« Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(4) | トップページ | Office IME 2007 の「予測候補」表示位置を変えたい »

2009年8月23日

テクニカル プレビュー版 Microsoft Office IME 2010

2009年7月14日、マイクロソフト TechNet で、Microsoft Office シリーズの次期バージョンとなる「Microsoft Office 2010」のテクニカルプレビュー版のテスターの募集がありました。(現在、テスター募集は終了しています)

このプログラムは「招待制で応募者多数の場合は、抽選となる」ということでしたが、何とか選ばれました。早速「Office 2010 テクニカル プレビュー版」をダウンロードし、インストールして使ってみています。

Word 2010や Excel 2010などに関しては、また専門の方々にお任せすることにして、このブログでは、Office IMEに関してを紹介いたしましょう。

Word 2010 と Excel 2010

Office IME 2010 について

下記の画像が、Office IME 2010の言語バーです。

Microsoft Office IME 2010の言語バー

見かけは、Office IME 2007 と変わりません。違いは、アイコンをマウスでおさえると「Microsoft Office IME 2010」と表示されるのと「虫眼鏡」のアイコンがあるくらいでしょう。

しかし、ツールを開いてみると、いろいろ機能が追加されていました。

Office IME 2007 のツール

Office IME 2010 のツール 

新たに盛り込まれた項目は、「選択して検索」と「辞書更新サービス」そして「ウェブ辞書の追加」です。

選択して検索

「選択して検索」は、変換中の語句をWeb検索したり、オンライン翻訳サービスで翻訳できる機能だそうです。現在はまだ、「オンライン翻訳サービス」しか使えませんが、こんな風に使います。

  1. 日本語変換中、変換確定前に 言語バーの「ツール」-「選択して検索」をクリックするか、Ctrl+F9 キーを押すとメニューが表示されます。
    日本語変換中、変換確定前に Ctrl+F9 キーを押した 
  2. 使いたい「検索」を選択します。
    「Microsoft Translator (英語に翻訳)」をクリックしてみましょう。
    なお、「検索」を一つしか登録していない、「既定の検索を使いたい」という場合は、言語バーの「虫眼鏡」アイコンをクリックします。
  3. ブラウザが起動し、翻訳サービスページが開きます。入力中の文章を英語で翻訳してくれました。
    文章を翻訳してくれた
辞書更新サービス

辞書更新サービス設定「辞書更新サービス」は、Microsoft が提供する辞書を自動で更新してくれる機能です。

※ベータプログラム期間中は、「実際の更新はない」とのことですので、まだ確認できていません。

Office IME は、最新語辞書、郵便番号辞書の更新を Microsoft ダウンロード センターで公開しています。しかし、Office 2007までは、ユーザーが自分でダウンロードしてインストールしなければなりませんでした。これを Office IME 2010 からは、Microsoft Update から自動更新の形で取得できるようになるもようです。

言語バーの「ツール」で「辞書更新サービス」をクリックすると「辞書更新サービス設定」画面が開きます。「辞書を自動更新する」にチェックをつけると、Microsoft Update で自動的に更新してくれるようです。チェックをつけない場合は、この設定ウィンドウを利用して手動で入手できるもようです。

ウェブ辞書の追加

「ウェブ辞書の追加」は、「オープン拡張辞書」を追加できる機能です。「オープン拡張辞書」は、ユーザー間での辞書の追加や共有を簡単にする機能で、Office Online で公開されるであろう辞書をダウンロードして使用します。「オープン拡張辞書」のファイルは、ダブルクリックして開くだけで、 Microsoft Office IME 2010 にインストールして使用する事ができるとのことでした。

Office IME 2007でのバグは?

私のブログでもいくつか紹介していますが、2009年8月現在、Office IME 2007で修正されていないバグがあります。これが、Office IME2010でどうなっているか確認してみました。

2010年6月17日 追記:
Microsoft Office IME 2010 製品版の無償ダウンロードが始まりました。詳細は、Office IME 2010 無償ダウンロード開始でご確認ください。

« Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(4) | トップページ | Office IME 2007 の「予測候補」表示位置を変えたい »

MS Office」カテゴリの記事

MS-IME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/46011091

この記事へのトラックバック一覧です: テクニカル プレビュー版 Microsoft Office IME 2010:

» エクセル 変換 簡単です [エクセル 変換 簡単です]
エクセル・変換を簡単に説明しました。 PDF,xlsx,jpg,2007,ワード,全角・半角,文字列,日付,おかしい,遅いなどです。 [続きを読む]

« Windows 7 の Windows 転送ツールの使い方(4) | トップページ | Office IME 2007 の「予測候補」表示位置を変えたい »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ