« Windows Live Writer で画像挿入 | トップページ | 写真投稿テスト »

2008年2月28日

異なる分節区切りの変換候補を表示する

Office IME 2007の躾け方 で文節変換をするやり方を紹介しました。あの方法は、手動で文節を切り換える方法でした。 

今回は、自動的に文節区切りを変更し、変換候補を表示させる方法を紹介しましょう。
なお、この方法は、Office IME 2007 のみで使えます。

「Microsoft Office IME 2007」の言語バー

お使いの言語バーをよく確認してから、設定ください。

設定方法

  1. Office IME 2007の言語バーより「ツール」-「プロパティ」を開くMicrosoft Office IME 2007 のプロパティ
  2. 「変換」タブを開く
  3. 「変換」内にある「異なる分節区切りの変換候補を表示する」にチェック をつける
  4. 「OK」をクリック

以上で「異なる分節区切りの変換候補を表示する」が使えるようになります。

例えば、こんな具合です。
「ここではきものをぬぎます」と打って変換します。

最初は、「ここで履き物を脱ぎます」と変換されることでしょう。「異なる分節区切りの変換候補を表示する」の設定をしていない場合、再変換すると「ここで」の部分のみの変換候補を表示することでしょう。
。「異なる分節区切りの変換候補を表示する」非設定

よく見ると、「ここで」の下にある線が他のものより濃く表示されています。これは、文節区分を変更できることを示しています。そこで、Office IME 2007の躾け方 で紹介したShift+左右矢印キーを使って、文節を変更し変換します。

さて、「異なる分節区切りの変換候補を表示する」に設定すると、自動的に文節区切りを変更し、「ここでは着物を脱ぎます」とも変換されるようになります。

「異なる分節区切りの変換候補を表示する」設定時

« Windows Live Writer で画像挿入 | トップページ | 写真投稿テスト »

MS-IME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/40305024

この記事へのトラックバック一覧です: 異なる分節区切りの変換候補を表示する:

« Windows Live Writer で画像挿入 | トップページ | 写真投稿テスト »

Translator


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ