« Office 2010 RTM をインストールしてみました | トップページ | 次期 Windows Home Server ベータ版が一般公開 »

2010年4月25日

製品版 Microsoft Office IME 2010

Office 2010 RTM をインストールしてみましたので、いろいろ確認してみています。とはいえ、Word 2010や Excel 2010などに関しては、また専門の方々にお任せすることにして、このブログでは、Office IMEに関してを紹介いたしましょう。

過去にテクニカル プレビュー版 Microsoft Office IME 2010 でのことを紹介しました。さて!製品版は、どうなったでしょう。

まず、言語バーです。

Microsoft Office IME 2010 製品版の言語バー
これは、テクニカル プレビュー版と変わりません。

バージョン情報は「14.0.4734.1000」です。
Microsoft Office IME 2010のバージョン情報「14.0.4734.1000」

「ツール」の内容は下記の通り。テクニカル プレビュー版の頃から比べると、少し整理されましたね。
言語バーの「ツール」内のメニュー
「追加辞書サービス」の中。

「追加辞書サービス」内のメニュー

Office 2010 製品版は、Beta 版をアンインストールしてからじゃないとインストールできないのですが、製品版インストール後、IME の設定を確認してみたところ、Beta 版での設定がそのまま引き継がれていました。なお、Beta 版の時にインストールしたOffice IME 2010 のオープン拡張辞書は、アンインストールしなくても構いません。製品版でもOffice IME 2010 のオープン拡張辞書を引き続き使いたい場合は、そのまま残して置いてください。自動的に引き継がれていました。

さて、変換精度です。今までのIMEでは、「セットアップ後は単文節変換で学習させて」が常でした。単文節変換とは、「セットアップ後は【変換】単文節で【変換】学習させて【変換】」という感じで変換させるものです。

ところが、IME 2010は、いきなり長文変換で大丈夫でした。つまり、今まで読点(、)ごとぐらいで変換していた方は、一気に句点(。)まで書いて変換してみてください。ビックリするぐらい適切に変換してくれることでしょう。

そして、とんでもない辞書を持っているようです。既に大きく取り上げられているのは、東方プロジェクト関連を即変換してくれること。

参考:ASCII.jp:Office IME 2010の変換候補が東方な件について

私が個人的にびっくりしたのは、「はがれん」と入力して変換したら「鋼錬」と即変換されたこと。他にも「えヴぁんげりおん」が「ヱヴァンゲリヲン」に!!非常に楽しいものになりました。

しかし、すぐにOffice 2010を購入するのは無理!という方も、Office XP 以上をお持ちならば、2010年6月17日から Office IME 2010単体が無償ダウンロード可能になるとのことです。これを利用されてはいかがでしょうか?

« Office 2010 RTM をインストールしてみました | トップページ | 次期 Windows Home Server ベータ版が一般公開 »

MS Office」カテゴリの記事

MS-IME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/48184223

この記事へのトラックバック一覧です: 製品版 Microsoft Office IME 2010:

« Office 2010 RTM をインストールしてみました | トップページ | 次期 Windows Home Server ベータ版が一般公開 »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ