« Windows Live メッセンジャーに再生中の曲を表示させる | トップページ | 「あわせて読みたい」スイーツ当選者発表! »

2008年1月17日

Internet Explorer 7 をインストールしたくない場合

2007年10月5日、予定外に配信されてしまった Internet Explorer 7でしたが、正式に自動配信される2008年2月13日に決まりました、と2008年1月13日の「Internet Explorer 7 を使いたくない場合」でも紹介しました。

Internet Explorer 7を自分のパソコンには、インストールしたくない場合は、Microsoft から公開された自動配布の無効化ツールキット (Blocker Toolkit)を使ってブロックします。ところがこのツールキットは、ただ単にダウンロードしたファイルを実行するだけではだめで、ツールを実行しなければなりません。この説明が Microsoft では、チンプンカンプン。

そこで、パソコンFAQさんの「Internet Explorer 7.0 への自動更新を無効にする」を紹介したわけですが、こちらのやり方もわからないという問い合わせをいただきました。そこで、比較的簡単にできる方法を考えてみましたので、下記のように作業してみてください。

なお、既に黄色い盾が表示されていて、IE7をインストールするよう促されているパソコンでIE7をインストールしたくない場合は、IE7 が自動更新?を参考にして対処してみてください。

自動配布の無効化ツールキット (Blocker Toolkit) の使い方

  1. 自動配布の無効化ツールキット (Blocker Toolkit)をダウンロード。
    わかりやすい場所にダウンロードするか、そのまま実行して展開してください。
  2. ダウンロードした IE7BlockerToolkit_0816.exe をエンターして展開します。
    下記の展開させる画面(Winzip Self-Extractor)が表示されますので、「Unzip」ボタンをクリック。
    IE7BlockerToolkitの展開画面
    展開する場所は変更しないでください。
  3. 「4 file(s) unzipped successfully」と表示されたら成功です。「OK」ボタンを押します。
  4. 続いて、Winzip Self-Extractor の×ボタンを押して展開させる画面を閉じます。
  5. [スタート]メニューから「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  6. 「名前」欄に
    C:\DOCUME~1\ADMINI~1\LOCALS~1\Temp\IE7BlockerToolkit_0816\IE70Blocker.cmd /B

    と入力して(上記をそのまんまコピーして貼り付けてください)「OK」ボタンを押します。
  7. 一瞬、コマンドプロンプト画面が開いて、
    Blocking deployment of Internet Explorer 7.0 on the local machine 操作は正しく終了しました
    と表示され、すぐ消えるはずです。

以上で完了です。
なお、後日、やっぱり、Internet Explorer 7 をインストールしたいと思った場合は、「ファイル名を指定して実行」欄に今度は
C:\DOCUME~1\ADMINI~1\LOCALS~1\Temp\IE7BlockerToolkit_0816\IE70Blocker.cmd /U
と入力して「OK」をクリックします。
コマンドプロンプトの画面に「Unblocking deployment of Internet Explorer 7.0 on the local machine」と「操作は正しく終了しました」表示されたようなら、完了です。

また、自動配布の無効化ツールキットをどこに展開したのかわかるようにして、作業する場合は、こんな風にするといいでしょう。

  1. ダウンロードした IE7BlockerToolkit_0816.exe をエンターして展開します。
  2. 展開画面(Winzip Self-Extractor)が表示されますので、「Browse」 ボタンを押して自分のわかりやすい場所に指定します。
  3. 「Unzip」ボタンをクリック。
  4. 指定したフォルダ内に「IE7BlockerToolkit_0816」というフォルダが作成されます。
  5. その中に自分でバッチファイルを作成しましょう。
    アクセサリーにある「メモ帳」で、

    IE70Blocker.cmd /B

    という1行だけを入力して、名前をつけて保存します。拡張子を「.bat」としてください。また、保存先は、先ほど出来上がった「IE7BlockerToolkit_0816」フォルダ内にします。
  6. 作成したバッチファイルをダブルクリック して実行します。
  7. 一瞬、コマンドプロンプト画面が開いて、すぐ消えます。
  8. 以上で完了です。

正しくできたかどうかの確認方法

  1. 「ファイル名を指定して実行」に regedit と入力して、レジストリエディタを起動します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Setup\7.0 に「DoNotAllowIE70」があるかどうか確認し、そのデータの値が (1) になっていたら、ブロックされています。
    キー値が見つからなかったり、データの値が (0) になっている場合は、ブロックされていません。

« Windows Live メッセンジャーに再生中の曲を表示させる | トップページ | 「あわせて読みたい」スイーツ当選者発表! »

Internet Explorer」カテゴリの記事

Windows Update」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/17724375

この記事へのトラックバック一覧です: Internet Explorer 7 をインストールしたくない場合:

« Windows Live メッセンジャーに再生中の曲を表示させる | トップページ | 「あわせて読みたい」スイーツ当選者発表! »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ