« Windows Vistaの「電子メール」とは? | トップページ | メッセージの返信に英語のヘッダを使用しない »

2007年10月31日

FrontPage 2003のRSSフィード自動生成ツール

Webサイトの制作に FrontPage 2003を使っているラムです。

このたび、いつも参考にさせていただいている「Expression Web & FrontPage blog」さんで「RSSフィードを生成するサンプルコード」の存在を教えていただきましたので、早速挑戦してみました。

FrontPage 2003 Sample: Creating an RSS Feed

しかし、その組み込み方法の解説ページは英語。orz
Creating an RSS Feed for Your FrontPage Web Site

かなり苦労してしまいました。
そこで、自分への覚書としてブログに記載しておこうと思います。

まず、RSSTool.exe をFrontPage 2003 Sample: Creating an RSS Feed からダウンロードし、インストールする。インストールと言ってもデータの入ったフォルダが置かれただけでした。デフォルトでは、C:\Office Samples\RSSTool に保存されました。この中を見ると[frmRssProps.frm]と[frmRssProps.frx] [rss.xsl]の3つのファイルが収まっていました。都合が悪い場合は、わかりやすい適当なフォルダに保存しても可。

FrontPage 2003を起動。Visual Basic Editor モジュール画面
「ツール」-「マクロ」から Visual Basic Editor を起動。
モジュールに

Public Sub ShowRssForm()
Dim frm As frmRssProps

Set frm = New frmRssProps
frm.Show
Set frm = Nothing
End Sub

と貼り付け。
モジュールを保存して Visual Basic Editor を閉じる。

FrontPage 2003へ戻り「ツール」-「ユーザー設定」を開く。FrontPage 2003の「ユーザー設定」画面
「コマンド」タブの分類「マクロ」から「ユーザー設定ボタン」をツールバーにドラッグして設置。

「ユーザー設定」の「コマンド」タブを開いた状態で「ユーザー設定ボタン」を右クリック。「マクロの登録」でマクロ名「ShowRssForm」が表示されていることを確認して「OK」ボタンを押す。

「ユーザー設定」ウインドウの「閉じる」ボタンを押す。

さて、解説ページでは、これでツールバーに設置した「ユーザー設定ボタン」をクリックすると「Create RSS Feed」画面が開くということらしいのですが、「コンパイル エラー:ユーザ定義型は定義されていません。」というエラーメッセージが表示されてしまいました。

何でかな?と悩んでいたらVBAに詳しい方から、「Visual Basic Editor でファイルのインポートをしてみては?」と教わりました。
Visual Basic Editor の「ファイル」-「ファイルのインポート」でダウンロードして保存した「RSSTool」フォルダ内を開けてみたところ[frmRssProps.frm]が見えました。これでインポート。
そうしたところ、見事起動することができました。感謝!(^^♪ 「Create RSS Feed」画面

では、この「Create RSS Feed」画面の使い方です。

  • 「Create feed for all files in the Web site」
    特にフォルダを指定することなく、全体のRSS フィードを生成する場合はこちらを選択。
  • 「Create feed only for files in the folder specified below」
    特定のフォルダのみでRSS フィードを生成したい場合は、こちらを選択。
    すぐ下にフォルダ一覧が見えるので、どのフォルダのみで生成するのか選択。なお、複数は選択できないもよう。
  • 「Number of days since page was last updated」
    過去何日以内に更新したファイルのRSS フィードを生成するのか指定できる。初期設定は7日になっている。「-1」と指定すると、いつ更新したかは関係なく全てのファイルに対して生成できる。
  • 「Name of the Web site or title of the RSS feed」
    自分のWebサイト名を入力(日本語表記でも可でした)
  • 「URL or address of the Web site」
    自分のWebサイトのURLを入力
  • 「Description for the RSS feed」
    自分のWebサイトの紹介文を入力。
    トップページのメタタグに記載してある name="description" の部分など

入力できたら「Create RSS File」ボタンをクリック。
すると、Webサイトの一番浅いディレクトリに [rss.xml]ファイルが出来上がりました。

ただ、[rss.xml] を開いてみたらエンコードがUnicode(UTF-8)になっていました。日本語表記にした場合、文字化けして読めないことでしょう。エンコードを変更します。

  1. テキスト上で右クリックして「エンコード」を選択。
  2. 「テキスト ファイルのエンコード」画面が開くので、「現在のファイルを次の形式で読み込み直す」で都合のよい形式、例えば「日本語(シフト JIS)」にし「再読み込み」ボタンを押す。
  3. きちんと読めるようになったのを確認後、「現在のファイルを次の形式で保存する」をこれまた都合のよい形式「日本語(シフト JIS)」にし、「名前を付けて保存」ボタンを押す。(上書き保存しても可)

なお、いちいちエンコード方式を書き直すのは面倒という方は、「FrontPage Web サイト用の RSS フィードを作成する」を参考にモジュールコードを書き直してみてください。

後、よく見たら <dc:creator></dc:creator>内に私の本名が記載されていました。FrontPageに登録してあるユーザー名を拾っているのでしょうか?これは、私の場合避けたいので全て削除。
また、後、各ページにname="description"を仕掛けてないから、<description></description>の部分にトップページのものを使っている箇所がありました。これも削除。
そして、今回のアップには必要ないページの<item></item>を削除。

後は、自分のWebサイトのトップページに
<link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="rss.xml" />
というタグを追加したらできあがり。

アップしてIE7で正しく表示されるか確認。

« Windows Vistaの「電子メール」とは? | トップページ | メッセージの返信に英語のヘッダを使用しない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/16931517

この記事へのトラックバック一覧です: FrontPage 2003のRSSフィード自動生成ツール:

» JIS/JIS [話題のキーワード]
「JIS」 に関する流行を追いかけよう!JIS に関するいろんなものを集めてみました! JIS に関する情報をゲットしよう! JIS 関連のアイテム 冷蔵庫の残り野菜使いきりセット1480 円 選べるカラー10色!2007年NEWモデル!いきなり50%OFFのSA...5480 円 2007年NE...... [続きを読む]

« Windows Vistaの「電子メール」とは? | トップページ | メッセージの返信に英語のヘッダを使用しない »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ