« 竹の子掘り | トップページ | ウィニー! »

2006年5月 8日

ほしのふるまち

富山県が舞台となっているコミックの紹介。

ほしのふるまち(1)

ほしのふるまち(1)

作者は「電車男」コミック版の原 秀則さん。出身が富山なのかな?と思ったら、そうでもないのですがね。

舞台は、氷見市。我が家から車で30~40分ぐらいで行ける所なので、地名や店名が微妙に違っているのですが「うわぁ!ここ知ってる!」というカットが随所に出てきます。

これで、氷見市が活性化すると良いなぁ。(^^)

« 竹の子掘り | トップページ | ウィニー! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ローカル」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております.

「ほしのふるまち」全然知りませんでした.
早速購入してきて読みましたよ!

で,マンガの中に出てくる富山弁がなかなか上手だなと思って調べてみたら,担当の方が呉西(砺波だったかな?)の出身の方で,その方が標準語を富山弁に翻訳(?)しているそうです.

そのせいでしょうか?
氷見弁にしてはちょっとマイルドかもしれません(笑)

まちおさん、いらっしゃいませ!

情報、ありがとうございます。
そうですか。氷見弁にしては、マイルドですか。(^○^)ハハハ
ランは「こんな言葉、富山県人じゃない人にわかるのかな?」と心配しております。

言葉が難しすぎて,連載が早めに打ち切られたりしないかな?と,僕も心配しています.

そのために幾分マイルドな言葉に仕上げてあるのかもしれませんね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/9958402

この記事へのトラックバック一覧です: ほしのふるまち:

« 竹の子掘り | トップページ | ウィニー! »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ