« Microsoft Office 2007 SP2 公開 | トップページ | WHS PP2 の提供開始 »

2009年4月29日

IE8 の自動更新は今日だった?!

2009年4月15日の「IE8の自動更新」で

米Microsoft では2009年4月の第3週に自動更新も開始されるとのことです。

と紹介しました。しかし、あの時点では、日本での自動更新は、まだ未定とのことでした。

さて、今日は、米国時間の第2火曜日の翌日でもないのに、いろいろ Windows Updateが配信されてきています。

我が家の Windows XP SP3 の Internet Explorer 6 搭載機を起動してみたところ、しばらくして、通知領域に黄色い縦である 更新の準備ができました。 アイコンが表示されました。さて、何が配信されたのかな?と確認してみたところ・・・

自動更新の案内

自動更新の中に「Windows XP 用 Internet Explorer 8」があるのに気がつきました。

ちょっといたずらしてみたら・・・
Internet Explorer 8へようこその画面
「Internet Explorer 8へようこその画面」の画面が表示されてしまいました。

あらまぁ!
Internet Explorer 8の日本での自動更新は、今日でしたか?!> MS Internet Explorer チームさん

とりあえず、対処方法です。

黄色い盾が見える場合
  1. 黄色い盾が見えるのでしたら、ダブルクリックしてみてください。「更新するインストール方法を指定してください。」と表示されるでしょう。「高速インストール(推奨)」に印がついていると思いますので、「カスタムインストール」に変更し「次へ」をクリックします。
    更新するインストール方法を指定してください の画面
  2. 「インストールする更新を選択してください」が表示されることでしょう。
    自動更新の案内
    全部インストールする場合は、そのままにして「インストール」ボタンをクリックします。後は、パソコンの指示に従ってください。

    Internet Explorer 8 だけインストールしたくない場合は、「Windows XP 用 Internet Explorer 8」のチェックを外して「インストール」ボタンをクリックします。
  3. Internet Explorer 8のチェックを外した場合は、「更新の非表示」のメッセージが表示されます。
    更新の非表示
    しばらく、Windows XP 用 Internet Explorer 8 をインストールするのは控えたいと思う場合は、「これらの更新についての通知を再度受け取らない」にチェックをつけて「OK」をクリックします。
「Internet Explorer 8へようこそ」が表示された場合

「Internet Explorer 8へようこそ」のメッセージが表示されている場合は、よく考えましょう。

Internet Explorer 8へようこその画面

ちょっと考えたい場合は「後で確認する」をクリックします。
インストールしたくない場合は「インストールしない」をクリックします。

インストールしたい場合は、「Internet Explorer の品質向上のためのデータを匿名で提供する」か「今は何もしない」のどちらかを選択します。

すると、「インストールする」ボタンが押せるようになりますので、クリックします。

後は、パソコンの指示に従ってください。

さて、Internet Explorer 8のインストールをしなかった場合は、しばらくの間、「Windows XP 用 Internet Explorer 8」の黄色い盾は表示されないことでしょう。「しばらくの間」と書きました通り「もう2度と表示されない」というわけではありません。しばらくすると、また表示されることでしょう。

また、気が変わって「Windows XP 用 Internet Explorer 8をインストールしたい」と思った場合は、Windows Update へアクセスし「高速」のボタンを押して検索してみてください。「優先度の高い更新プログラム」で入手可能です。表示されない場合は、「非表示の更新プログラムの復元」をクリックしてみると見つかることでしょう。

2009年5月2日 追記:
ちょっとわかったことがあります。2009年4月29日の IE8 の自動更新による配布についてもご参照ください。

« Microsoft Office 2007 SP2 公開 | トップページ | WHS PP2 の提供開始 »

Internet Explorer」カテゴリの記事

Windows Update」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
日本では、米国その他の地域の 4/29 から始まる自動更新とは別にもう少し遅れての開始のはずなのですが、いくつかの条件 (IP アドレスが日本地域以外が割り当てられているとか、"自動的にインストールする" 以外の自動更新の設定になっている、など)の場合に、"重要" のところに表示されてくるようです。
現在米国本社に確認中ですので、なんらかのアナウンスが IE のサイトに出てくると思います。
いつもながら、すばやいフォローアップありがとうございます!!!

ちわー。
なんか世間一般では連休らしいですが…もしウチが16連休だったら…ぞぞぞ~…。
それはさておき。

ウチのメインマシンもXPのSP3のIE6(メインブラウザはSleipnir)なんですが、これって7を飛ばして8にできるんですかね?
そういうアップデートが来ているということは、できるってことなんでしょうかね?
まだ「IE6ではダメです」ってサイトもなかなかないですから、7も8もまだいいかな?とか思ってるんですが…。
ちなみに、IE5だと、WindowsUpdateがまともにできないので、リカバリなんかでIE5になってたりすると、まずはIE6SP2をインストールしなければならないわけですが…これも1~2足とびでできるんでしょうかね…できないって話もあまり聞かないんですが…。

と、自分でやろうともせずにつぶやいてるだけ(汗)。

masaogさん、いらっしゃいませ!

もしかして、この自動更新は、まさか!?
また、どうぞ、よろしくお願いします。

ささもとさん、いらっしゃいませ!

お母さん業の私は、GWなんて関係ありません。
というか、いつもより大変なのでした。

さて、XPのSP3のIE6をIE8にすること、できますよ。

> IE5だと、WindowsUpdateがまともにできないので

えっ?IE5って、Windows XPじゃないですよね?
XPは、IE6からだったかと。
Windows 2000なら IE5もあるのでしょうか?
2000は持っていないので知らないのですが、Windows XPならリカバリー後、即SP3にしてしまえば、IE8も入ることでしょう。

ああ~どうも私の勘違いのようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Internet_Explorer

IE6の出現はXP以前で、XPはIE6が標準装備だったんですね。
ただ、IE6SP2でないと、今のWindowsUpdateはまともに使えないのは確かです。
もしかしたら、初期型のXPでのIE6SP1かIE6SPなしかも。
また検証しときます。わかったらまた記事にしときますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/44831290

この記事へのトラックバック一覧です: IE8 の自動更新は今日だった?!:

« Microsoft Office 2007 SP2 公開 | トップページ | WHS PP2 の提供開始 »

Translator


2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ