« Windows 7 に Windows Live メールをインストール | トップページ | 物理PCでの Windows 7 Beta »

2009年1月11日

Windows 7 で Windows Live メールの設定

Windows 7 に Windows Live メールをインストールの続き。

インストールの済んだ Windows Live のアプリケーションは、Windows 7 Beta の[スタート]メニュー「すべてのプログラム」内で見つかります。「Windows Live」のフォルダを開くと、Windows Live メールがあることでしょう。

でも、毎回、[スタート]メニューを開いてメールを起動するのは面倒!と思いますよね。そう思う場合、Windows 7 では、タスクバーにショートカットアイコンを常に表示できるようになりました。

  1. [スタート]メニューのタスクバーに表示させておきたいショートカットで右クリック
  2. メニューが表示されますので、「タスク バーに表示する」を選択

これだけで、下記のようにタスクバーに表示させることができました。タスクバーに表示された Windows Live メール

もしくは、何かソフトを起動します。すると、タスク バーに起動中のソフトのアイコンが表示されます。それを右クリックして、表示されたメニューから「Pin this program to taskbar」をクリックしてもタスク バーに常に表示することができました。

なお、タスクバーに表示させたショートカットを非表示にしたい場合[スタート]メニューのそのショートカットで右クリック、今度は、「タスクバーに表示しない」を選択するか、タスクバーに表示したくないアイコンを右クリックして表示されたメニューから「Unpin this program from taskbar」をクリックしても良いでしょう。

それでは、早速、Windows Live メールを起動し、メールの送受信ができるよう設定してみましょう。

  1. Windows Live メールを起動
  2. 「電子メール アカウントを追加する」画面が開きます。      
    「電子メール アカウントを追加する」画面 
    ここに、Windows Live ID とそのパスワード、そして、メール送信時に表示させる名前を入力。「パスワードを保存する」にチェックをつけ「次へ」をクリック
  3. 以上で完了です。

今まで、Windows Live IDを使ってメール交換していた場合は、これまでの送受信メールが自動的にダウンロードされます。また、メールだけでなく、その Windows Live IDで使っていたカレンダーやアドレス帳も自動的にダウンロード。これまで、必然だったメッセージやアドレス帳の引っ越し作業は、Windows Liveを使うと必要なくなるのでした。

ところで、Windows Live メール起動時に「Windows Live メールを通常使用する電子メール プログラムとして設定しますか?」とメッセージが表示されたので、「はい」をクリックしてみました。   
「Windows Live メールを通常使用する電子メール プログラムとして設定しますか?」とメッセージ

通常ならば、これで、Windows Live メールが既定のプログラムとして設定され、何かアプリケーションからメールを作成したい場合は、自動的に Windows Live メールの新規メール作成画面が起動するはずなのです。   
ところが、IE8 や Snipping Tool から電子メール作成をしてみたところ「既定のメール クライアントが正しくインストールされていない」というメッセージが開いて、新規メール作成ウインドウが開いてくれませんでした。

既定のメール クライアントが正しくインストールされていないため、この操作を行えませんでした。

一応、「既定のプログラムの設定」を確認してみましたが、Windows Live メールは「既定」に設定されていました。

この現象はバグだと思われますので、しばらくご留意ください。

この他、Windows Live メールの使い方に関しては、Windows Live 検証の館の「Live Mail」をご参照ください。

2009年3月2日 追記:
「既定のプログラム」の「プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定」を使っても「既定のプログラム」に設定することができます。ただし、「プログラムのアクセスとコンピュータの既定の設定」を使った場合は、同じコンピュータを使っているすべてのユーザーに適用されてしまいますので、ご注意ください。

2009年12月27日 追記:
「既定のメール クライアントが正しくインストールされていない」というメッセージが表示される現象は、2009年10月22日に発売された Windows 7 の製品版で確認したところ、起こりませんでした。修正済みのもようです。

« Windows 7 に Windows Live メールをインストール | トップページ | 物理PCでの Windows 7 Beta »

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/43707427

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 で Windows Live メールの設定:

» Windows Live メールで転送をテキストメールですると元の差出人のメールアドレスが分からなくなる。 [パソコンと家電の豆知識]
 管理人はこれまで通常、単独でEdMaxというメーラーを使っていたのですが、部署移動によりチームでの仕事となったため、メールの振り分けをする必要が生じ、使い慣れたEdMaxからWindows Live メールに変更したの...... [続きを読む]

« Windows 7 に Windows Live メールをインストール | トップページ | 物理PCでの Windows 7 Beta »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ