« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日

石灰沈着性腱板炎

2007年8月27日の夕方から右腕が全く上がらなくなってしまったラムです。

パソコンは、「ユーザー補助」の設定がありますので、左手だけでも使えるような設定にして使っていました。どんな風な設定にしていたかは、「右手が使用不能です」をどうぞ。

3日間ほどシップ薬を貼って我慢していたのですが、どうにも痛くてなりません。特に夜は、横になることもできないくらいの痛み。もう、座ったり、立って押入れの中の布団類にもたれて寝ていたりしてました。

とうとう、今日は、整形外科を受診してきました。レントゲンの結果を見せてもらったところ、右肩関節(関節包)の上に左にはないモヤっとしたものが映っていました。石灰成分が付着しているのだそうです。これが肩を刺激して炎症を起こしているとのことでした。

すごく痛い注射を1本打っていただきまして、後は、飲み薬と貼り薬で様子を見てくださいとのことでした。

ネットで検索してみましたところ「肩 石灰」のキーワードでたくさん見つかりました。

石灰沈着性腱板炎と言うそうで、「腱板の周辺に石灰物が沈着し、腱板や滑液包が炎症を起こして肩関節に痛みと運動制限を引き起こす疾患」だそうです。 「40~50歳代の女性に多く」とありました。やっぱり、年のせいなのですね。

注射が効いているのか、おかげさまでかなり痛みが取れました。何とか、パソコンも両手で文字入力できるようになりました。ただ、可動域がまだ狭いので、マウス操作はつらくてできません。

2007年8月28日

右腕が上がりません

現在、右腕が上がらなくなっているラムです。

すっかり、朝晩涼しくなっている富山県内。油断して窓を開けっ放しで寝たら、冷えたのか、肩の筋を寝違えたようです。座った状態で、机の上まで腕が上がらず。力も入らないので、ペンや箸すら持てず。非常に不自由です。

現在、左手のみでパソコンを操作してます。パソコンは左手だけでも使えて、何と偉大な機器なのでしょう!通常の状態でも使えないことはないのですが、一応、マウスを「左きき用」に切り替え、固定キー機能を使って操作しています。

今回は、その設定方法をWindows XPの場合で紹介しましょう。
なお、Windows Vistaは、もう少し元気になってから検証して紹介いたします。

マウスを右利き用から左利き用に切り替える
通常、右手の人差指でクリック、中指で右クリックとなっている機能を左手の人差指でクリック、中指で右クリックとなるようマウスのボタンの設定を変更する方法です。

  1. コントロールパネルで「マウス」を選択。
  2. マウスのプロパティが開くので、「ボタン」タブを開く。
    「ボタン選択」欄に「右きき用」、「左きき用」の選択がある場合は、「右きき用」から「左きき用」に切り替える。
    「主ボタン、副ボタンを入れ替える」の場合は、チェックをつける。
    その他、多機能なマウスを使っている場合は、右ボタンと左ボタンの動作機能を入れ替えて設定する。
  3. 「OK」ボタンを押して完了。

固定キー機能の設定方法
右端と左端のキーを同時に押さないといけない場合、1本の腕では非常に打ちにくいことがあります。そんな場合にこの固定キー機能を使います。

まず、設定を確認しましょう。

  1. コントロールパネルの「ユーザー補助のオプション」を選択、「キーボード」タブの「固定キー機能」内にある「設定」ボタンを押します。
    「ショートカットキーを使う」
    「Ctrl、Alt、Shift、Windows ロゴキーを2回押すと、そのキーをロックする」
    「2つのキーを同時に押すと、固定キー機能を無効にする」
    「Ctrl、Alt、Shift、Windows ロゴキーを押したときに音を鳴らす」
    「固定キー機能の状態を画面に表示する」
    の5つの項目にチェックをつけ、「OK」で閉じます。
  2. 「ユーザー補助のオプション」の画面に戻ります。
    常に固定キー機能を使いたい場合は「固定キー機能を使う」にチェックをつけます。場合によって使い分けたい場合は、チェックをつけないでください。
  3. 「ユーザー補助のオプション」を「OK」ボタンで閉じます。

常に固定キー機能を使わないよう設定した場合は、Shiftキー5回連打で固定キー機能が使えるようになります。Shiftキーを5回連打すると「固定キー機能」のメッセージ画面が起動しますので「OK」を押して使ってみましょう。Ctrl、Shift、Alt、Windowsキーを2回押すとそのキーをロックしてくれますので、あとはゆっくり組み合わせのキーを押します。

例えば、Ctrl+Alt+Delete をしたいとき。Ctrlキーを2回押します。すると、ピッと音がします。次に、Altキーを2回押します。また、ピッと音がします。後は、ゆっくりDeleteキーを押せば、Ctrl+Alt+Delete をしたのと同じことになります。

固定キー機能のアイコン画像通知領域を見ると見慣れないアイコンが表示されていることでしょう。下段の3つが左からCtrlキー、Windowsキー、Altキー、そして、上の長いのがShiftキーを表しています。黒く表示されるとそのキーが現在ロックされていることになります。ロックを解除したい場合は、再度そのキーを押します。

固定キー機能自体を解除したい場合は、2つのキーを同時に押してください。すると、通知領域から固定キー機能のアイコンが消えて通常仕様になります。

スクリーン キーボードの設定

この問題は、私のパソコンがノートパソコンのために起こります。私のノートパソコンは、EndキーとPrintScreenキーがFnキーと同時に押さないと使えないのでした。しかし、Fnキーは固定キー機能に入っていません。Fnキーは、左端に1個。EndキーやPrintScreenキーは右側。どうやっても届かないのでした。orz
そこで、スクリーン キーボードを使ってみました。スクリーン キーボードは、パソコンのモニタ上に表示させて使うキーボードです。

起動方法は、Windows+Uキーを押します。
ユーティリティ マネージャが開きますので、「スクリーン キーボード」を選択して、開始ボタンを押すと表示されます。

初期設定では、クリックモードになっていますので、マウス1個で使用可能。使いたいキーをマウスでクリックして使ってみてください。

なお、私のこの症状の経過は、石灰沈着性腱板炎でどうぞ。

2007年8月27日

ワードパッドでフォントの色指定

何か書類を作る場合は Microsoft Office のWord と思いがちですが、Windows のアクセサリ内にあるワードパッドを使って書類作成することもできます。

ワードパッドのツールバー「色」アイコンのメニューを表示した画面
書式設定もわりとできるソフトで、文字に色をつけることもできます。

さて、書式設定のフォントで色指定をするわけですが、この設定、ツールバーの「色」アイコンを使った場合とメニューバーの「書式」から「フォント」を使った場合とで色のメニュー内容が違うことに気がつきました。

ツールバーの「色」アイコン内には「自動」という色指定があるのですが、メニューバーの「書式」-「フォント」内の「色」には、「自動」がありません。ワードパッドのメニューバー「書式」-「フォント」内の「色」メニューを表示した画面

「自動」の色は「黒」なのでは?と思われるかもしれませんが、そうではありません。例えば、パソコンのモニタをハイコントラストで背景を黒に設定している場合、「自動」の色は、白になります。

ハイコントラストというのは、背景色が白だとまぶしいという人向けの設定です。どんな設定かよくわからない場合は、左Alt+左Shift+PrintScreen キーを押してみてください。 確認画面が表示されますので「OK」を選択するとハイコントラストの画面になります。通常の設定に戻す場合も、左Alt+左Shift+PrintScreen キーで戻ります。

このように、「自動」の色は、使用しているパソコンの背景色に適した色になるよう自動的に変わるのです。ハイコントラストでワードパッドのツールバー「色」アイコン内のメニューを表示 「自動」の色は白になっている

もし、ハイコントラスト画面で文字の色を黒に設定してしまったら、文字は背景に溶け込んでパソコンのモニタ上では読めなくなります。そうかと言って白に設定してしまったら、モニタ上では読めますが、印刷した場合印刷されません。

ハイコントラストの設定を使っている場合は、メニューバーの「書式」-「フォント」でフォントの色を変更するのは、避けた方が無難でしょう。ツールバーの「色」アイコンで変更してみてください。ただ、「色」アイコンは、マウスが使えないと操作できません。マウスを使えない人の場合は、色の書式設定を解除しないとなりません。書式設定を解除したい部分を選択して切り取り、メモ帳といった書式設定が設定できないテキストエディタに貼り付け、再度メモ帳内の文字列を選択してコピーし、ワードパッドに貼り付けてみてください。

ワードパッドの「編集」にも「形式を選択して貼り付け」はあるのですが、書式を解除して張り付けるのは、ちょっとコツが必要です。
色変更をした文字列の直前が何の色設定もしていない必要があります。
色設定をしていない部分を一文字含めて文字列を選択、Ctrl+Xで切り取ります。その後、「編集」の「形式を選択して貼り付け」を開き、貼り付ける形式を「テキスト」で実行します。そうすると、何の色設定もしていない部分の書式で文字列が貼り付けられます。この方法は、文頭に色設定をしてしまった場合は使えません。色設定をしていない部分が選択した文字列の頭にないとできませんからね。

2007年8月23日

WMP 11 で同じ曲が2個ずつ表示される

今まで、音楽は、iTunes で管理していました。Windows Vista で Windows Media Player 11を検証しているうちに、これも面白そうだと思い、Windows XPにもインストールしてみました。

Windows Vista では、標準で搭載されている Windows Media Player 11ですが、Windows XP SP2でも使用可能です。ダウンロードは、Windows Media Player 11 (Windows XP 用) からどうぞ。なお、Windows ME や Windows 98には、インストールできません。

しかし、実際にインストールしてみて、変なことに気がつきました。曲目が全部2個ずつ表示されるのです。最初、iTunes もインストールしているからかな?とも思ったのですが、どうも、iTunes の古いバックアップファイルが悪さをしていた模様です。

こんな風に作業してみたら、正常に戻りました。

「My Music」-「iTunes」フォルダの「Previous iTunes Libraries」内に古いバックアップファイルが残っていないか確認します。現在、iTunes 7が公開されていますが、最新のバックアップファイルは、[iTunes Library.itl]と[iTunes Music Library.xml]で、「My Music」-「iTunes」フォルダの中にありました。この2つだけを残して「Previous iTunes Libraries」内にある古い拡張子[.itl]のファイルは削除します。新しいか古いかは、マウスでポイントして表示される更新日時を確認するか、右クリックしてプロパティを開き、「全般」タブ内に記載されている更新日時を確認します。

Windows Media Player 11を起動し、「ツール」-「オプション」を開きます。「ツール」が見当たらない場合は、タイトルバー(Windows Media Player と表記されている部分)を右クリックしてメニューを表示させてください。メニュー内で見つかることでしょう。
「オプション」画面が開いたら、「ライブラリ」タブを開き、「フォルダの監視によるライブラリの更新」内にある「フォルダの監視」ボタンをクリックします。
「ライブラリに追加」画面がひらきますので、そのまま「OK」ボタンを押します。
「ライブラリの更新」が始まり、複数表示されていたタイトルが1つにまとまると思います。

2007年8月18日

Skype 復旧

昨日は、Skype がログイン障害を起こしていたようで、全くログインできなかったのですが、今朝は、特に支障なくログインできました。

8時40分現在、Skype 日本語ブログでは、まだ何の情報もあがっていませんが、復旧したもよう。

よかった、よかった。

追記:2007年8月17日 午後12時30分

Skype 日本語ブログ 障害状況アップデート: 8時30分(日本時間) より正式コメントが出ました。

ログインできない問題は修復されましたが、完全回復までは今少し時間を要します。

2007年8月17日

Skype ログイン障害

2007年8月16日の夜辺りから、Skype のログインができません。
昨晩は、パソコンのファイアウォールの設定がおかしいと表示されました。
しかし、何だか変なのですよねぇ。

いろいろ調べているうちに、Skypeのトップページにこんなアナウンスがあるのに気がつきました。

Hello everyone,

Skype is currently working on resolving the sign-on issue. We’re fixing our networking software and monitoring the clients getting online with increased success.

Please see our Heartbeat blog for ongoing updates.

UPDATED 17 August, 2007 05:30 GMT

どうも、Skypeのログイン時に障害が発生しているもよう。

Skype 日本語ブログでも確認してみたところ、本日(8月17日)だけで5件の報告がされていますが、かなり複雑な障害のもようです。

Skypeでログイン障害

ログイン障害未回復

障害に関する情報について

ログイン障害復旧の兆し

システム障害アップデート: 日本時間19時の状況

とにかく、自分のパソコンの設定がおかしいのではなく、Skypeのシステムの不具合ためです。これは、しばらく、待っているしかないですね。

2007年8月16日

Windows Media Player 11 で歌詞が表示されない

昨年は、Podcastで「富山弁講座」なるものを配信しておりました。さて、このデータを Windows Vista の Windows Media Player 11で再生してみたところ、妙なことに気がつきました。

「富山弁講座」のMP3データには、方言でしゃべっているので何と言っているのかのわかるように「歌詞」入力欄に台詞を掲載しています。これは、iTunesで加工していたのですが、Windows XPならば、Windows Media Player 10 や 11の「プレイ ビュー」画面でもきちんと表示されました。歌詞が表示されている Windows Media Player 11

表示されませんか?
そんな場合は、こんな風に設定を変更してみてください。

  • メニューバーの「再生」から、WMP 10は「キャプションと字幕」、WMP 11は「歌詞 、キャプション、および字幕」を選択。「オフ」になっていることでしょうから「利用できる場合はオン」に変更します。
    なお、メニューバーが表示されていない場合は、「プレイ ビュー」とか「ライブラリ」と表示されているタブの上のバーを右クリックするとメニューが表示されます。

さて、これが何故か Windows Vista のWMP 11になって表示されなくなってしまいました。

いろいろ触ってみましたところ、どうも「言語設定」が正しくないと表示されないもようです。
Windows XPでは、歌詞が表示されたのに、Windows Vistaになって表示されなくなった場合は、こんな風に設定を変更してみてください。

  1. Windows Vista のWMP 11を起動させます。
  2. ライブラリで音楽データを表示させます。再生は、まだ押さないでください。
  3. タイトルを右クリックし、[拡張タグ エディタ] をクリック。Windows Media Player 11 の「拡張タグ エディタ」 「歌詞」タグの言語が「英語[en]」になっている
  4. [歌詞] タブを開きます。
    ここの「テキスト」欄に歌詞が入力されているはずです。
    しかし、言語を確認すると「英語[en]」と表示されていませんか?Windows XPでは、「英語[en]」でも大丈夫だったのですが、Windows Vistaでは、ダメなようです。
    ここを「日本語[jp]」にします。
  5. 「OK」をクリック。

これで、再生してから「プレイ ビュー」を開いてみてください。
なお、設定を変更する前に「再生」をしてしまうと、[拡張タグ エディタ]の設定変更がうまくできませんので、ご注意ください。

2007年8月15日

フォクすけぬいぐるみ!

Firefox の日本発のマスコットキャラクターのブログ「フォクすけ*ブログ」でフォクすけぬいぐるみが公開されました。

これは、かわいい!!

2007年8月11日

Livly 新種モンスターのアオイトトンボ 雷編

Livly Island では、今日もモンスターのアオイトトンボが徘徊しているもよう。

さて、今日も、丑太の島にやってきたアオイトトンボ。
昨日は、竜巻を起こして、すぐ島を離れてしまいました。ちょっと、怖かったので。
今日は、思い切って、雷でやっつけてみることにしました。

しかし、1回の雷では、やっつけられませんでした。
これは、連打しないといけないもよう。
まずは、コマンドの /thunder アオイトトンボ の文字列をコピー。後は、Ctrl+Vで貼り付けて連続攻撃です。雷の連打で黒こげになったアオイトトンボ

何とかやっつけることに成功。

2007年8月10日

Livly 新種モンスターのアオイトトンボ

Livly 内で新種モンスターが大発生しているもようです。
住み着き型のオニヤンマと徘徊型のアオイトトンボ。

家の丑太のところにも、アオイトトンボがやってきました。モンスターのアオイトトンボをやっつけた丑太

お知らせには、「攻撃せずにすぐ逃げましょう」とありましたが、竜巻で攻撃を仕掛けてみたところ、あっさりやっつけることに成功。

2007年8月 6日

Word 2007で文字列のアニメーション設定

Word 2007で文字列にアニメーションを設定したいのですが、どうするのでしょう?Word 2003で文字列をアニメーション設定してみた画面 と質問されました。

文字列のアニメーションとは、指定した文字列の部分にキラキラ動くアニメーションを設定して強調する方法です。Word 2000/2002/2003で設定できます。設定方法は、「文字列のアニメーション設定」を参照ください。

なお、例で示したWord 画面の画像は、加工してありますので実際の動きとちょっと違います。

さて、Word の旧バージョンと似た感じで、Word 2007でも作業してみようとリボンを使わずに設定してみました。

設定したい文字列で右クリック。

メニューが表示されますから、その中から「フォント」を選択。

さて、フォントの設定画面を開いてみてビックリ!

「アニメーション」タブがなくなっているのに気がつきました。

「アニメーション」タブがなくなってしまった Word 2007のフォント設定画面

Word 2003までは設定できた文字列のアニメーションですが、残念ながらWord 2007から設定できなくなったもようです。

Microsoft Office Onlineより「文字のアニメーション機能が見つからない

ただし、旧バージョンで作ったデータに文字列のアニメーションが設定されている場合は、Word 2007で開いても表示されます。そして、そのアニメーション化されて文字列の部分をコピーして新規文書内に貼り付けてあげれば、Word 2007でも利用可能です。貼り付けた文字列を利用して文字列の内容を書き換えてみるといいでしょう。

ただ、相変わらず印刷時には、何も表示されません。プリントアウトを目的とした文書の場合は、アニメーションではない囲み線等を設定した方が無難でしょう。

Word 2003で作った文字列のアニメーションしたファイルを Word 2007で開いた画面

2007年8月 1日

ミョウガ

ミョウガ いつの間にか、8月になっておりました。
やっと、梅雨もあけたという北陸地方です。
平年に比べると10日も遅いそうです。
おかげで、何だか、そこらじゅうカビ生えてます。

さて、そんな中、ミョウガがなっているのに気がつきました。
ミョウガは、地下茎ですからね。花は、地面に芽が出て咲きます。
薬味として食べる部分は、ミョウガの花の芽なのでした。細かく刻んで、味噌汁や素麺の薬味にどうぞ。

子供は、嫌がるのですが、天ぷらにしても美味しいのでした。

花が咲いているミョウガ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

Translator


2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ