Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« Windows 7 のアクセシビリティ機能および対応製品 | トップページ | Windows 7 でのネットワークが複数作成された場合 »

2009年10月20日

Excel を上書き保存するとTMPファイルができる(3)

ここ最近また「Excelで何か上書き保存をすると(ファイル名).xls~RF******.tmp というTMPファイルが勝手に作成されてしまうようになりました」ということでか「Excel を上書き保存するとTMPファイルができる」や「Excel を上書き保存するとTMPファイルができる(2)」へのアクセスが増えてきました。

「何でかな?」と思って調べてみたところ、最新のウイルスバスター2010でもこの現象が起きているとのことです。

Microsoft Excelでファイルの上書き保存を行うと、拡張子”tmp”のファイルが作成される | 製品Q&A:トレンドマイクロ

Windows XPに ウイルスバスター2009、もしくは ウイルスバスター2010 をインストールした一部の環境において、Microsoft Excelでファイルの上書き保存を行うと、拡張子”tmp”のファイルが作成される場合があります。

トレンドマイクロの上記ページで対処方法が紹介されています。アップデート実行後、修正モジュールをダウンロードしてインストールしてみてください。

« Windows 7 のアクセシビリティ機能および対応製品 | トップページ | Windows 7 でのネットワークが複数作成された場合 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

MS Office」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Excel を上書き保存するとTMPファイルができる(3):

« Windows 7 のアクセシビリティ機能および対応製品 | トップページ | Windows 7 でのネットワークが複数作成された場合 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ