« Livly ミツバチをやっつけました | トップページ | Office IME 2007 単語の登録の「短縮よみ」 »

2008年5月22日

Office IME 2007 ユーザー辞書の登録のコツ

2008年2月22日の「Office IME 2007の躾け方」で Office IME 2007のユーザー辞書に登録する際の注意として

「よみ」に「ひらがな+記号」も使えますが、変換するとひらがなの部分と記号の部分で文節が分かれて変換されてしまいます。しばらくは、文節を結合して学習させてください。

と紹介しました。

さて、「ひらがな+記号」は良いのですが、「ひらがな+アルファベット」にした場合、全く学習してくれないことがあるのに気がつきました。しかし、学習してくれるタイプと学習してくれないタイプがあるのです。

私は、自分の管理しているサイトのURL、「さいとめいHP」といった感じで登録してあります。例えば、ここ「ココログ」であれば、「こころぐHP」と言った具合です。このタイプは、何度学習させても「こころぐ」と「HP」に文節が分かれて変換されてしまいます。仕方がないので、Shift+右矢印キーで文節をつなげてから再変換させています。

ところが、とあるサイトだけは何故か1回で変換できるのです。このサイトの「よみ」は、アルファベットの「HP」の部分が「hp」となっていました。アルファベットが小文字だと1回学習させれば、後は素直に変換できるのです。

Office 2003/2002 ではどうだろう?と、実際に登録して確認してみたところ、「よみ」の登録が「こころぐHP」でも「こころぐhp」でも、関係なく1回学習すれば次回からスムーズに変換できることがわかりました。ということで、Office 2007になってちょっとおかしい模様。

ですから、もし、Office IME 2007を使っていて、「よみ」に「ひらがな+大文字アルファベット」を使っている語句がありましたら、小文字に直してみるとスムーズに変換できることでしょう。

そして、大文字で登録した場合は、「変換」キーを押さないと変換できないのに対して、小文字だと「スペース」キーでも変換できてしまいました。これは、きっと小文字で登録しておいた方が便利なことでしょう。

« Livly ミツバチをやっつけました | トップページ | Office IME 2007 単語の登録の「短縮よみ」 »

MS-IME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/41285887

この記事へのトラックバック一覧です: Office IME 2007 ユーザー辞書の登録のコツ:

« Livly ミツバチをやっつけました | トップページ | Office IME 2007 単語の登録の「短縮よみ」 »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ