« Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(1) | トップページ | Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(3) »

2009年8月19日

Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(2)

Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(1)の続き。

それでは、今まで使っていたパソコンに「Windows 転送ツール」をインストールし、使ってみましょう。今回は、Windows XP にインストールしてみました。

なお、Windows 7 が起動しているパソコンがまだない場合は、Windows 7 の Windows 転送ツールはどこにあるの?をご参照ください。

今まで使っていたパソコンに「Windows 転送ツール」をインストールして使う方法
  1. 「Windows 転送ツール」を保存した USB メモリーを Windows XP に挿入します。
    ※USBメモリーの自動再生が起動して、中に表示されている「Windows 転送ツールを今までのコンピューターにインストール」をクリックしてみたところ、何故か C:\Windows が開いてしまい上手くいきませんでした。「フォルダを開いてファイルを表示するエクスプローラ使用」をクリックしてみてください。
    USBメモリーの自動再生
  2. USBメモリー内にある「Windows 転送ツール」のショートカットをクリックして転送ツールを立ち上げます。
    USBメモリー内
  3. Windows 転送ツールを実行する準備ができるまでしばらく待ちます。
    Windows 転送ツールを実行する準備中
  4. 「Windows 転送ツールへようこそ」が開きますので「次へ」ボタンをクリック。
    「Windows 転送ツールへようこそ」の画面
  5. 「項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください。」が開きます。今は、「転送ツール ファイル作成する必要があるので「外付けハード ディスクまたは USB フラッシュ ドライブ」をクリックします。
    「項目を新しいコンピューターに転送する方法を選択してください。」の画面 
  6. 「現在使用しているコンピューター」が開きますので「これは今までのコンピューターです」をクリック。
    「現在使用しているコンピューター」の画面 
  7. 転送できる内容の確認が始まりますので、しばらく待ちます。
    「転送できる内容を確認しています。」の画面
  8. 転送できる内容の確認が済むと「次へ」のボタンが押せるようになります。
    転送できる内容の確認が済んだ画面
    ここで、どんなファイルや設定を転送用に保存するか確認したい場合は 、「カスタマイズ」をクリックします。すると、転送されるフォルダが表示されます。さらに下にある「詳細設定」をクリックすると、ファイル単位で保存したいファイルが選べます。
    カスタマイズをクリックしたところ 
    また、画像では1つのアカウントしか表示されていませんが、複数のアカウントを作っている場合、複数のユーザーのファイルと設定がすべて表示されます。よって、一度ですべてのユーザーのファイルや設定が転送できますよ。
    確認ができたら「次へ」をクリックします。
  9. 「転送するファイルおよび設定を保存します」が開きますが、保存する前にパスワードの設定するかどうか決めます。パスワードを設定したい場合は、入力して「保存」ボタンをクリックします。
    「転送するファイルおよび設定を保存します」のパスワード設定画面
    なお、パスワードを設定したくない場合は、空欄のままで「保存」ボタンをクリックします。
  10. 保存する場所を聞かれますので指定します。さて、問題は、どこに保存するか!?でしょう。長年使ったパソコンの場合は、かなりの容量となることでしょう。できれば外付けハード ディスクが準備できると良いかもしれません。我が家には、Windows Home Server があるので、そこに保存しました。
    さて、保存場所が指定できると転送ファイルの保存が始まりますので、しばらく待ちます。保存が終わるまで、パソコンの操作をしないでください。
    (パソコンの操作ができなかったので、後で撮ろうと思っていたら、うっかりキャプチャー画面を保存するのを忘れました。sad
  11. 全て「保存を完了しました」と表示されたら終了です。 「次へ」をクリックします。
    「転送のためのファイルと設定が保存されました。」の画面 
  12. 「転送ファイルが作成されました」の確認画面が開きます。ファイル名は「Windows 転送ツール - 今までのコンピューターの項目.MIG」です。保存場所がどこなのかよく覚えておきましょう。
    「転送ファイルが作成されました」の確認画面
    確認したら「次へ」をクリック。
  13. 「このコンピューター上で Windows 転送ツールの処理は完了しました」と表示されますので「閉じる」ボタンをクリックして「Windows 転送ツール」を閉じます。
    「このコンピューター上で Windows 転送ツールの処理は完了しました」の画面 

これで、古いパソコンのファイルと設定は保存できました。

後は、Windows 7に「Windows 転送ツール - 今までのコンピューターの項目.MIG」ファイルを移します。

この続きは、Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(3)でどうぞ。

« Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(1) | トップページ | Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(3) »

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/45963362

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(2):

« Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(1) | トップページ | Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(3) »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ