« 旧 Windows への Windows 7 のクリーンインストールについて | トップページ | Windows 7 でシャットダウンやログオフしようとすると »

2009年9月22日

Windows 7 のアップグレード版とアップグレードインストール

Windows 7 のアップグレード版とアップグレードインストール。両方とも「アップグレード」と付いているものですから、わけがわからなくなってしまいました。頭の中を整理するためにも、ちょっと書いてみたいと思います。

アップグレード版とは

アプリケーションの古いバージョンを使っている人を対象に、最新のバージョンへ更新できるソフトウェアパッケージです。同じソフトの旧バージョンを持っていなければ使えないようになっているので、購入の前に自分の持っているアプリケーションが対象商品かどうか、よく確認しなければなりません。

Windows 7 のアップグレード版が使えるOS

Windows 7 のアップグレード版が使えるのは、Windows XP のすべてのエディションと Windows Vista のすべてのエディションです。必ず、製品版の Windows XP や Windows  Vista を起動させた状態から Windows 7 アップグレード版のインストール ディスクを挿入してインストールを開始する必要があります。Windows 7 RC版や空のHDDの場合は、インストールできても、「アップグレードキーが有効ではない」となるとのことです。

ただし、Windows 7 アップグレード版が使えるOSであっても実際にインストールして実用的に使えるかどうかは別問題になります。Windows Vista が正常に動いているパソコンの場合、比較的スムーズにインストールでき、使えることでしょう。しかし、Windows XP で Vista をインストールしてもスムーズに動かないタイプのパソコンの場合は、Windows 7 をインストールしてもスムーズに動かないことでしょう。これも、購入前にWindows 7 システム要件をよく確認しなければなりません。

アップグレードインストールとは

インストール方法の一種です。

「アップグレードインストール」は、旧OSの設定やデーターやインストールされているアプリケーションも丸ごと引き継げるというインストール方法です。旧OSから Windows 7 へアップグレードインストールすると、旧OSの環境がそのまま引き継がれますので、ほとんど違和感なく、作業開始できることでしょう。

クリーンインストールとは

「アップグレードインストール」に対して、もう一つのインストール方法に「クリーンインストール」があります。「クリーンインストール」とは、旧OSの設定やデーターを引き継がずに新規にインストールする方法です。

ただ、「クリーンインストール」のことをWindows Vista では「カスタム」、Windows 7 では「新規インストール(カスタム)」と言うようになりました。

従来の Windows の「クリーンインストール」は、ハードディスクをフォーマットして内容を完全に消去してからOSをインストールするという感じでした。しかし、Vista 以降の「クリーンインストール」ではHDD内に旧OSが検知されると「Windows.old」というフォルダーが自動的に出来上がるようになりました。なお、これに関しては、旧 Windows への Windows 7 のクリーンインストールについてをまたご参照ください。

新規インストールは、旧OSの環境を引き継ぎませんので、必要なデーターのバックアップを取らなければなりません。また、新規インストール後に必要なアプリケーションをインストールする必要もあります。

アップグレードインストールができるOSとそのエディション

「アップグレード版を買ったのだから、アップグレードインストールができる!」とか「アップグレード版だからアップグレードインストールしないといけない」ということではありません。アップグレード版を買っても、OSやエディションによっては、アップグレードインストールができない場合がありますし、通常版でもOSやエディションによってはアップグレードインストールすることができます。

OSの各エディションから、Windows 7 の各エディションへアップグレードインストールできるかどうかの組み合わせは下記の通りです。○ がアップグレードインストールできる組み合わせ、△がアップグレードインストールできない組み合わせです。なお、Windows Vista では、SP1以上にしておく必要があります。

Win7
Home Basic Home Premium Professional Ultimate
XP 以前
Vista
Home Basic
Vista
Home Premium
Vista
Business
Vista
Ultimate

Windows XPは、どのエディションであっても、Windows 7 へアップグレードインストールできません。△印の付いているアップグレードインストールできない組み合わせの場合は、「新規インストール(カスタム)」で作業してください。

また、Windows 7 には、32ビット版だけでなく、64ビット版も用意されています。64 ビット版 Windows Vista から 64 ビット版 Windows 7 へのアップグレードインストールは可能ですが、32ビット版 Windows Vista から 64 ビット版 Windows 7 へのアップグレードインストールはできません。

Windows 7 のインストール方法

Windows 7 のインストール方法は、下記の3通りがあります。

  1. OSを起動させてからインストール作業を開始し「アップグレードインストール」を選択
    Windows Vista のみできる
  2. OSを起動させてからインストール作業を開始し「新規インストール(カスタム)」を選択
    Windows XP と Windows Vista 共にできる
  3. インストールDVDから起動させて、OSがインストールされているHDDを選択して「新規インストール(カスタム)」を選択
    Windows XP と Windows Vista 共にできる

ただし、(3.)のインストール方法が Windows 7 のアップグレード版で本当にできるかどうかは、まだわかっていません。インストールはできますが、その後、アクティベーションが通るかどうか確認できていないのです。(3)のやり方に関しては、アップグレード版が販売されてからわかりしだい、またご報告いたします。

2009年10月22日 追記:
Window 7 をアップグレード徹底ガイド : Microsoft Windows が公開されました。こちらの「アップグレードの前に、これだけは、必ず確認しよう!」で確認してみたところ、Windows 7 アップグレード版では、(3)のインストール方法である「インストール DVDからコンピューターを起動して、新規インストール(カスタム)を実行する」ことができないとありました。その他にも、気を付けないといけないことが紹介されていますので、アップグレードの前に、これだけは、必ず確認しよう!はぜひ一度お読みください。

なお、アップグレード版ではない通常版のインストールDVDから起動させた場合、OSがインストールされているHDDを選択しても「アップグレードインストール」はできません。選択して実行しようとすると下記の互換性のレポートが表示されます。

Windows インストール ディスクを使用してコンピューターが起動されました。Windows を通常起動するために、インストールディスクを取り出してコンピューターを再起動してください。その後、インストール ディスクを挿入し、アップグレードを再実行してください。
(アップグレードを実行するときは、[新規インストール(カスタム)] を選択しないでください。[新規インストール(カスタム)] を選択すると、Windows の新しいコピーがインストールされ、ユーザーのプログラムおよび設定が削除されます。)

« 旧 Windows への Windows 7 のクリーンインストールについて | トップページ | Windows 7 でシャットダウンやログオフしようとすると »

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。Windows7のアップグレードについて調べていてたどり着きました。

私はXPから7へアップグレードしたいと考えています。
今まで(XPまで)は、アップグレード版を買ってもまっさらなHDDにインストールできていました。OSの変更に伴い、大幅なハードウェアの変更をすることが多かった私としては、これが出来ていたのは当たり前のことでした。

しかし、マイクロソフトのとあるホームページには、アップグレード版を利用したインストールの注意点として以下のようなことを挙げています。
・Windows7のアップグレードは、アップグレード対象OSが、必ずHDDにインストールされている必要がある。
・HDD上にOSがインストールされていない状態で、Windows7インストールメディアから新規インストールはできない。
・アップグレード後は現在使っているOSは使用できない。
http://www.microsoft.com/japan/windows/possibilities/buynow/gaoffers.aspx

これにより、以下のような疑問が出てきます。
・新しいHDDへは新規インストールができない。新しいHDDへインストールしたい場合は、新しいHDDへXPをインストールした後、7へ移行する必要があるのか?
・7をインストールした後、HDDのクラッシュなどで再インストールしなければならないとき、アップグレード版単体で新しいHDDにインストールができるのか?

どちらもとても気になります。
どのような状態になるのでしょうか。
お教えいただければ幸いです。よろしくお願いします。

すみません、追記です。
疑問の2番目ですが、さらに細かく書くとこうなります。

・7をインストールした後、HDDのクラッシュなどで再インストールしなければならないとき、アップグレード版単体で新しいHDDにインストールが出来るのか?
アップグレード後は現在使っているOSは使用できないとあるし、7を再インストールするために旧OSを再インストールした時点で認証上の問題などは出てこないのか?

すみません、よろしくお願いします。

さらに追記です。何度もすみません。

更なる疑問が出ました。
・Windows7アップグレード版は32bit版と64bit版が同梱です。現在はXP 32bit版で、アップグレードも32bit環境で行いますが、将来的に64bit環境にした場合、やはりどうやって7をインストールすればよいのかが分かりません。

本当にすみません。お教えください。よろしくお願いします。

CHKさん、いらっしゃいませ!

まず、どうあっても、アップグレード版でできないのは、新しいHDDにインストールするということです。

ただし、旧OSには、Windows 7 の製品版も含まれるもようです。
ですから、Windows 7 製品版が正しくインストールされているHDDであれば、Windows 7 のアップグレード版で再インストールできることでしょう。しかし、まだ確認はできていません。

なお、すみませんが、ここは、一個人のブログです。
現在、わかっている範囲内での状況はお知らせできますが、実際には発売されて Microsoft からの公式発表がないとはっきりわからない部分もあります。
これ以上のことを質問されましても、こちらもお答えできませんので、Windows 7 に関して質問できる掲示板等で質問してみてください。

この記事のコメントは、これ以降、閉じさせていただきます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/46279293

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 のアップグレード版とアップグレードインストール:

» Windows 7 は32bitか64bitか [Melog]
発売日まで1ヶ月を切ったWindows 7が、9月25日に予約受付を開始した。 Windows 7パッケージ版予約受け付け開始 割安な優待パッケージも - ITmedia News 発売日とは言っても... [続きを読む]

« 旧 Windows への Windows 7 のクリーンインストールについて | トップページ | Windows 7 でシャットダウンやログオフしようとすると »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ