« Microsoft Office 2007の描画ツール | トップページ | Skypeのアクセシビリティ »

2007年6月23日

Office IME 2007の修正ファイル

2007年2月16日の「Microsoft Office IME 2007」で、日本語入力時、変換しようとすると妙にもたつく、終にはカタカナにしか変換できなくなったことを紹介しました。

さて、これを解消する修正ファイルが Microsoft より公開されました。\(^O^)/
ただし、公開されたばかりなので英語サイトです。

Hotfix Rollup for Office IME (Japanese) 2007 (KB938574)

  1. 上記ページが開いたら「Download」のボタンをクリックします。
  2. 「保存」をクリックします。
    保存場所は、わかりやすいところで構いません。
    Windows Vista の場合は、ユーザーの「ダウンロード」フォルダに保存してみましょう。
  3. ファイルが保存されたら、スタートメニューからユーザー名のドキュメントフォルダを開きます。
  4. 「ダウンロード」フォルダをダブルクリックで開きます。
  5. 今回、ダウンロードしたファイルは、office-kb938574-fullfile-x86-ja-jp.exe です。
    ダブルクリックしてください。
    Windows Vista の場合は「ユーザーアカウント制御」が開きます。「続行」をクリックします。
  6. 途中、インストールすることに同意を求める画面が開くと思います。「同意する」にチェックをつけて次へ進んでください。
  7. 後は、パソコンの指示に従って、操作を進めてください。
  8. 最後に再起動を求められます。
    再起動すれば、完了です。

早速、私もOffice 2007を搭載している、Windows Vista Ultimateにインストールして確認してみました。

変換時にモターモターとした感じがあったのが、なくなりました。なかなか、いい具合になってきています。

ただし、今回の改善は、日本語入力時の変換速度に関してです。

Windows Vistaの Internet Explorer 7上でユーザー辞書を使おうとすると、辞書に登録したはずの文字列がまったく表示されない件は、まだ、Microsoftから正式に出ていませんので、ご了承ください。
※追記をご覧ください。

追記:2007年6月26日
日本語版の修正ファイルダウンロードサイトが公開されました。
(日本語) 2007 IME(Input Method Editor)ホットフィックス パッケージの説明:2007年 June 20日

追記:2007年12月30日
Windows Vista の IE7上で文字入力し変換しても、Microsoft IME 辞書ツールに登録した文字列が表示されない件は、「Vista の IE7 で MS-IME のユーザー辞書を使いたい(5)」をご覧ください。これですっきり解決することでしょう。

« Microsoft Office 2007の描画ツール | トップページ | Skypeのアクセシビリティ »

MS-IME」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/15526436

この記事へのトラックバック一覧です: Office IME 2007の修正ファイル:

« Microsoft Office 2007の描画ツール | トップページ | Skypeのアクセシビリティ »

Translator


2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ