« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月27日

Microsoft Wireless Notebook Laser Mouse

現在、Microsoft Wireless Notebook Laser Mouseというマウスを使っています。
かなり高機能なマウスでして、マウスとしての機能だけでなく、拡大鏡やインスタントビューアも表示できるという優れものです。

拡大鏡は、ちょうど、虫眼鏡のようにして使います。一部分だけ拡大でき、なおかつ好きな所に動かせるというものです。

拡大鏡の画像

インスタントビューアは、複数のウインドウが立ち上がっている場合、どのファイルに移動したらよいかわかりにくくなってしまったときに使うと便利です。起動しているウインドウが小さな画面(サムネイル)になって表示されます。移動したい画面でクリックしてあげると、そのウインドウへ移動することができます。

インスタント ビューアの画面

さて、このマウス、一つ難点があります。
上記サイトの説明にもありますが

お使いのコンピュータに既にマウス ソフトウェアがインストールされている場合、IntelliPoint ソフトウェアをインストールすると、IntelliPoint ソフトウェアや既存のマウス ソフトウェアが正しく機能しなくなることがあります。ソフトウェアをインストールする前に、既存のマウス ソフトウェアをアンインストールすることをお勧めします。

というもの。
つまり、このマウスを使いたいがために、ノートパソコンのタッチパッドも使えないようにしないといけない!ということ。
ノートパソコン用のマウスなのに、タッチパッドが使えないなんて・・・。
もし、マウスの電池が途中でなくなってしまったら、マウスポインタは、もう動かない。。。

しばらく、タッチパッドも生かして使っていたのですが、マウスポインタが勝手に移動するわ、勝手に違うウインドウをアクティブにしてしまうわで大変でした。

既存のマウス ソフトウェアの止め方

  1. コントロールパネルの「マウス」を開く
  2. 「ハードウェア」タブを開く
  3. 「デバイス」欄より止めたいマウスを選択し、「プロパティ」ボタンを押す
  4. そのマウスの「プロパティ」が開くので、「デバイスの使用状況」欄の▼ボタンを押して「このデバイスを使わない(無効)」を選択
  5. 「OK」ボタンを押す
  6. マウスのプロパティも「OK」ボタンを押して閉じれば完了。

2007年9月20日

Snipping Tool でショートカット メニューや[スタート]メニューをキャプチャ

2007年7月3日に「Vista の Snipping Tool を使ってみた(2)」でWindows ヘルプと使い方の Snipping Tool 中で上手く操作できない手順があることを紹介しました。

Microsoftの「Snipping Tool: よく寄せられる質問」の中にある「ショートカット メニューや[スタート]メニューなどのメニューの切り取り領域をキャプチャできますか」の回答の手順通りに作業してもできないのです。[最小化] をクリックするのではなく、正しくは、Snipping Toolの「キャンセル」をクリックすればできます。

ヘルプに記載されている内容が間違っているわけですが、Microsoftへお知らせした所、Microsoft米国サイトでは既に修正されていることがわかりました。

Windows Help and How-to

Can I capture a snip of a menu, such as a shortcut menu or the Start menu?
Yes. Here's how to do it:
1.  Open Snipping Tool by clicking the Start button , clicking All Programs, clicking Accessories, and then clicking Snipping Tool.
2.  Press ESC, and then open the menu that you want to capture.
3.  Press CTRL+PRINT SCREEN.
4.  Select the type of snip you want, and then capture the menu.

ということで、「最小化」ではなく、Escキーを押して、と記載されています。こちらでも確認してみたところ、Snipping Toolの「キャンセル」を押しても、Escキーを押してもできることがわかりました。

英語版のヘルプが訂正されたということは、程なく、日本語版のヘルプも訂正されるかと思います。

追記:2007年10月19日
Snipping Tool: よく寄せられる質問」を確認しましたところ、日本語版のヘルプも改訂がおこなわれていました。

  1. [Snipping Tool] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像 をクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[Snipping Tool] の順にクリックします。
  2. Esc キーを押し、キャプチャするメニューを開きます。
  3. Ctrl + PrintScreen キーを押します。
  4. 切り取り領域の種類を選択し、メニューをキャプチャします。

という手順に変更されています。

2007年9月11日

ウイルスバスター2008

いよいよトレンドマイクロ社より、ウイルスバスター 2008が発売されます。

2007年10月19日にトレンドマイクロ・オンラインショップより先行発売。店頭発売は10月26日とのことで、インターネットからの無料アップグレードサービスは、先行発売と同時の2007年10月19日からです。

トレンドマイクロ ニュースリリース
犯罪化する「Webからの脅威」に3段階プロテクションで対抗 「ウイルスバスター(TM)2008」10月26日(金)より発売開始

今までにない使い心地」として

メモリ使用量を50%削減することによりパソコンの負荷を軽減。パソコン利用中に「重い、遅い」と感じることが少なくなりました。さらに、不要なポップアップ表示も大幅に削減しました。
*2007年度版 当社製品比

とありますので、「重い!」と不評だったウイルスバスター2007に比べると、期待できるかもしれません。

ただ、システム要件を見てみましたら、気になることがありました。
ウイルスバスター2007では、

メモリ
Windows 2000/XPの場合:
・128MB以上(256MB以上を推奨)

Windows Vistaの場合:
・512MB以上 (1GB以上を推奨)

とあるのですが、ウイルスバスター2008では、

Windows XPの場合、512MBを推奨 (最小256MB)
Windows Vista Home Basicの場合、1GBを推奨 (最小512MB)
Windows Vista Home Premium、Business、Ultimateの場合、1GB以上を推奨

となっていました。
我が家のパソコンは、Windows XP が512MBを搭載。Windows Vista Ultimate が1.2GBぐらいを搭載しています。ウイルスバスター 2007を搭載してみて、Vistaではそうでもなかったのですが、XPは、推奨以上のメモリでしたが、かなりもたついていました。
これは、ウイルスバスター2008にしても、メモリを足していない機種の場合、もしかするとつらいかもしれませんねぇ。

なお、今、ウイルスバスター2007を買っても、2008へインターネットから無料バージョンアップできますよ。もちろん、「ウイルスバスタークラブ」の会員契約期間内であれば従来どおり無料バージョンアップ可能です。

追記:2007年10月19日
ウイルスバスター2008をインストールしてみました。

2007年9月 7日

Ievan Polkka

VOCALOID 初音ミク」で紹介した、初音ミクの歌う「Ievan Polkka」が頭の中でグルグル回ってしまっています。ニコニコ動画が見れない人は、You Tubeの「VOCALOID2 初音ミクに「Ievan Polkka」を歌わせてみた」でどうぞ。

それにしても Ievan Polkka とは、どこの国の歌なのでしょう?
そして、何故、初音ミクは、ねぎを振っているのでしょう?

Ievan Polkkaでねぎを振りながら歌う元ネタは、どうもこちらのもよう。
Levas polka (Techno Remix) - loituma
このアニメーションは、ブリーチ井上織姫さんですわね。
子供らに解説させたところ、織姫さんの買い物シーンだそうです。味覚センスが素晴らしく人とずれている織姫さん。ねぎを買って喜んでいるのだそうです。

さて、歌のIevan Polkkaは、フィンランドのカルテット、ロイツマの1995年のデビューアルバム "Loituma" からのもよう。

参考サイト:イエヴァン・ポルッカ - Wikipedia

Ievan Polkka に合わせて織姫さんがうれしそうにねぎをまわす Flash が2006年4月から5月ごろに世界中で大ブレイク。You Tubeで探すと、まぁ!いろんなバージョンが出てくる出てくる!

VOCALOID 初音ミク

我が家には「ちょっと声を録音させて!」というと「はいはい」と言ってくれる子がいるので、こんなソフトは、いらないよねぇと思っているのですが!

VOCALOID 初音ミク

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社から発売された「キャラクタ・ボーカル・シリーズ」というソフトです。「録音された人間の声を元に、極めてリアルに音声合成された歌声」と紹介されています。バーチャル・ボーカリストと呼ばれるように、メロディと歌詞を入力するするだけでソフトがきれいに歌ってくれるというもの。

初音ミクのデモソングを聞いてみましたが、すごくきれいでした。
もう、ニコニコ動画にも作品が出始めています。

簡単にかわいい声が手に入らない場合は、こういうソフトを使う時代なのですねぇ。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

Translator


2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ