« ワードパッドでフォントの色指定 | トップページ | 石灰沈着性腱板炎 »

2007年8月28日

右腕が上がりません

現在、右腕が上がらなくなっているラムです。

すっかり、朝晩涼しくなっている富山県内。油断して窓を開けっ放しで寝たら、冷えたのか、肩の筋を寝違えたようです。座った状態で、机の上まで腕が上がらず。力も入らないので、ペンや箸すら持てず。非常に不自由です。

現在、左手のみでパソコンを操作してます。パソコンは左手だけでも使えて、何と偉大な機器なのでしょう!通常の状態でも使えないことはないのですが、一応、マウスを「左きき用」に切り替え、固定キー機能を使って操作しています。

今回は、その設定方法をWindows XPの場合で紹介しましょう。
なお、Windows Vistaは、もう少し元気になってから検証して紹介いたします。

マウスを右利き用から左利き用に切り替える
通常、右手の人差指でクリック、中指で右クリックとなっている機能を左手の人差指でクリック、中指で右クリックとなるようマウスのボタンの設定を変更する方法です。

  1. コントロールパネルで「マウス」を選択。
  2. マウスのプロパティが開くので、「ボタン」タブを開く。
    「ボタン選択」欄に「右きき用」、「左きき用」の選択がある場合は、「右きき用」から「左きき用」に切り替える。
    「主ボタン、副ボタンを入れ替える」の場合は、チェックをつける。
    その他、多機能なマウスを使っている場合は、右ボタンと左ボタンの動作機能を入れ替えて設定する。
  3. 「OK」ボタンを押して完了。

固定キー機能の設定方法
右端と左端のキーを同時に押さないといけない場合、1本の腕では非常に打ちにくいことがあります。そんな場合にこの固定キー機能を使います。

まず、設定を確認しましょう。

  1. コントロールパネルの「ユーザー補助のオプション」を選択、「キーボード」タブの「固定キー機能」内にある「設定」ボタンを押します。
    「ショートカットキーを使う」
    「Ctrl、Alt、Shift、Windows ロゴキーを2回押すと、そのキーをロックする」
    「2つのキーを同時に押すと、固定キー機能を無効にする」
    「Ctrl、Alt、Shift、Windows ロゴキーを押したときに音を鳴らす」
    「固定キー機能の状態を画面に表示する」
    の5つの項目にチェックをつけ、「OK」で閉じます。
  2. 「ユーザー補助のオプション」の画面に戻ります。
    常に固定キー機能を使いたい場合は「固定キー機能を使う」にチェックをつけます。場合によって使い分けたい場合は、チェックをつけないでください。
  3. 「ユーザー補助のオプション」を「OK」ボタンで閉じます。

常に固定キー機能を使わないよう設定した場合は、Shiftキー5回連打で固定キー機能が使えるようになります。Shiftキーを5回連打すると「固定キー機能」のメッセージ画面が起動しますので「OK」を押して使ってみましょう。Ctrl、Shift、Alt、Windowsキーを2回押すとそのキーをロックしてくれますので、あとはゆっくり組み合わせのキーを押します。

例えば、Ctrl+Alt+Delete をしたいとき。Ctrlキーを2回押します。すると、ピッと音がします。次に、Altキーを2回押します。また、ピッと音がします。後は、ゆっくりDeleteキーを押せば、Ctrl+Alt+Delete をしたのと同じことになります。

固定キー機能のアイコン画像通知領域を見ると見慣れないアイコンが表示されていることでしょう。下段の3つが左からCtrlキー、Windowsキー、Altキー、そして、上の長いのがShiftキーを表しています。黒く表示されるとそのキーが現在ロックされていることになります。ロックを解除したい場合は、再度そのキーを押します。

固定キー機能自体を解除したい場合は、2つのキーを同時に押してください。すると、通知領域から固定キー機能のアイコンが消えて通常仕様になります。

スクリーン キーボードの設定

この問題は、私のパソコンがノートパソコンのために起こります。私のノートパソコンは、EndキーとPrintScreenキーがFnキーと同時に押さないと使えないのでした。しかし、Fnキーは固定キー機能に入っていません。Fnキーは、左端に1個。EndキーやPrintScreenキーは右側。どうやっても届かないのでした。orz
そこで、スクリーン キーボードを使ってみました。スクリーン キーボードは、パソコンのモニタ上に表示させて使うキーボードです。

起動方法は、Windows+Uキーを押します。
ユーティリティ マネージャが開きますので、「スクリーン キーボード」を選択して、開始ボタンを押すと表示されます。

初期設定では、クリックモードになっていますので、マウス1個で使用可能。使いたいキーをマウスでクリックして使ってみてください。

なお、私のこの症状の経過は、石灰沈着性腱板炎でどうぞ。

« ワードパッドでフォントの色指定 | トップページ | 石灰沈着性腱板炎 »

アクセシビリティ」カテゴリの記事

コメント

急に左利き用の設定にしても使いづらいだけではwww
それはともかく、お大事にーー

y sakudaさん、いらっしゃいませ!

だいぶ、痛みはなくなってきたのですが、肩の可動域が狭いので、まだ左手マウスです。
慣れるとそうでもないですよ。
右だけ肩こりがひどいという方は、マウスを持ち替えてみるといいかも!
なんて思ったしだいです。

以前の部下で左利きなんですが、面倒くさがって、右利き用設定のマウスをそのまま左で使っていた男がいます。
もちろん設定を変えられるのは承知の上^^

私も右腕に、石灰が溜まって腕が、上がらないです。
とてもつらいです。治す方法教えて

岡さん、いらっしゃいませ!
つらいでしょうねぇ。
我慢せずに病院へ行って適切な処置を受けてください。
多分、整形外科を受診なさると良いでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/16268360

この記事へのトラックバック一覧です: 右腕が上がりません:

« ワードパッドでフォントの色指定 | トップページ | 石灰沈着性腱板炎 »

Translator


2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ