お知らせ

Translator


スポンサード リンク


Twitter


Facebook Like Box


ツール


  • 私を登録 by BlogPeople

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

« ブログで我が子を捜す母 | トップページ | Generic Host process for Win32 Services その3 »

2005年4月 8日

Generic Host process for Win32 Services その2

3月19日に書いた記事「Generic Host process for Win32 Services」の続きです。

パソコンを牛(Gateway PentiumM 725モデル 4510JP WindowsXP Home Edition SP2)にしてから、時々、起動させるとすぐに「問題が発生したので、Generic Host Process for Win32を終了します」のエラーメッセージが表示されることがあります。

と書いたわけですが、しばらく、表示されなかったのです。しかし、4月6日に再び表示しました。しかし、相変わらず毎回ではなく、私の場合は、時々なのです。

ということで、かなりパソコンに詳しい方へこの質問をぶつけてみました。

可能性の一つとして、SP2 のファイアウォールと、インストールされている (PC 起動時に同時に起動されるアンチウィルス系のような) ソフトとの競合によるものがあります。
対策は....
A) インストールされているソフトウェアのアップデート
B) ドライバのアップデート
C) ファイアウォールの停止
がありますが、C はあまりお勧めできません。
しかし、C を行って再現しなくなるのであれば、PC に入っているネットワークに依存するソフトが原因として絞り込めます。個人的には NT4 以降、暫く見なかったエラーですが、XPSP2 の影響で、巷では結構出ているようです。

とのことでした。しかし、私の場合は、毎回出るわけではありません。
そこで、再度、質問してみています。

Generic Host process for Win32 Services その3へ続く!

« ブログで我が子を捜す母 | トップページ | Generic Host process for Win32 Services その3 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Generic Host process for Win32 Services その2:

« ブログで我が子を捜す母 | トップページ | Generic Host process for Win32 Services その3 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ