« Windows Vistaのウイルス対策ソフト | トップページ | 昆布もちについて »

2007年2月 7日

Windows メールの不都合

2005年5月12日に「Outlook Expressの不都合」という記事を書いたのですが、Windows VistaのWindows メールにも同じような現象が起きています。

Windows メールというのは、Windows VistaからOutlook Expressの代わりに登場したメールソフトです。

今回、私は、Windows メールをOutlook Expressでもしていた設定に変更して使ってみています。さて、送信メールをテキスト形式にしてみました。

テキスト形式に設定すると送信時に自動的に文字列を折り返すようなっているはずなのです。しかし、またもや設定した文字数で自動的に折り返してくれませんでした。

※送信メールをテキスト形式にする設定
Windows メールの「ツール」から「オプション」を開く。タブ「送信」の中に「メール送信の形式」があるので、「テキスト形式」にする。「適用」ボタンを押してから「テキスト形式の設定」ボタンを押す。メッセージ形式が「MIME」で「エンコード方法」なし、「送信時に自動的に文字列を折り返す」が適当な数字(デフォルトは76文字)になっているか確認する。「OK」で設定ウインドウを閉じれば完了。

さて、Windows XPがSP2になったとたんに起こったOutlook Expressの不都合
Windows XP SP2 適用後、Outlook Express で折り返し設定が有効にならない
これが、Windows メールでも、起こっているのでしょうか!?

なお、Outlook Express時代あんなに苦労していた、書式設定された文字列をペーストすると書式設定された状態で貼り付けられてしまうという事態は解消してありました。

2007年2月9日 追記
送信時の改行を有効にする方法がわかりました。
Windows メールで折り返し設定を有効にする方法」でご確認ください。

« Windows Vistaのウイルス対策ソフト | トップページ | 昆布もちについて »

Vista」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

メール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/13826799

この記事へのトラックバック一覧です: Windows メールの不都合:

« Windows Vistaのウイルス対策ソフト | トップページ | 昆布もちについて »

Translator


2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ