« 山へ柴刈りに | トップページ | Another HTML-lint gateway »

2006年4月30日

草餅作り

昨日、山へ柴刈りに行った際、「よもぎ」と「わらび」を摘んできました。アク抜きしたわらび

わらびは、朝、甘酢で和えて食べてしまったので、昨晩のアク抜き後の写真しか残っていません。
すみません。おいしくいただきました。(^^ゞ

よもぎは、娘のリクエストにおばあちゃんが応えて、昨晩から餅米を水に浸しておいてくれました。

今日は、親子で草餅作りをしてみました。

材料草餅の材料

  • 餅米
  • よもぎ
  • 重曹
  • 餅とり粉
  • 餡子

あると便利な物

  • 電気餅つき機
  • 餅用のバット

草餅の作り方

  1. 餅米は、前の晩にでも研いで水につけておきます。
  2. よもぎは太い茎を取り除き、葉だけにします。重曹(2リットルのお湯に小さじ1杯程度)と塩(小さじ1杯程度)を入れたお湯で茹でます。茹で上がったら、ザルにあげ、冷水ですすぎます。この時にもあくが出ますので、すすいだ水が緑色になるまで冷水を取り替えてください。すすぎ終わったら軽く絞り、細かく刻みます。
    ※写真のよもぎは、ここまで終わってから写しています。
    餅に混ぜる量はお好みです。おばあちゃんの経験では、餅米1升にお茶碗1杯ぐらいだそうです。今回は、餅米が7合です。よもぎは1割程度の量にしてみました。
  3. もち米を蒸す10分位前にざるに上げて水気を十分切ります。
    電気餅つき機で蒸します。
    (やり方は、取り扱い説明書に従ってください。)
  4. 餡子を一口程度の大きさに丸めます。
  5. 餅米が蒸しあがったら餅つき機の蓋を開け、細かく刻んだよもぎを振り入れ、つきます。
  6. つきあがった餅を好みの大きさにちぎり、餡子を入れて形を整えます。
    草餅はくっつきやすいので、丸めた餅の入れ物にも、よく餅とり粉をまぶしておきましょう。ある程度固まるまで、触らない方が無難です。

出来上がった草餅 よもぎは、春先に摘んだものをゆでてアク抜きしたら、1回分ずつ小分けにして冷凍保存しておくと年中使えるそうです。

しかし、色が薄かったですね。ちょっと、よもぎの量が少なかったようです。でも、香りは、なかなかよかったです。次回は、もう少し多めによもぎを入れてみましょう。

象印 もちつき機力もち BS-GA20象印 もちつき機力もち BS-GA20

よもぎ 乾燥 100gよもぎ 乾燥 100g ぬるま湯でもどして、草餅を作るときにお使い下さい。

« 山へ柴刈りに | トップページ | Another HTML-lint gateway »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

冷凍パックで送ってくださいっ!
おいしそ〜〜〜〜〜!

りんりんさん、いらっしゃいませ!

すみませ~ん。
もう子供らに全部食べられてしまいました。
どうぞ、挑戦してみてくださいませ!(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/9829831

この記事へのトラックバック一覧です: 草餅作り:

« 山へ柴刈りに | トップページ | Another HTML-lint gateway »

Translator


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ