« Generic Host process for Win32 Services その5 | トップページ | 「くすりの情報ステーション」の「らくらくウェブ散策」 »

2005年4月12日

「くすりの情報ステーション」のアクセシビリティ

トラックバックしてくださったDreamさんのブログasahi.comがリニューアルについてのアンケートを実施中」を読んで、実は、こちらで検証済みの内容でしたので、紹介いたします。

2005年3月23日にアサヒコムのアクセシビリティについて書きましたが、今度は、「くすりの情報ステーション」についてちょっと見て欲しいとの依頼が入りました。

視覚障害者用のパソコンには、画面を読み上げてくれるスクリーンリーダーソフトを搭載しています。ホームページを閲覧する場合もこのスクリーンリーダーとInternet Explorerを駆使していくわけなのですが・・・

「くすりの情報ステーション」もアサヒコム同様、視覚障害者向けに「文字拡大・音声ツール」を導入しました。こちらは、「らくらくウェブ散策」というブラウザのようです。

ただ、こちらのツールの導入は、アサヒコムWebUD に比べると楽でした。自動的にインストールされるので、ダウンロードしてインストールするという作業がいりません。

「らくらくウェブ散策」は、マウスで操作すると画面の文字が大きくなったり小さくなったりします。マウスポインタで触ればその部分を読み上げてくれます。ただし、WebUDでは、全く使えなかったキーボード操作が、リンクをたどるタブキー、全文読みのシフトキーと使えました。しかし、PC-Talker搭載機では、2つの音声が出てしまいます。ですから、PC-Talkerはとめないとうるさいかもしれません。

しかし、実際にキーボード操作だけで使ってみようとしたのですが、一番最初に張ってある画像のリンクボタンに阻まれて、TABキーで次のリンク先へ飛べないことがわかりました。ちょっとした弾みで引っ掛かりが外れるのですが、そのときは、予期せぬページへ飛んでしまっています。これでは、視覚障害者の方では迷子になってしまうことでしょう。どちらかというとやはり弱視者向けでしょうね。

ちょっと残念です。

ご依頼では、薬の名前から情報を検索してみたいとの事だったのですが、やっぱり、Internet Explorerで直接「くすりのしおり」に入って検索して行くのが楽かもしれません。

« Generic Host process for Win32 Services その5 | トップページ | 「くすりの情報ステーション」の「らくらくウェブ散策」 »

アクセシビリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

初めまして、トラックバックありがとうございます。

薬の情報ステーションについての詳しい情報をありがとうございました。一応キーボード操作できるんですね。

でも音声ブラウザやスクリーンリーダーを持っている人は、やはり通常の薬のしおりのページで検索した方がいいように思います。

Dreamさん、いらっしゃいませ!

一応は、キーボード操作できます。でもダメなんです。やっぱり空回りしているみたいですね。本当に残念ですね。まぁ、そこだけですので、ちょっと教えてあげれば改善されると思いますけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/3677438

この記事へのトラックバック一覧です: 「くすりの情報ステーション」のアクセシビリティ:

« Generic Host process for Win32 Services その5 | トップページ | 「くすりの情報ステーション」の「らくらくウェブ散策」 »

Translator


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ