« Windows 7 RTM の BitLocker | トップページ | ウイルスバスター2010 のインストールが途中で止まってしまう! »

2009年9月 7日

BitLocker を有効にした USB メモリーを Windows 7 に挿入すると

Windows 7 RTM の BitLocker の続き。

BitLocker を有効にした USB メモリーを Windows 7 に挿入すると「このドライブは BitLocker ドライブ暗号化によって保護されています」の画面が表示されます。

このドライブは BitLocker ドライブ暗号化によって保護されています」の画面

BitLocker のロックを解除して、USB メモリー内を表示させたい場合は、Windows 7 RTM の BitLocker の「USBメモリーを BitLocker で暗号化する方法」で設定したパスワードを入力して、「ロック解除」のボタンをクリックします。すると、リムーバブルディスクの「自動再生」画面が開き、今までと変わりなく開くことができました。
リムーバブルディスクの「自動再生」画面

では、BitLocker のロックを解除するパスワードを忘れた場合は、どうなるのでしょう?

「このドライブは BitLocker ドライブ暗号化によって保護されています」の画面の「パスワードを忘れた場合」をクリックしてみると「回復キーを使って、このドライブのロックを解除してください」が開きました。「回復キーを入力する」をクリックします。
「回復キーを使って、このドライブのロックを解除してください」

「回復キーを入力してください」が開きました。
image 
ここにBitLocker 回復キーを入力します。ここでするわけですが、Windows 7 RTM の BitLocker で保存した「BitLocker 回復キー」ファイルが必要になります。ファイルにはこんな風に記載されています。

BitLocker ドライブ暗号化の回復キー

回復キーは、BitLocker で保護されているドライブのデータの回復に使用します。

これが適切な回復キーであることを確認するには、このキーの ID を、回復の画面に表示される ID と比較してください。

回復キー ID: B2E0F3E9-FDA4-4A
完全な回復キー ID: B2E0F3E9-FDA4-4A12-B060-561370D30129

BitLocker 回復キー:
526581-388762-708048-181280-634282-036179-354079-433532

※ここに表示されている回復キーは、一例です。「回復キー ID」や「完全な回復キー ID」、「BitLocker 回復キー」は、パスワード変更ごとに変わります。

まず、確認をしましょう。

「回復キーを入力してください」の「詳細情報」を開くと「完全な BitLocker 回復キー ID」が表示されます。
image

この表示された「完全な BitLocker 回復キー ID」と保存してある「BitLocker 回復キー」ファイルの「完全な回復キー ID」とが全く同じであることを確認します。複数「BitLocker 回復キー」ファイルが見つかった場合、この「完全な回復キー ID」によって、どれが現在の「BitLocker 回復キー」なのか判断できるようになっています。

「完全な回復キー ID」が同じである「BitLocker 回復キー」ファイルの「BitLocker 回復キー」を入力します。
BitLocker 回復キーを入力したところ

すると「次へ」ボタンがクリックできるようになりますので、「次へ」をクリックします。

「このドライブに一時的にアクセスできるようになりました」

「このドライブに一時的にアクセスできるようになりました」が開きます。 
このまま「完了」ボタンを押すと、USB メモリーをパソコンから抜いてしまった場合、またそのUSBメモリーはロックされてしまいます。そこで「BitLocker の管理」をクリックして、今後のロック解除方法をどうするのか決めましょう。
「管理するオプションの選択」

それぞれの項目を1つずつ確認してみたところ、下記のようになりました。

  • ドライブのロック解除のためのパスワードを変更する
    パスワード入力画面が表示されますので、これで新しいパスワードを入力できます。
  • このドライブからパスワードを削除する
    このパスワードは、このドライブのロックを解除する唯一の方法です。パスワードを削除する前に、別のロック解除方法を追加してください。

    というエラーメッセージが開いてしまいました。「OK」をクリックして別の方法を選択しましょう。
  • ドライブのロックのためのスマート カードを追加する
    スマート カードが挿入されていない場合は、使えません。
  • 回復キーを再保存または再印刷する
    回復キーの保存方法を選択できる画面が開きました。なお、ドライブのロック解除のパスワードを再設定した場合は、回復キーも再保存する必要があります。
  • このコンピューターでこのドライブのロックを自動的に解除する
    自動的にロックが解除されるよう設定されました。

なお、この「BitLocker の管理」は、コントロール パネルの「BitLocker ドライブ暗号化」からでも開くことができます。
コントロール パネルの「BitLocker ドライブ暗号化」

さて、BitLocker をオンにした USB メモリーを Windows Vista や XP に挿入するとどうなるのか?

続きはBitLocker を有効にした USB メモリーを Windows 7 以外のPCに挿入するとでどうぞ。

« Windows 7 RTM の BitLocker | トップページ | ウイルスバスター2010 のインストールが途中で止まってしまう! »

Windows 7」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/46146068

この記事へのトラックバック一覧です: BitLocker を有効にした USB メモリーを Windows 7 に挿入すると:

« Windows 7 RTM の BitLocker | トップページ | ウイルスバスター2010 のインストールが途中で止まってしまう! »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ