« IE8 Beta2 に Google ツールバーを組み込む | トップページ | IE8 Beta2 の InPrivate ブラウズ »

2008年8月29日

IE8 Beta2 の「互換表示」について

IE8 Beta2 には、Beta1 にあった「Emulate IE7」のボタンがなくなりました。Beta2 では、レイアウトや操作が変な具合になることから解消された!というわけではありませんでした。

やっぱり、探すと変な具合の Web ページが見つかります。アドレスバーにある「互換表示」

IE8 Beta2 では、「Emulate IE7」ボタンの代わりに「互換表示」という機能がつきました。

互換表示とは「Windows Internet Explorer ベータ 2 にようこそ」より

Internet Explorer 8 に組み込まれている [互換表示] ボタンにより、古いブラウザー向けにデザインされた Web サイトを表示できます。テキスト、画像、またはテキスト ボックスの位置がずれるなど、Web サイトの表示に問題が発生した場合は、[互換表示] ボタンを押します。[互換表示] ボタンは、アドレス バーの [更新] ボタンの隣にあります。

コマンドバーを右クリックして表示されたメニュー「互換表示」ボタンが表示されていませんか?そんな場合は、コマンドバーの辺りを右クリックします。すると、メニューが表示されます。そのメニュー内の [互換表示] ボタンにチェックが付いているかどうか確認してください。チェックが付いていない場合は、クリックするとチェックがつきます。

ところが、このメニューの設定を確認しても、「互換表示」ボタンが表示されない Web ページがあるのに気がつきました。

どうも、すべてのWebページで表示されるというものではないようです。「IE8のレンダリングモード指定が Web サーバー 又は コンテンツ側からされている場合には表示されません」ということなのですが、この辺の詳細は、またわかりましたら、紹介したいと思います。

ということで、いくつか全く表示されないページもありますし、設定で追加すると表示される場合もあります。

Google のWebページでは、「互換表示」ボタンが表示されない例えば、Google でも「互換表示」は表示されませんでした。これが何故表示されないのかは、わかりません。ただ、追加をすると、Google のトップページでは表示されませんが、Google で検索して見つかったページでなら「互換表示」を表示させることができました。(すみません。追加をしなくても Google の検索結果ページに「互換表示」ボタンは表示されます。表示されないのは、Google であるトップページです。)

「互換表示」が表示されない Web サイトで「互換表示」が表示されるよう設定を変更する方法

  1. IE8 Beta2 を起動し、ページに問題が発生したがアドレスバーに「互換表示」が表示されないページがあったとします。    
    問題が発生した Office Live のページ
  2.    

  3. 「コマンドバー」の「ページ」から「互換表示設定」を選択   
  4.    

  5. 「互換表示設定「互換表示設定」画面で Web サイトを追加 」の画面が開く      
    既に「互換表示に追加する Web サイトのアドレス」欄には、「互換表示」を表示させたいページのURLが入力されているので、確認してから「追加」ボタンをクリック   
  6.    

  7. アドレスが「互換表示の Web サイト」欄に追加されたのを確認   
  8.    

  9. 「閉じる」ボタンを押す
  10.    

  11. これで、今まで、「互換表示」ボタンが表示されていなかったWeb ページでも「互換表示」ボタンが表示されるようになることでしょう。      
    「互換表示」を有効にして再アクセス       

「互換表示」ボタンの使い方

「互換表示」ボタンは、Web ページを開いてみて、レイアウトが崩れている、文字の大きさがおかしい、上手く動作しない、という場合に使ってみてください。

「互換表示」が実行されている画面「互換表示」ボタンを押すと、一瞬、「互換表示で実行されています」というメッセージが表示され、白かった「互換表示」のボタンが薄い青に変わります。

 

そして、そのページ内での問題が修正されたことを確認してください。

なお、Beta1 の「Emulate IE7」のように、IE8 を一旦閉じて再起動させる必要はありません。「互換表示」ボタンを押した途端に実行されます。

「互換表示」を解除したい場合は、青くなっている「互換表示」ボタンを押すだけです。解除の場合、メッセージが表示されませんが、「更新」ボタンを押したような感じで解除されます。

IE8 Beta2 で変なページを見つけたら

互換表示にしないと上手く閲覧できない、もしくは、互換表示にしても問題が修正されない Webページを見つけた場合は、Report a Webpage Problem Internet Explorer 8.0 Beta Add-On を使って報告してみてください。英語表記のツールですが、インストールの仕方から使い方までをIE8 β版で変なページを見つけたらで紹介しています。説明文は、Beta1 の時のものですので、「Emulate IE7」と記載してありますが、「互換表示」と読み替えてみてください。

常に「互換表示」にしておきたい場合

IE8 Beta2 をテストするために IE8 を使っている場合は、「互換表示」を切ったり入れたりとしていれば良いのですが、テストではなく、仕事でブラウザを使う場合、、「互換表示」を切ったり入れたりするのが面倒なことがあります。そんな場合は、常に互換表示で表示されるよう、設定してみましょう。

  1. IE8 Beta2 を起動   
  2.    

  3. 「コマンドバー」の「ページ」から「互換表示設定」を選択   
  4.    

  5. 「互換表示設定」の画面が開いたら「互換表示ですべての Web サイトを表示する」にチェックをつける   
  6.    

  7. 「閉じる」ボタンを押して「互換表示設定」を閉じる
  8.    

  9. IE8 Beta2 を再起動する

以上ですべてのページが「互換表示」で表示されます。なお、この設定が有効になっていると「互換表示」ボタンは表示されません。

« IE8 Beta2 に Google ツールバーを組み込む | トップページ | IE8 Beta2 の InPrivate ブラウズ »

Internet Explorer」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/42314640

この記事へのトラックバック一覧です: IE8 Beta2 の「互換表示」について:

» 【IE8】についてサーチエンジンで検索してみると [気になるキーワードでブログ検索!]
IE8 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… [続きを読む]

« IE8 Beta2 に Google ツールバーを組み込む | トップページ | IE8 Beta2 の InPrivate ブラウズ »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ