« MS-IME 2007 で長文を一度に変換する場合のキー設定 | トップページ | Windows Live メールで折り返し設定を有効にする方法 »

2007年12月13日

2007 Microsoft Office System Service Pack 1 (SP1)

2007年12月12日に 2007 Microsoft Office System Service Pack 1が日本でも公開されました。

マイクロソフト サポート技術情報 (936982)「2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 (2007 年 12 月 11 日) について」

ただし、上記ページは、まだ機械翻訳のためか、何のことやらよくわかりません。

そこで、今回参考にしたのは「河端善博 ブログ / SQL Server / PASSJ」の「2007 Microsoft Office System SP1 は、Whitepaper 必読

「Microsoft Update の重要な更新として自動的に適用されます。」とありますが、自動的にダウンロードしてインストールされるということではありません。我が家の Microsoft Office 2007が搭載されている Windows Vista で確認したところ、「コントロール パネル」-「Windows Update」の「利用可能な更新プログラム」の中に「重要」となって見つかりました。

ダウンロードするファイルの容量は、226.1MB
これは、ちょっと時間かかりますねぇ。

さて、改善された点に「IME 2007 のパフォーマンス」があがっていました。
インストール後、確認してみました。Internet Explorer 7上で文字入力する際、一番最初の変換時にもたつきますが、その後は、スムーズに変換するようになりました。ただし、学習させた内容が全てクリアにされてしまいます。変換候補の順番等変わってしまいますので、ご注意ください。

その他参考ページ

追記:2007年12月30日
新しい情報が公開されました。

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 で修正される問題

Windows Vista の IE 7上で文字入力し変換しても、Microsoft IME 2007 の辞書ツールに登録した文字列が表示されない件、このSP1をインストールすることによって表示されるようになりました。

ただし、IE 7上でIME 2007のプロパティや「単語の登録」 「辞書ツール」を開こうとすると「この機能はスタンダード権限を持つアプリケーションからのみ利用できます。スタンダードユーザー権限を持つアプリケーションから起動してください。」というエラーメッセージは、相変わらず表示されますので、ご留意ください。

« MS-IME 2007 で長文を一度に変換する場合のキー設定 | トップページ | Windows Live メールで折り返し設定を有効にする方法 »

MS-IME」カテゴリの記事

Vista」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/17358605

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 Microsoft Office System Service Pack 1 (SP1):

« MS-IME 2007 で長文を一度に変換する場合のキー設定 | トップページ | Windows Live メールで折り返し設定を有効にする方法 »

Translator


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ