツ印のメールが届いてもどういう警告なのかわからないかもしれませんね。

こんな印の付いたメールを開けてみても大丈夫かどうかなのですが・・・。上記のような警告のメッセージが表示されない場合は、もうメールを開いてみないとわかりません。

ウイルス対策ソフトをきちんと搭載してあれば、大丈夫なはずです。開けた途端に感染するようなウイルスが仕込まれたメールであれば、ウイルス対策ソフトが別に働いて違う案内を出すはずですからね。

さて、赤いバツ印のメールをプレビュー画面で表示させると下記のように、警告メッセージが表示されます。

メールのプレビュー画面に表示される警告メッセージ「フィッシング詐欺メールの可能性がある」と警告している 
これで、赤いバツ印の警告がどういうものか、わかります。後は、本文をよく読んで判断しましょう。

なお、フィッシング詐欺の警告だけでなく、「添付ファイルにウイルスが含まれています」や下記のような「疑わしい差出人です」というタイプもあります。どうぞ、ご留意ください。

「疑わしい差出人です」送信元のアドレスの信頼性を確認できませんでした。リンクまたは添付ファイルをクリックする前に、メッセージの内容を確認するか、差出人にお問い合わせください。

参考:Windows Live メール ヘルプ:「ウイルスや迷惑メールからのコンピューターの保護」

« Windows 7のサウンド ドライバーを更新したい | トップページ | Office 2010 の「ポップヒント」の言語を切り替える »

Windows Live」カテゴリの記事

メール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/48222684

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Live メールの「受信トレイ」に赤いバツ印の付いたメールがある!:

« Windows 7のサウンド ドライバーを更新したい | トップページ | Office 2010 の「ポップヒント」の言語を切り替える »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ