« お正月の準備(2) | トップページ | ケーキ作り part2 »

2004年12月31日

お正月の準備(3)

さて、いよいよ大晦日!
今日は、富山県のお鏡餅の飾り付け方について紹介します。
鏡餅

用意するもの
・お重ね餅
・三宝
・半紙
・ほんだわら
・ウラジロ
・串柿
・橙
・楊枝(1本)

飾り方
重ね餅の餅粉をブラシなどを使ってよく掃います。(こうするとカビが生えにくくなります。)
三宝に半紙を敷き、前に垂らします。
重ね餅を半紙の上に置きます。
これから重ねて行く物がずれないようにするために、上の段の餅の真中よりも少し後ろに楊枝を刺します。
まず、ほんだわら(黒いフサフサ)を置きます。前に垂らしてある半紙の先にかかるくらいの長さになるように調整して置きます。
次に、ウラジロを置きます。富山県内ではVの字につながって売っているタイプが多いので、楊枝に引っ掛けるようにおきます。白い方を上にするか、下にするかは、各家庭によって決まりがあるようです。ちなみに我が家は、白い方を上にします。
次に串柿を置きます。柿の数にもよりますが、偶数なら楊枝に引っ掛ける、奇数なら楊枝に刺してしまうと良いでしょう。
最後に、橙を楊枝に刺して押えます。

後は、格好の良いように調整して飾ってください。

床の間への全体的な飾り方は、こちらを参照ください。

« お正月の準備(2) | トップページ | ケーキ作り part2 »

ローカル」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、我が家のおせち料理も簡単ですが準備が終わりました。
あとは夫の帰りを待って大みそかのお料理の仕上げに入ります。

北海道はあまりしきたりとか風習がない地域なので私はとても
楽をしています。
その分、お正月気分が年々感じられなくなってきているのは
このあたりに理由があるのかもしれません。
富山の準備をみるとお正月がくるんだという気分になりますね。

本州(北海道の年配の方は内地とも言います)では
大みそかはお蕎麦をいただくぐらいで、ごちそうを食べたりは
しないと聞いているのですが、北海道はお正月より大みそか
の方が比較的たくさんの料理が並びます。
大みそかから飲んで食べて大騒ぎなのです。

東京からお嫁にきた義弟のお嫁さんはびっくりしていました。

それでは、楽しいお話をありがとうございました。
良いお年を。

poohさん、いらっしゃいませ!
正月は、しっかり、嫁業をしています。

そうですね、大晦日は、あまりご馳走をいただきませんが、誕生日の関係で子供向きのご馳走になりましたね。
正月は、お客さんがお見えになるので、「ビールだ」「酒だ」と右往左往しています。
ご馳走は、デリバリーならぬ、「仕出屋」さんからとるんですよ。料亭のようなご馳走です。これもまた今度紹介しようっと...

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51036/2425439

この記事へのトラックバック一覧です: お正月の準備(3):

« お正月の準備(2) | トップページ | ケーキ作り part2 »

Translator


2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサード リンク


  • 女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ


Twitter


Facebook Like Box


最近のトラックバック

ツール



  • track feed 世の中は不思議なことだらけ

  • フィードメーター - 世の中は不思議なことだらけ

  • 私を登録 by BlogPeople

無料ブログはココログ