« クリスマスケーキ | トップページ | 豆もちと昆布もち »

2005年12月27日

富山弁講座 第3回目 「バカだね」を富山弁で言ってみよう

富山弁講座 第3回目ダウンロード (MP3 1分44秒)
富山弁講座の第3回目は、「バカだね」を富山弁で言ってみようです。聞いてみたい方は、ダウンロードボタンを押してどうぞ!

なお、今回よりBGMが入りました。使用した曲は、Rave-SLaveより「J219」です。
そして、何と!ラムとランの他にも特別ゲストがこっそり出演しています。
どうぞ、お聞き逃しなく!

さて、メールで「ポッドキャスティング配信に、どうやって録音しているのですか?」と言う質問を受けました。そうですね・・・。私は、こんな風に作っています。

音声ファイルの作り方

  1. 放送原稿を作る
    ナレーション原稿を事前に作るといいでしょう。原稿なしでしゃべっても構いませんが、考えながらしゃべると意外に「えー、えー」と入って聞き苦いものです。
  2. パソコンを使って音声を録音する
    パソコンにマイクをつないでナレーション部分を録音します。
    ソフトは、アクセサリのエンターテイメント中に「サウンドレコーダー」がありますので、それを使っても良いでしょう。ただし、これでは、1分間しか録音できません。
    もっと長く録音したい場合は、Vector窓の杜で探してみるといろいろ見つかります。音声だけの録音には、WAVRECも良いでしょう。
  3. 音声にBGMを重ねる
    バックに音楽を流しながら音声を録音してもいいのですが、失敗すると変更がやっかいです。できれば、ミキシングできるソフトも持っていると良いでしょう。私は、Audacityを使っています。
    また、BGMに使う曲は、著作権がクリアになっているものを使うようにしましょう。
  4. ミキシングしたデータを軽いファイルに書き出します。
    私は、iTunesに移してからMP3に書き出しています。aacやm4a、m4b、aifに書き出してみても良いみたいです。

こんな感じです。

もっと詳しく知りたい方は、「ポッドキャスティング講座」を参考にどうぞ。

« クリスマスケーキ | トップページ | 豆もちと昆布もち »

Podcast」カテゴリの記事

コメント

大阪弁の「アホやなあ」を思い出してしまいました、、、ラムさん講座中の「アホ」のとこだけ私に出演させてほしかったですぅ。

ああ、故郷の訛りなつかしです。今年も東京で越冬ですわ。

いしださん、いらっしゃいませ!

コメントつけるの早~い!
そう!「アホ」を発音するのが意外に難しかったのです。関西の人にお願いしたかった!私の言葉は、どちらかと言うと関東弁なものですから、関西弁は上手く発音できません。

ナカガワのマコトです.
すっかりご無沙汰しています.
加えてうちの「みさちゃん」がいつもお世話になっております.

みなさん,お元気そうでなによりです.
僕は相変わらず,「あんた,だらじゃないがけ?」って感じの毎日を送っています(苦笑)

ダーリン殿にもよろしくお伝えくださいね.

まちおさん、いらっしゃいませ!

あ~ら、ビックリ!
どうも、ご無沙汰しております。
また、どうぞよろしくお願いします。

ホント世の中は不思議なことだらけですね(笑)

ラムさん、はじめまして!
ポッドキャスティング講座のサイトを運営しております、でいじです。
リンクでのご紹介ありがとうございます!

富山弁講座の3回の放送を楽しく聞かせていただきました。
わたしは、富山出身なのです!
とっても「なーん、つかえんがやちゃ」
にはかなり笑ってしまいました。
「なーん」は、軽い否定でつかうんですが、富山弁の代表格ですよね。

今後ともご活躍期待しております。
トラックバックを送らせてくださいね。

でいじ@HCNのWEB担当さん、いらっしゃいませ!

あらまぁ~、思いもよらぬ縁ですね。

「な~ん」は、難しいですね。
私は、否定なのか肯定なのか、よくわからないことがあります。
また、どうぞ、よろしくお願いします。

「アホ」はですねえ、「ホ」が微妙なんですわ。「アホやねん」「アホやなあ」「このドアホ」皆、微妙にイントネーションが違うのです。アホといわれるとホッとするのが関西じーん。

特別ゲストって、最後の男性でせうか?(#^.^#)
面白いから3回も聞いてしまいました。
いや、ほんま良い声してはりますね。プロのアナウンサーみたいです。w
関西では、「アホみたいに広い庭」=「非常に広い庭」というような用法もありますが、富山弁でも「だらみたいに広い庭」というような用法はあるのでしょうか?

今日は、いっぱい働いたので、晩ご飯作る時間まで休憩!

≫いしださん

方言は、難しいですね。
私が富山弁を話すと、地元の人には変に聞こえるそうです。

≫Prowler7010さん

特別ゲストは、そう、最後にボソッと「ダラヤノォ」という男性(夫)の声です。音楽にカブって何やら女性の声がしますが、あれは、曲の一部です。

> ほんま良い声してはりますね

誰の声が?私!!(*^_^*)
私は、プロのアナウンサーでは、ありませんよ。
でも、その昔、プロのアナウンサーに「こんな風にしゃべって」と演出していた人です。(^^ゞ

「だらみたいに広い庭」はて?言うのだろうか?
今晩にでも聞いてみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/7864581

この記事へのトラックバック一覧です: 富山弁講座 第3回目 「バカだね」を富山弁で言ってみよう:

» ポッドキャスティングで富山弁講座 [パセリ倶楽部 でいじのブログ]
2005年日本で急速に広まったポッドキャスティング。 みなさんは、もう体験されていますか? でいじは、富山県出身。 高校卒業後 東京にきて、もう1●年経ちますが、 いまでも、おばあちゃんや父母妹と話すときには、 バリバリの富山弁でいけます。 「なーん」 というあいまい否定の言葉。 食べ過ぎたときに、 「もうおなか うい わぁ〜」 などという言葉。 とっても便利なんですよ。 私の運営し�... [続きを読む]

» 【1】ポッドキャスティング対応ブログの準備 [ポッドキャスティング講座]
◆ポッドキャスティング対応のRSS2.0をサイト(ブログ)で公開する ポッドキャ... [続きを読む]

« クリスマスケーキ | トップページ | 豆もちと昆布もち »

Translator


2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ