« Google Chrome (BETA) for Windows | トップページ | Windows, Office 製品の用語について【報告】 »

2008年9月 4日

IME 2007の改良モジュール公開

Microsoft Office IME 2007の改良モジュールが公開されました。

IME チームのブログIME 2007の改良モジュールのリリース より
(2008年8月6日に記事が復活)

「Microsoft Office IME 2007」の言語バーこのモジュールは、右記のような言語バーの Office 2007(Word 2007やExcel 2007が搭載されているタイプ)が搭載されているタイプの Microsoft Office IME 2007のものです。Office 2007 が搭載されていないタイプでは使えません。また、一般的に使われている 32bit システム用です。64bit には対応していません。

さて、今回、修正されたのは、下記の3つです。

  • 変換結果が細かく区切れて誤変換する
  • 以前変換した単語が、すぐに変換結果として出てこない
  • 登録した単語が、すぐに変換結果として出てこない

※ご注意      
この修正プログラムには、システムの互換性やインストールに関して何らかの問題が発生する恐れも含んでいます。「何らかの問題が生じたら自力では修復する自信がない」と思う方は、近い将来公開されるであろう Service Pack までお待ちください。

IME 2007 改良モジュールのダウンロード方法

  1. 改良モジュールに関する説明とダウンロードは、下記のページです。      
    IME (Input Method Editor (日本語) 2007 修正プログラム パッケージ: 2008 8 月 26 日
    説明文は、機械翻訳のため、わかりにくいのですが一通り読んでおいてください。
    (2008年9月10日現在:機械翻訳どころか、英語ページになっていますのでご注意ください。)

    2008年9月12日:機械翻訳から日本語版になったもようです。説明文を一通り読んでおきましょう。
  2.    
  3. ダウンロードは、ページの上の方、メニューバーとタイトルの間。      
    ダウンロードのリンク部分      
    「この技術情報に対応する修正プログラムのダウンロードのリスト」と書かれた部分です。
  4.    
  5. 「この技術情報に対応する修正プログラムのダウンロードのリスト」をクリックすると「使用許諾契約書」が開きますので、よく読んでから「同意する」をクリックします。
  6.    
  7. 「修正プログラムのダウンロード」ページが開きます。      
    「修正プログラムを選択する」で「2007 Microsoft Office System」にチェックを付け、メールアドレスを入力。
  8.    
  9. 画像として描かれている数字を入力
  10.    
  11. 「リクエストを送信する」のボタンを押します。
  12.    
  13. 修正プログラムの情報が入力したメールアドレス宛に送信されてきます。      
    5分以上待っても送信されてこない場合は、別のメールアドレスを使ってリクエストしてみてください。
  14.    
  15. メールには、この修正プログラムをインストールする際の注意が書かれていますのでよく読みましょう。
  16.    
  17. また、ダウンロードする際に必要なURL と解凍用パスワードも記載されています。    
    指定されたURLにアクセスしてダウンロードします。
  18.    
  19. ダウンロードしたファイルを実行すると、どこに解凍するのか英語で聞かれます。自分のわかりやすい場所(デスクトップなど)を指定しましょう。
  20.    
  21. 次に進むと、パスワードを入力欄が表示されます。メールに記載されていたパスワードを入力します。
  22.    
  23. 次に進むと解凍が始まります。
  24.    
  25. 解凍されたファイルをクリックするとインストールが始まります。後はパソコンの指示に従ってください。
  26.    
  27. インストールが完了したら、パソコンを再起動させます。

なお、ダウンロードしたファイルや解凍ファイルは、インストール完了後、削除してしまっても構いません。

さて、改良モジュールをインストールしてみましたところ、今までIMEが学習した内容が初期化されました。しばらく、ユーザーの変換の仕方を学習させる必要があるもようです。なお、ユーザー辞書に登録した単語は、きちんと残っています。

なお、2007 Microsoft Office System Service Pack 1 (SP1) が入っていなくても、この改良モジュールは使えるとのことです。

参考:IME 2007 で入力した日本語を変換するときに文節が細かく区切られて誤変換される、または登録した単語が変換候補の下のほうに表示される

2008年10月21日追記
64bit版対応のIME 2007 の修正プログラムが公開されました。詳細は、IME 2007 変換精度、学習機能を改善した修正プログラムでご確認ください。

 

« Google Chrome (BETA) for Windows | トップページ | Windows, Office 製品の用語について【報告】 »

MS-IME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/42376595

この記事へのトラックバック一覧です: IME 2007の改良モジュール公開:

« Google Chrome (BETA) for Windows | トップページ | Windows, Office 製品の用語について【報告】 »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ