« Windows 7 の Windows Live メールに Vista の Windows メールのデータを引き継がせてみた | トップページ | ウイルスバスター 2010は Windows 7 や Mac にも対応! »

2009年9月 2日

Windows 7 の Windows Live メールに Vista の Windows メールのアドレス帳を引き継がせてみた

Windows 7 の Windows Live メールに Vista の Windows メールのデータを引き継がせてみたの続き。(それにしても長いタイトルだわねぇ)

先に、Windows メールの「メッセージ」をインポートしました。Windows Live メールでは、Windows メールの「受信トレイ」やアカウントが引き継がれていました。

しかし、アドレス帳を確認してみましたら、Windows メールで使っていたアドレス帳は引き継がれていませんでした。アドレス帳は、アドレス帳で別にインポートする必要があるようです。

さて、Windows 7 の C:\Users\<User name> 内を見てみると、「アドレス帳」フォルダーがあります。

Windows 7の C:\Users\<User name>

この「アドレス帳」、Windows 7 インストール時は、ユーザーのアイコンだけで、後は何も入っていませんでした。しかし、「Windows 転送ツール」を使った後は、私の Vista のアドレス帳と同じ内容になりました。

それでは、これを使って、Windows Live メールの「アドレス帳」にインポートしてみましょう。

  1. Windows Live メールを起動し、左下のショートカット欄よりアドレス帳をクリック。
    image 
    ショートカットキーは、Ctrl+Shift+C キーです。
  2. アドレス帳が開いたら、Alt キーを押してメニューバーを表示し、「ファイル」-「インポート」と進みます。今回は、ユーザーのフォルダー内にある「アドレス帳」からインポートしますので、「現在の Windows ユーザーのアドレス帳」を選択します。
    「ファイル」-「インポート」-「現在の Windows ユーザーのアドレス帳」
  3. アドレス帳のインポートが始まりますので、しばらく待ちます。
    アドレス帳のインポート
  4. 「インポートが完了しました」と表示されたら完了です。
    「インポートが完了しました」
  5. 「OK」ボタンをクリックして閉じます。

以上で、Windows 転送ツールで転送させた「アドレス帳」も Windows 7 の Windows Live メールで使えるようになりました。

« Windows 7 の Windows Live メールに Vista の Windows メールのデータを引き継がせてみた | トップページ | ウイルスバスター 2010は Windows 7 や Mac にも対応! »

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/46098629

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 の Windows Live メールに Vista の Windows メールのアドレス帳を引き継がせてみた:

« Windows 7 の Windows Live メールに Vista の Windows メールのデータを引き継がせてみた | トップページ | ウイルスバスター 2010は Windows 7 や Mac にも対応! »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ