« 「○○君いますか?」という電話 | トップページ | Excel を上書き保存するとTMPファイルができる(2) »

2008年12月 8日

COREGA のルーターでWHSのリモートアクセス接続

我が家の無線LANルーターを BUFFALO から COREGA CG-WLBARGNM に乗り換えました。COREGA のルーターでは、Windows Home Server のリモート アクセス接続って、できないものなのでしょうか?

新ルーターでの「ルーター構成の詳細」新しいルーターでの Windows Home Server で紹介しましたが、デフォルトの設定では上手くできませんでした。

何とかできないかなぁ?と思っていろいろやってみたところ、下記のように設定するとできることがわかりましたので紹介しましょう。

まずは、Windows Home Server の IPアドレスを固定してしまいましょう。

  1. Windows Home Server の [スタート]-[コントロールパネル] ‐ [ネットワーク接続] - [使っているLANアダプタ名] を右クリックし、[プロパティ]を選択。
  2. 「接続の方法」に、使っているLANアダプタのドライバが表示されていることを確認
  3. 「インターネットプロトコル(TCP/IP)」を選択し、[プロパティ]をクリック
  4. 「次のIPアドレスを使う」にチェックを入れる。
  5. 「IPアドレス」欄にWindows Home Server で使おうと思うIPアドレスを入力。      
    ルーターの設定で確認しましたら、「DHCP開始アドレス」が「192.168.1.21」。「DHCP終了アドレス」が「192.168.1.50」になっていました。通常は、「21」から順番に自動で設定されていきます。「21」~「50」の間で、我が家では使わないであろうIPアドレスに設定します。
  6. 「サブネットマスク」に[255.255.255.0」と入力。
  7. 「デフォルトゲートウェイ」にルータのIPアドレスを入力。      
    ルーターのIPアドレスは、Windows Home Server の「ルーター構成の詳細」の「ホームサーバーのIPアドレス」に表示されています。
  8. 「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックを入れる
  9. 「優先DNSサーバー」にルータのIPアドレスを入力。なお、代替DNSサーバーには何も入力しない。
  10. [OK]をクリック。
  11. プロパティ画面に戻るので[OK]をクリック

引き続いて、Windows Home Server に転送するポートを解放します。

参考ページ:CG-WLBARGNMでのポート開放の方法

  1. ルーターの設定にログイン
  2. 「詳細設定」-「バーチャル・サーバ(ポート開放)」を開く
  3. 「接続先」の右側の「▼」をクリックし、Windows Home Server のIPアドレスを選択
  4. 「サービス」欄は「ユーザー定義」
  5. ホーム サーバーの IP アドレスに転送する必要があるのは、TCP ポート 80、TCP ポート 443、および TCP ポート 4125 です。      
    「ポート範囲」欄の左側のみに「80」と入力。「プロトコル」は「TCP」にして「登録」ボタンをクリック。下の表に追加されたのを確認したら、引き続き TCP ポート 443、および TCP ポート 4125 も同じように登録。
  6. ルーターを再起動

これで、「ルーター構成の詳細」を再度確認したところ・・・(ドキドキ)   
全部きれいに通りました。

全部きれいに通った「ルーター構成の詳細」

「状態の概要」にも「ルーターが構成され、正しく動作しています。」と表示されています。(^^)//パチパチ

Windows Home Server Web Site ログオンページ Windows Home Server Web Site のリモートアクセスページ

これで、PHSの回線を使わなくても、Windows Home Server のリモート アクセス接続ができるようになりました。

« 「○○君いますか?」という電話 | トップページ | Excel を上書き保存するとTMPファイルができる(2) »

Home Server」カテゴリの記事

コメント

コレガ ルーター WHS 設定 みたいな所から検索してここ見つけて参考にさせてもらってます。

じぶんが使ってるのはCG-WLBARGNHなんでほとんど同じにつかえるとおもうんですが、ルーターの設定とか真似させてもらって試したんですが、なかなかルーター構成のとこ5・6が三角のままなんですよねぇ…

楽しいんだけど、さすがにイラついてきたU>ω<)ノ
パッケージの製品版があるわけじゃないから、紙媒体の説明本とかないのがつらいです…orz

こんにちは。はじめまして。
WHSの事で、いろいろ情報ないかなぁ~なんて探してたらたどり着きました。
ルーターにもよりますけど、5,6番がだめでも、ちゃんと外部からのリモートアクセスはできます。ちなみに、内部(LAN内)からのアクセスは、たいがいの場合ルーターの設定画面へ飛んでしまいますが、
以下のファイルにちょっと設定すると内部からでもリモートアクセスが可能になります。
XPやビスタの場合
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
hostsファイルをノートパッドなどで開きます。
最後の部分に「127.0.0.1 localhost」
と記載があると思います。このすぐ下に
WHSのIPアドレスとドメイン名を記載して保存すると、内部からでもリモートアクセスできます。(HPなどを公開している場合も同様に内部からHPを見れます)


127.0.0.1 localhost

192.168.0.50 ○○○.homeserver.com

またちょくちょく見にきますね(^^)/

しんさん、いらっしゃいませ!

面白い情報をありがとうございました。
実際に作業してみました。

http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2009/02/web-1436.html
で紹介してみました。
すごく調子いいです。
有益な情報をありがとうございました。

こんにちは、いろいろとWHSのことを調べていてたどり着きました。どうしても、リモートアクセスのルータ設定で引っ掛ってしまいます。ルーターは、BUFFALOのWHR-G300Nを使用しています。自動での認識をしてくれないので、手動でポートを開いて再度認識させるのですが、皆さんのようにルーターの構成の詳細画面が開くのですが検証が開始されません。(検証するまでにかなり時間がかかりますか?)何か原因があるのでしょうか?
IPアドレスはルータが*.*.11.1なので*.*.11.3に割り当てています。何かよきアドバイスがあれば、教えていただければ幸いです。

しょうたさん、いらっしゃいませ。

すみません。
ここは、個人のブログであって、パソコンの質問に答えるためのコーナーではありません。
そう言う質問をここでされても困ってしまいます。
申し訳ございませんが、そう言った質問は、そういうことを答えてくれる掲示板等でなさってください。

WHSサーバーにリモートアクセスできず、
困っていたのですが
このページを参考にし、ポートの設定を行って
解決することができました。
情報提供ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/43356570

この記事へのトラックバック一覧です: COREGA のルーターでWHSのリモートアクセス接続:

« 「○○君いますか?」という電話 | トップページ | Excel を上書き保存するとTMPファイルができる(2) »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ