« Microsoft Translator による機械翻訳 | トップページ | Windows 7 の Windows XP Mode Beta »

2009年5月 8日

Windows 7 RC のショートカット キー

Windows 7 Beta の際にWindows 7 のショートカット キーで Windows 7に新たに追加されたショートカットキーを紹介したのですが、RC になって1つ変更がありました。また、「コンピューターの簡単操作センター」の「拡大鏡」がちょっと面白いので、改めて紹介しましょう。

Windows 7 特有のショートカット キー

目的 キー操作
コンピューターの表示
※Win7 Beta では、「ライブラリの表示」でした
Win+E キー
ウインドウの透明化
※Vista では、「ガジェットをすべて手前に移動し、Windows サイド バーを選択する」でした
Win + スペース
選択中のウィンドウ以外を最小化。もしくはこのキーで
最小化したものを元に戻す
Win + Home キー
ウィンドウの最大化 Win + 上矢印キー
最大化したウィンドウを元に戻す、もしくは最小化 Win + 下矢印キー
ウィンドウが縦方向に大きくなる Win + Shift + 上矢印キー
縦方向に大きくなったウィンドウを元に戻す Win + Shift + 下矢印キー
ウィンドウを左半分に配置
※ウィンドウは通常の位置
Win + 左矢印キー
ウィンドウを右半分に配置
※ウィンドウは通常の位置
なお、Win キーを離さずに左右キーをポンポンと押し続けると、右・左・真ん中とグルグルとウィンドウが移動します。
Win + 右矢印キー
タスク バーに置いてあるプログラムの起動、および切り替え。
※Vista では「クイック起動」で使えました。
Win+1を押すと、「タスク バー」の最初においてあるショートカット、Win+2を押すと2番目に置いてあるプログラムが起動します。

2009年6月18日 追記:
そのプログラムが複数起動している場合は、数字キーを押すたび、順番に切り替わります。
Win + 任意の数字キー
プロジェクターへの接続方法を表示 Win + P キー
Explorerでプレビュー ウィンドウの表示 Alt + P キー
新規フォルダーの作成 Ctrl+Shift+N キー
「システム」を開く
※2010年3月5日 追加
Win + Pause キー

拡大鏡に関するショートカット キー

目的 キー操作
拡大鏡の開始
および、拡大率を大きくする
Win++ キー
拡大率を小さくする Win+- キー
起動している拡大鏡を終了する Win+Esc キー
全画面表示 Ctrl+Alt+F キー
全画面表示時、一時的に全面表示させる Ctrl+Alt+スペース キー
レンズ表示 Ctrl+Alt+L キー
固定表示 Ctrl+Alt+D キー
色を反転させる Ctrl+Alt+I キー
矢印の方向へ移動させる Ctrl+Alt+矢印 キー
レンズ表示のレンズの大きさ変更 Shift+Alt+矢印 キー

« Microsoft Translator による機械翻訳 | トップページ | Windows 7 の Windows XP Mode Beta »

Windows 7」カテゴリの記事

アクセシビリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/44941402

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 RC のショートカット キー:

« Microsoft Translator による機械翻訳 | トップページ | Windows 7 の Windows XP Mode Beta »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ