« ブログ通信簿 | トップページ | Microsoft が新しい長音表記ルールに順次移行 »

2008年7月25日

Excel 2007 の オプションに「常に ClearType を使用する」がない

会社と自宅で、Office 2007 の Excel を使っています。
ふと気がついたのですが、会社の Excel のオプションには「常に ClearType を使用する」があります。しかし、自宅の Excel のオプションにはありません。どうしたら自宅でも表示されるようになるのでしょうか?

この現象は、OS の違いによって起こります。会社では、Windows XP を使っていらっしゃるのではありませんか?そして、ご自宅では、Windows Vista を使っているでしょう。

Excel 2007の「Excel のオプション」の開き方

  1. Excel 2007 を起動し、Office ボタンをクリック      
    Office ボタン
  2. 開いた画面の下の方にある「Excel のオプション」をクリック      
    「Excel のオプション」の位置
  3. 「Excel のオプション」が開きます。      
    Windows XP Excel 2007 のオプション    Windows Vista Excel 2007 のオプション

「Excel のオプション」を2枚並べてみました。画像は、クリックすると大きく表示されます。タイトルバーが青いのが Windows XP の「Excel のオプション」で、少し透明なのが Windows Vista の「Excel のオプション」です。

Windows XP の方の「Excel の使用に関する基本オプション」には「常に ClearType を使用する」がありますが、Windows Vista の方には見当たりません。

Excel のヘルプをこのオプション内で開くと「Excel の操作の基本オプション」の「常に ClearType を使用する」に関する「メモ」にこう書かれています。

Microsoft Windows XP が実行されているコンピュータでは、このオプションをオンに設定すると、Windows の ClearType の設定より優先されます。Windows Vista が実行されているコンピュータでは、このオプションは使用できません。

ヘルプには、「Vista では使用できない」と書かれていますが、Vista の「Excel のオプション」には「常に ClearType を使用する」がないようです。

Office 2007 では、ClearType を使って欲しいもようです。Office 2007 で ClearType を使用しないとどうなるか?という解説は、2007 に Office プログラムでのフォントがあると予想されたので、明確発生しないことがあります。 にありました。この Microsoft サポート オンラインの情報(KB)は、英語を機械翻訳したものなので、非常にわかりづらいのですが、原語に直して方法2(Method 2:)の部分を読んでみたところ下記のようなことが書いてありました。

Office 2007 では、ClearType を使用すると最適に表示されるようになっています。特に、Word 2007 のレイアウト画面で ClearType フォントは常に使用されます。   
もし、Office 2007のプログラムのどれかで「常に ClearType を使用する」の設定を切ると、全ての Office 2007 製品でこの「常に ClearType を使用する」の設定が切れてしまい、Word 2007 のレイアウト画面は不適切な表示となることでしょう。なお、Office 2007 の ClearType フォント表示は、Windows XP の場合、Office 2007 での設定に従い、Windows Vista の場合、OS の設定に従います。

Windows XP の 初期設定では、「画面のプロパティ」-「デザイン」タブの「効果」にある「次の方法でスクリーン フォントの縁を滑らかにする」の設定が切れているか、チェックが入っていても「ClearType」ではなく「標準」になっています。Office 2007 としては、これでは困るので、Office 2007で ClearType を使うよう設定したのでしょう。そして、Windows Vista では、「個人設定」-「ウインドウの色とデザイン」-「詳細な色のオプションを設定するにはクラシック スタイルの [デザイン] プロパティを開きます」で開く「デザインの設定」の「効果」の「次の方法でスクリーン フォントの縁を滑らかにする」が「ClearType」になっています。Office 2007 は、この設定に従って表示するにしたのでしょう。だから、Windows XPでも初期設定で「ClearType」になっていれば、こんなことにならなかったことでしょう。

ということで、Windows Vista に搭載した Office 2007 の Word や Excel、PowerPoint、Outlookの「オプション」には、「常に ClearType を使用する」がありません。

Windows Vista の Access 2007 オプション と、ここまではよかったのですが、Windows Vista の Access 2007 の「オプション」を開いて、ちょっとビックリしています。「Access のオプション」の基本設定に「常に ClearType を使用する」があるのです。

これは、バグでしょうかね?それとも、Access 2007 だけ別なのでしょうか?> Microsoftさん

なお、Office 2007 のWord や PowerPoint、Access の「オプション」の開き方は、最初に紹介した Excel のやり方と同じです。しかし、Outlook だけちょっと違います。Outlook 2007 には、Office ボタンがありませんので、下記のようにして開いてください。

  1. メニューバーの「ツール」から「オプション」を選択
  2. 「オプション」が開いたら「メール形式」タブを開く
  3. 「編集 オプション」のボタンをクリックすると開きます。

« ブログ通信簿 | トップページ | Microsoft が新しい長音表記ルールに順次移行 »

MS Office」カテゴリの記事

Vista」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

つまり「常にClearTypeを使用する」という設定はWord2007のレイアウト画面がくずれないようにするためということなんでしょうか。

であるならば、Word固有のローカルな設定にして、ExcelはOSの設定を反映すれば良い気がしますが。

ちょっと関係ないですが、IE7とVisio2007にもClearTypeに関する個別の設定がありますね。

syu5さん、いらっしゃいませ!

> つまり「常にClearTypeを使用する」という設定はWord2007のレイアウト画面がくずれないようにするためということなんでしょうか。

いや、「文字を単にきれいに見えるよう表示する」というためのものだと思っています。

> であるならば、Word固有のローカルな設定にして、ExcelはOSの設定を反映すれば良い気がしますが。

そう思うのですが、何ででしょうね?
もし、原語のKBを読み違えていましたら、ご指摘のほど、よろしくお願いします。

> ちょっと関係ないですが、IE7とVisio2007にもClearTypeに関する個別の設定がありますね。

はい、ありますね。
Visio は、ちょっと持っている人も特殊なのと、KB926705の関連製品になかったので。

IE7は、インターネットオプションの「詳細設定」タブを開き、マルチメディアの項目にある「HTMLで常に ClearTypeを使用する」というのですね。
これまた、いろいろな OSに対応させるためかと思います。
ちなみに、ベータ版のIE8にもあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/41964229

この記事へのトラックバック一覧です: Excel 2007 の オプションに「常に ClearType を使用する」がない:

« ブログ通信簿 | トップページ | Microsoft が新しい長音表記ルールに順次移行 »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ