« Windows 7 Beta のペイント(2) | トップページ | Windows 7 Beta のペイント(4) »

2009年2月 9日

Windows 7 Beta のペイント(3)

3回目にもなってしまいました、Windows 7 のペイント。実は、現在のBeta版である Windows 7 Build 7000には、ちょっと妙な部分がいくつかあります。これが次期のプレリリース版では、どういう風になるか不明ですが、知らずに使うと混乱する恐れがありますので、少し紹介しましょう。

テキストを描く際

「テキスト」を入力する際のツールアイコン Windows 7 のペイントにテキスト文字をキーボード入力して画像化する際のアイコンは、従来と変更がありません。

「A」と記載されているアイコンを使います。マウスでポイントすると説明文もポップアップされることでしょう。

描画面に文字入力したいと思う部分を適当にマウスでドラッグして選択します。すると、新しく「テキスト」タブが表示されます。

文字入力する際に表示される「テキスト」タブ

「テキスト」タブの「フォント」で文字のフォントやサイズ、書式などを設定変更することがWindows XP や Windows Vista のペイントにあった何か挿入した部分の背景の指定アイコンできます。また、Windows XP や Windows Vista のペイントにあった何か挿入した部分の背景をどうするのか?と言う指定アイコンは、「背景」のところで指定できます。「透明」を選択すると下の画像が透けて見えるように挿入でき、「不透明」を選択すると「色」の「塗りつぶし」で選択されている色で挿入されます。

さて、テキスト入力には、日本語特有の妙な現象があります。

縦書きで入力したい場合、Windows XP や Windows Vista のペイントには、「書式バー」に縦書き入力に切り替えるためのボタンがありました。   
Windows XP や Windows Vista のペイントの「書式バー」

この縦書き入力に切り替えるためのボタンが現行の Windows 7 のペイントにありません。

そこで、縦書きのテキストを入力したい場合は、「@」マークのついたフォントを使うのですが、こんな風になります。

これが現行のWindows 7 での縦書き

これは、「縦書き」じゃなくて、寝書き?でしょうかねぇ。。。

これを回転ボタンで「右へ90度回転」させてみたどうしても「縦書き」で描画したい場合は、「ホーム」タブへ移って、回転ボタンで「右へ90度回転」させ、無理やり縦書きにする必要があります。

しかし、この方法では、使ったフォントによって、正しく中央揃えにならないことがあります。

なお、この現象は、既知の現象とのことですので、次期プレリリース版に期待しましょう。
製品版までには何とか!?と期待していたのですが、残念ながら修正されませんでした。製品版でも、@マークの付いたフォントを使って回転させてください。

なお、Windows 7 製品版のペイントでテキストを描くもご参照ください。

バケツツールを使う際

「バケツ」ツール 「ホーム」タブのツールにある「バケツ」ツールにもちょっとわかりづらい部分があります。

「バケツ」ツールは、「塗りつぶし」をする際に使うことでしょう。線を描いて、その閉じた部分を塗りつぶす、もしくは、描いた線の色を変更する。これは、従来通りです。

image さて、ここで問題です!「バケツ」ツールで塗りつぶされる色は、「色」の「ストローク」で選択した色でしょうか?それとも、「塗りつぶし」で選択した色でしょうか?

「バケツ」ツールは、塗りつぶす際に使うのだから「塗りつぶし」で選択した色!と思ってしまったのですが、そうではありませんでした。

正解は、「ストローク」で選択した色でした。

「ストローク」を黒、「塗りつぶし」を赤にして「バケツ」ツールで塗りつぶした

図形で「四角形」を描いた後、「ストローク」を黒、「塗りつぶし」を赤にして「バケツ」ツールで塗りつぶしてみたところ。ストロークで指定した色で塗りつぶされてしまいました。

これは、「ストローク」と「塗りつぶし」という言い方でわかりづらくなるような気がします。何か良い言い回しがないものでしょうかね。

さて、もう一つ、図形を描画した後、「バケツ」ツールを使うとこんな現象がおきます。

「図形」から「ハート」マークを選択し、黒い色で描画します。その後、中を赤く塗りつぶしました。2種類描いてみたのですが、右と左では、色の塗りつぶしに差があるのがお分かりでしょうか?

「図形」でハートを描いて色を塗ってみた

左のハートは、「図形」でハートを描いた後、色の「塗りつぶし」を赤に指定。図形にある「図形の塗りつぶし」を使って「単色」で塗りつぶしました。

さて、右のハートは、「図形」でハートを描いた後、色の「ストローク」を赤に指定。ツールにある「バケツ」である「塗りつぶし」を使って塗りつぶしました。

左のハードは、きれいに塗りつぶされていますが、右のハードは、白く塗り残されているのがお分かりでしょう。「図形」にある「滑らかな形を描画」 この塗り残しは、Windows 7のペイントでも盛り込まれた「スムージング機能」のためです。

このスムージング機能の設定を「図形」で切りたい場合は、「図形」のメニュー内にある「滑らかな形を描画」の設定を切ります。こうすれば、「バケツ」ツールで塗りつぶしてもきれいに塗りつぶせるのですが、代わりに線がキザキザの汚い線になります。

image「滑らかな形を描画」の設定を切った場合

ペイントには「レイヤ」がないので、こういう風になるもようです。従来のペイントでも、文字を別のところで描いてコピーし、色のある部分に貼り付けると、こんな塗り残しが起こりました。その辺に気をつけて、下になる色から描いて、「図形」ツールや「滑らかな形を描画」の設定を切ったり入れたりして工夫すると、きれいな描画ができることでしょう。

« Windows 7 Beta のペイント(2) | トップページ | Windows 7 Beta のペイント(4) »

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/44006619

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 Beta のペイント(3):

« Windows 7 Beta のペイント(2) | トップページ | Windows 7 Beta のペイント(4) »

Translator


2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ