« Excel VBA アクションゲーム作成入門 | トップページ | 確定申告書を IE8 RC1 で作成 »

2009年2月13日

Windows 7 の解凍機能について

Windows XP や Windows Vista には「ZIP」形式での圧縮,解凍機能が標準装備されています。海外で多く利用されている形式の ZIP ですが、日本では、どちらかと言うと LZH 形式の方が主流。

Web 上からダウンロードなどして手に入れたファイルが LZH 形式だった場合、今までは解凍しようとすると下記のような「このファイルを開けません」というメッセージが開きました。

「このファイルを開けません」のメッセージ

そこで、このメッセージに従って「Web サービスを使用して正しいプログラムを探す」から正規のMicrosoftソフトウェアの「Microsoft 圧縮 (LZH 形式) フォルダ」(Windows XP、Vista 共に対応していますが、64-bit Windows には対応していません。)をインストールしてみたり、フリーの圧縮・解凍ソフトをもらって来て、利用したりしていたことでしょう。

さて、Windows 7では、そう言う面倒が無くなりました。標準で LZH形式圧縮ファイルの解凍機能が搭載されていました。なお、これは、Windows 7 日本語版のみに用意された機能だそうです。

LZHファイルの解凍方法としては、下記の4つが利用できました。

  1. LZHファイルを直接解凍する
    ・パソコン内に保存したLZHファイルを直接ダブルクリックして開く
    ・LZHファイルを右クリックして表示されたメニューの「開く」を選択して開く
    ・エクスプローラーでLZHファイルが保存されているフォルダを開いた場合、ツールバーに「開く」ボタンがあるので、それを使って開く
  2. ウィザードを使って解凍する
    パソコン内に保存したLZHファイルを右クリックし、「すべて展開」を選択。開いたウィザードを使って解凍して開く
    「すべて展開」を選択すると開くウィザード
  3. 検索でLZHファイルを探して解凍する
    [スタート]メニューの「プログラムとファイルの検索」欄に [lzh] と入力すると、パソコン内に保存されているすべてのLZHファイルが見つかる。
    後は、解凍したいファイルを選択し、ダブルクリックして開く
    「プログラムとファイルの検索」欄に [lzh] と入力して見つかったLZHファイル
  4. webのリンクから直接アーカイブを解凍する
    Web上で見つかった LZHファイルをダブルクリックします。すると「ファイルのダウンロード」画面が開き、「開く」か「保存」するのか聞かれます。
    通常は、「保存」を選択した方が無難ですが、安全なファイルだとわかっている場合は、「開く」を選択すると開きます。
    image

ただし、ZIP形式は解凍だけでなく圧縮もできますが、LZH形式で行えるのは解凍機能だけです。
右クリックして表示されるメニューの「送る」に「圧縮(zip 形式)フォルダー」しかない

圧縮したいと思うファイルを右クリックして表示されるメニューの「送る」に「圧縮(zip 形式)フォルダー」しか見当たりませんでした。と言うことで、Windows 7での LZH形式はLZH ファイルの解凍のみでした。

ZIPファイルを開いた際、表示されるエクスプローラーまた、Windows XPまでできた ZIP ファイルにパスワードを追加がWindows 7 できるかどうかですが、Windows 7 も Vista と同様できませんでした。

ZIPファイルを開いた際、表示されるエクスプローラーのツールバーや「表示」内にも、「パスワードを追加する」と言う項目は見当たりませんでした。

ただ、圧縮ファイルを解凍した際のエクスプローラーにちょっと面白い項目が表示されます。そのZIPファイルに「パスワードの保護」があるかどうかの項目が表示されるのです。これによって、解凍する際にパスワードを入力する必要があるかどうか、一目でわかるようになりました。

圧縮ファイルを解凍した際のエクスプローラー「パスワード保護」の項目がある

2012年4月18日 追記:
LZHファイルが展開できない、右クリックしても「すべて展開する」などのような項目が表示されない場合は、Windows 7の日本語版なのにLZHの展開が出来ないをご参照ください。

« Excel VBA アクションゲーム作成入門 | トップページ | 確定申告書を IE8 RC1 で作成 »

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。
windowsxpから昨日、windows7になったユーザーです。
xpのパソコンでしていたことをすべて引き継ぐため、HTMLのエディタを探したり、いろいろしていくうちにLZHの解凍ソフトが必要になり、探している途中でこちらのブログを拝見しました。
いらないんだ!
日本語版だけというのが不思議ですが、感動です。
このような情報は初めてwindows7遭遇して、使わないといけない私のようにものには、大変助かります。
ありがとうございました。

本題ではありませんが蛇足を。
別に本文を非難しているのではなく、これを機会に皆様に知ってもらうということで。

「解凍」という用語は、俗な言い方です。
正しい言い方では、「展開」または、「伸張」ですね。
「解凍」の反対語は「凍結」です。

まあ、「解凍」がデファクトスタンダードなので目くじらをたてる必要はないかもしれませんが、企業でシステムを開発している場合や、公式の説明書を執筆している場合は、「展開」が無難でしょう。この記事に出てくるWindowsの画面でも「展開」としていますね。

大容量記憶と高速通信の発達した今日、データ量の削減よりもタイムスタンプの保存を目的に「圧縮」することもありますね。「無圧縮の圧縮ファイル」なんて矛盾した言い方になることもありますので、そのような場合は「圧縮-展開」よりも「凍結-解凍」のほうが実は適しているのかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/44050796

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 の解凍機能について:

« Excel VBA アクションゲーム作成入門 | トップページ | 確定申告書を IE8 RC1 で作成 »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ