« 環境依存文字が変換候補に出てきません | トップページ | IME 2007 の郵便番号辞書の使い方 »

2010年2月 4日

Windows 7 にしたら XP の頃と字の形が違う!

辻のシュウニョウに点が2つある! Windows XP から Windows 7 に買い換えました。文字入力をしていてふと気が付くと「辻」の字のシンニョウに点が二つあるのに気が付きました。XP で確認してみたら、「辻」の字の点は一つしかありません。これは、どうしてなのでしょう?

この現象は、パソコンで使われているフォントシステムが違うからです。

Windows XPの時は、フォント環境として JIS90 が採用されていました。XP で「辻」の字の点が一つだったのは、 JIS90 だったからです。ところが、Windows Vista 以降からは、フォント環境として JIS2004 が採用されました。JIS2004 とは、従来の Windows に採用されていた JIS90 と比べて、辞書や戸籍資料で利用されている漢字に近い文字へ改良されており、これまで正確に表示できなかった市町村名や氏名をコンピュータ上で扱うことができるようにしたものです。

ということで、Windows 7 でも JIS2004 を使っているので「辻」の点は二つなのです。

※「XP なのに点が2個ある!」という場合は、XP用の JIS2004 対応フォントである KB927489 を追加インストールしてあるでしょう。
Windows XP および Windows Server 2003 で JIS2004 対応フォントを使用する方法

さて、この JIS2004 がよくもあり、悪くもあります。

紙に印刷した場合は、「そういう形の字」としてしまえます。しかし、メールやWordファイルといったデータで渡すと、開いたパソコンによって違った形の字になってしまいます。

また、人によっては「どうしても Windows XP の頃に使っていた字の形にしたい!」ということもあるでしょう。そんな場合は、どうしたらいいのでしょう?

Windows 7 用の JIS90 を追加インストールするという手もあります。

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 で旧 JIS90 文字セットを使用する方法

しかし、実際に JIS90 を追加してMS 明朝で確認してみたところ、追加する前は表示されていた点2個の「辻」の字が、追加後は変換候補内に表示されなくなってしまいました。これは、Windows 7 の将来性や互換性を考えるとあまりお勧めできません。
JIS90 追加前は、変換候補に点2つの辻の字がある

JIS90 追加後は、変換候補に点2つの辻の字がない

※メイリオ や Meiryou UI は、JIS90 にないフォントなので、JIS90 を追加しても JIS2004 のままです。

※Windows 7 で追加した JIS90 をアンインストールしたい場合は、コントロール パネルの「プログラムのアンインストール」から「インストールされた更新プログラム」を開き、一覧の中から「MS Gothic and MS Mincho JIS90-Compatible Fonts (KB927490)」を探し出してアンインストールしてください。

ただ、JIS2004 は、すべてのフォントが採用しているわけではありません。Windows に標準添付されている JIS2004 対応フォントは以下の書体です。

  • MS Pゴシック
  • MS ゴシック
  • MS UI Gothic
  • MS P明朝
  • MS 明朝
  • メイリオ
  • Meiryo UI

これ以外のフォントは、まだ JIS90 で表示されるものもあります。よって、下記のように都合に合わせて、フォントを使い分けてみてもいいでしょうね。

フォントを変えて表示させてみた「辻」の字

この JIS2004 で改良された文字の詳細情報、および追加された文字の一覧を参照したい場合は、JIS X 0213:2004 対応と新日本語フォント「メイリオ」について より「Windows Vista ならびに Windows Server 2008 における JIS2004 対応に関する詳細資料」をダウンロードしてみてください。

参考:Windows Vista で拡張された文字について

2010年2月8日追記:
この現象は、Office 2010 ベータ版をインストールすると、Windows 標準添付以外のフォントでも起こります。詳細は、Office 2010 にしたら Office 2007 の頃と字の形が違う!をご参照ください。

2012年7月9日 追記:
Windows 8 RPで、この問題が解消されました。Windows 8 RP でシンニョウの点が1つの「辻」を表示する方法 でどうぞ。

« 環境依存文字が変換候補に出てきません | トップページ | IME 2007 の郵便番号辞書の使い方 »

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

Windows XP 区点コード:11875、UNI-code:f9dc、シフトJIS:fbe9 「隆」 MS明朝とMSゴシックで字体が異なる最低の文字です。

このような、バグというのか、変更漏れというような文字は、他にも有るのでしょうか?

隆 と言う字の右上の部分が「MS 明朝では 攵 と表示されて、MS ゴシックでは 夂 と表示されている」という問題でしょうか?

Windows XP をお使いですね。
この 隆 もこの記事で紹介した事例と同じです。
XP用の JIS2004 対応フォントをインストールしてみてください。
確認してみたところ、MS 明朝、MS ゴシック共に 夂 で表示されるようになりました。

紹介した 辻 は一例です。
他にもたくさんあります。
どんな文字がそうなのかは、記事中で紹介した「Windows Vista ならびに Windows Server 2008 における JIS2004 対応に関する詳細資料」でご確認ください。

JIS X 0208・X 0212・X 0213が定めるのは字形ではないので、すべてのフォントでJIS X 0213の例示字形を忠実に再現する必要はありません。
JIS X 0213:2004(JIS2004)でも、字形の正格さが保障されているわけではない(「龍」「扈」「簪」など、未だ正格さの点で難のある字形が採用されている)ので、「JIS字形は不正確なもの」と割り切った方がよいでしょう。

しかしながら、JIS2004で改正された字形については、常用漢字・人名用漢字・印刷標準字体との整合性の面で特に重要視されているものばかりで、JIS90字形をベースに使用し続けるのはよろしくないと思われます。

ちなみに、本来は一点之繞と二点之繞の区別はなく、無理に筆記字形と活字の字形を統一しようとした歪みがあるということに過ぎません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/47477663

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 にしたら XP の頃と字の形が違う!:

« 環境依存文字が変換候補に出てきません | トップページ | IME 2007 の郵便番号辞書の使い方 »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ