« Windows 7 の「個人設定」について | トップページ | Windows 7 のアップグレード版とアップグレードインストール »

2009年9月20日

旧 Windows への Windows 7 のクリーンインストールについて

Win7 RC の Windows.oldでも紹介しましたが、旧 Windows がインストールされているハードディスクに Windows 7 をクリーンインストールすると、「Windows.old」というフォルダーが出来上がります。

Windows Vista や Windows 7では、クリーンインストールする際、ハードディスク内に旧 Windows が見つかると

選択したパーティションには、以前の Windows のインストールからのファイルが含まれている可能性があります。含まれている場合は、ファイルやフォルダーは、Windows.old という名前のフォルダーに移動されます。Windows.old 内の情報にアクセスできますが、以前のバージョンの Windows は使えなくなります。

と表示されるようになりました。

旧 Windows がインストールされているHDDに、Windows 7 をクリーンインストールすると、まずは、[Windows.old] ができます。次に、同じHDDに、再度 Windows 7 をクリーンインストールすると、今度は [Windows.old.000] ができます。その次は [Windows.old.001] ができるといった具合です。つまり、下記の画像の場合は、3回 Windows 7 をインストールしたということになります。

Cドライブの中身 Windows.old フォルダが3つもある!

「Windows.old」には、旧 Windows で使っていたデーターが保存されています。これによって、ついうっかりクリーンインストールしてしまって大事なデーターまでも消してしまった!という場合、「Windows.old」から復活させることができるという親切な機能です。

ただし、ユーザーが独自の場所に保存してあったとか、独特なアプリケーションでそのアプリケーションの独自の場所に保存されていたというデーターの場合は、残っていないこともあります。よって、バックアップはきちんと行った方が無難です。

従来の Windows のクリーンインストールは、ハードディスクをフォーマットして内容を完全に消去してからOSをインストールするという感じでした。しかし、Windows Vista 以降からは、クリーンインストールにあたる「新規インストール(カスタム)」が「前のバージョンの設定を引き継がない」という意味のようで、もう一つの「アップグレード」が「前のバージョンの設定を引き継ぐ」ということになったもようです。

ところで「バックアップはしっかり取ってあるから!」ということで、「旧 Windows のデータは全く必要ない」ということもありますね。でも、旧OSがインストールされているHDD上に普通にクリーンインストールすると「Windows.old」フォルダーは自動的に出来上がってしまいます。まぁ、Win7 RC の Windows.oldで紹介した方法で、後から「Windows.old」フォルダーを削除してしまえばいいわけですが、本当に最初から要らないということもあるでしょう。

そんな場合は、旧 Windows がインストールされているハードディスクをフォーマットしてしまいましょう。では、フォーマットしてから Windows 7 をインストールする方法です。

ハードディスクをフォーマットしてから Windows 7 をインストールする方法
  1. 旧 Windows がインストールされているパソコンで、Windows 7 のインストールDVDから起動させます。
  2. インストール作業を進めます。
  3. 「インストールの種類」で「新規インストール(カスタム)」を選択します。
  4. 「Windows をインストールする場所を選択してください」が表示されますので「ドライブオプション(詳細)」をクリック。
    「Windows をインストールする場所を選択してください」 
  5. 「フォーマット」が表示されることでしょう。フォーマットしたいハードディスクを選択し、「フォーマット」をクリックしてフォーマットします。
    「ドライブオプション(詳細)」をクリックしたところ
    なお、「ドライブオプション(詳細)」では「フォーマット」以外にも下記の作業ができます。
    「削除」: パーティションを削除します。
    「拡張」: パーティションをドライブ上の未割り当て領域に拡張します。
    「新規」:未割り当て領域に新規のパーティションを作成します。
  6. フォーマット完了後、インストール作業を進めます。

以上のようにして、旧 Windows が入っているドライブをフォーマットしてから、Windows 7 をインストールすれば、[Windows.old] フォルダーは作られません。

なお、同じクリーンインストールでも、旧 Windows を起動後にインストール作業を開始した場合は、「インストールの種類」で「新規インストール(カスタム)」を選択しても、「Windows をインストールする場所を選択してください」に「ドライブオプション」は表示されません。よって、旧 Windows を起動後からのインストール作業開始したのでは、フォーマットができませんのでご注意ください。

Windows を起動後にインストール作業を開始すると「Windows をインストールする場所を選択してください」に「ドライブオプション」はない 

なお、Windows 7 のアップグレード版でのインストールは、Windows 7 のアップグレード版とアップグレードインストール、そして、OSを起動させてから Windows 7 のインストール作業を開始もご覧ください。

« Windows 7 の「個人設定」について | トップページ | Windows 7 のアップグレード版とアップグレードインストール »

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

新規インストールでも、WindowsOldフォルダーを作成せずにインストールできるようですね。
そこで気になるのは、、、
この方法はアップグレード版でも有効なのでしょうか?
旧システムをフォーマットしてしまうと、アップグレードのOSが判断できなくなってしまう・・・なんてことはないのでしょうか?

インストールDVDの起動時に、要件を満たしていることを確認しているのであれば問題ないのでしょうけど、フォーマット後にインストールを中断してしまった場合なんかは、再度旧OSをインストールしないとアップグレード版が使えないんでしょうね。

まうすさん、いらっしゃいませ!

> この方法はアップグレード版でも有効なのでしょうか?

アップグレード版に関しては「Windows 7 のアップグレード版とアップグレードインストール」
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2009/09/windows-7-6dd7.html
で解説してみました。

また、「OSを起動させてから Windows 7 のインストール作業を開始」
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2009/10/os-windows-7-c0.html
もご参照ください。

> インストールDVDの起動時に、要件を満たしていることを確認しているのであれば問題ないのでしょうけど、フォーマット後にインストールを中断してしまった場合なんかは、再度旧OSをインストールしないとアップグレード版が使えないんでしょうね。

そうです。
これは、別問題になります。
インストール中に問題が発生して中断したり、別の操作をして修復をした場合は、認証が通らなくなる恐れがあります。

お返事ありがとうございました。

私の場合、データのバックアップは日頃から全部取ってあるので、「新規インストール」でHDDの外周にWindows 7をインストールしたほうが、アクセス速度の面でのメリットがあるかと思い、上のような疑問を抱いていたのです。
(Windows.oldフォルダを残して新規インストールした後、フォルダを削除してからデフラグしたほうが、効率的な再配置ができるかも、という疑問は残っていますが。。。)

こちらのブログでは丁寧な説明があり、非常に助かります。
わかりやすいうえに実用的ですしね。

ちなみに、コラム「従来の Windows との違い」も、PC専門誌とは異なった視点で、とてもわかりやすい解説になっていて思わず「ふむふむ」とうなずいてしまいました。

私のような初心者ではないけど上級者未満の人間には、非常に参考になりますので、これからも遊びに来ますね。

こんにちは。
Vista Ultimate→7 Home Premiumの場合、アップグレード版でも新規インストールが出来るのは判りました。
Vistaの時に入れたソフトは入れ直しになる、という認識で合ってますでしょうか。(この辺の記述が全然見あたらない・・・)

横田さん、いらっしゃいませ!

> Vistaの時に入れたソフトは入れ直しになる、という認識で合ってますでしょうか。(この辺の記述が全然見あたらない・・・)

そうです。
新規インストールの場合は、Windows 7 のインストール完了後、必要なアプリケーションをインストールする必要があります。

この辺のことは、「Windows 7 のアップグレード版とアップグレードインストール」http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2009/09/windows-7-6dd7.html
でも紹介しましたので、またどうぞ。

Windows 7 が発売されまして、新たなことがわかりました。
2009年9月30日 22:13に私が記載した内容に誤りがありました。
間違った部分が削除してありますので、よろしくお願いいたします。

今vista使ってるんですが、7迷ってます。
記事やコメントも参考にさせてもらいました。
まだもうちょっとvistaで粘ってみます。
ありがとうございます★

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/46262184

この記事へのトラックバック一覧です: 旧 Windows への Windows 7 のクリーンインストールについて:

« Windows 7 の「個人設定」について | トップページ | Windows 7 のアップグレード版とアップグレードインストール »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ